パイナップル博士のミッキー

December 09 [Fri], 2016, 11:48
看護師免許を得るには、何通りかのパターンが挙げられます。

看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。
試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)か看護系短大(3年間)、または、看護系大学のいずれかで、看護について学習することが必要なのです。

産業看護師とは、企業に勤務する看護師をいいます。


看護師といったら病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所に勤務する人もいます。仕事の中身、役割といったことは勤務する会社によって色々ですが、社員の健康を守り、そして、管理するというのは必ずすることだと思います。
看護士の求人情報は何件もありますが、希望通りの条件の求人があることは少ないでしょう。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う人が多いはずです。理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要になるのです。看護士になりたい動機は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の際の志望動機は今までに身につけたスキルを活かしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。

前の職場の批判や陰口は口にしないほうがいいです。産業看護師は従業員の健康が保てるように保健の指導やメンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。
産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワークなどで見つけるのは難しいでしょう。興味を持った人は看護師専用の転職HPを利用してください。
転職サイトなら産業看護師の求人も掲載されることが多いです。



高校に進むときに衛生看護科に進むと、他の方法よりも早めに、国家試験の受験資格を得ることができるので、最速で看護師になれるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても変更するのは大変です。また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、試験までの期間が短いために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格するのが難しいともいえます。
看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考え、迅速に行動することが重要です。また、どんな点を重視するのかを決めておくのがオススメです。



将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ集めてください。

年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件もリストアップしておきましょう。看護師国家試験に受かるよりも、看護学校卒業の方が難しいことだという人もたくさんいます。

看護学校はかなり厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年させられるそうです。



厳しい学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。

高齢化が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが広がってきているのです。


それだけでなく、大きな会社になると医務室等にも看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを行っております。


このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあることでしょう。修学旅行やツアーなどに随行して、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。



結婚して子持ちの人は土日が休みになっていたり、夜勤がないという職場を希望しています。病院以外の場所で働くのであれば、そこに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Karin
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる