Shunsukeyの旅日記!

ふぁんたろうです! / 2005年12月16日(金)
はじめまして
『ふぁんたろう』です

このページでは、ふぁんたろうの旅日記を書いています!


イタリア旅行記(2005年12月)←もう少しで完結!
メキシコ旅行記(2006年3月)←近々UP予定



現在ふぁんたろうは広島在住の大学3年生☆
休みのたびにいろんなところへ飛び回っております



ちなみにこのページはわがまま旅行情報局という旅行ページの旅行記の部分となっています。ぜひわがまま旅行情報局もご覧くださいませ☆
 
   
Posted at 12:44/ この記事のURL
コメント(1)
イタリア旅行(日程表) / 2006年01月13日(金)
今日からイタリア旅行について書いていこうと思います


イタリアは思っていた以上に街の雰囲気がよく、ご飯もおいしかったのですごく気に入りました
また機会があれば行きたいと思います

ではまず、日程から紹介しようと思います



<12月>
24日 出発その1  広島→東京
25日 出発その2  東京→ソウル→ローマ
26日 ローマ市内観光(コロッセオ・真実の口・サンピエトロ大聖堂など)
27日 ナポリ・ポンペイ観光
28日 ナポリ観光・ローマ買い物
29日 フィレンツェ観光(ウフッティ美術館・ドゥオモ・アカデミア美術館など)
30日 バチカン博物館 帰国 ローマ→ソウル
31日 ソウル→東京
1日  東京→広島


以上1週間以上にわたる旅行の日程でした

 
   
Posted at 21:47 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
イタリア旅行1日目(出発その1) / 2006年01月13日(金)
12月24日、友人K氏と共にイタリアに出発することになった


なんとこの日は前日からの雪で広島空港に到着すると一面が雪景色!
というよりふぶいていました・・・


おぃおぃ・・飛行機ちゃんと出発してくれるかね・・と不安になりつつもなんとか無事に広島を脱出することに成功した☆




さすがに年末とだけあって飛行機も結構満席状態
まぁ僕はマイレージ会員でアップグレードしてもらったけどね(笑)



あっという間に飛行機は東京に着き、僕らは成田に予約したホテルに向かった


ホテルに着くとはっきり言ってすることなし!

持参した任天堂DSをしたりして時間つぶしをするもまだまだ夜ご飯には時間がある



仕方ないのでホテルからの無料送迎バスで成田空港に行って、空港内の売店とかをちょろちょろして時間を潰すことにした

成田空港にはいるためには検問があるのでパスポートを持っていかなくてはならない

僕らは別に出発する予定がないので手ぶらで空港に突入するという、警備員からしたらかなりあやしい人だったに違いない・・・

しかも2回も3回も出たり入ったりするしね(笑)




結局意味もなく空港内をうろうろして、ついでに夜ご飯も食べて(ホテルは予約いっぱいでとれなかった)ホテルに戻ったのであった・・



ホテルに戻るとすることもないから、明日の出発(5時半起床)に備えて早々と就寝しちゃいました





 
   
Posted at 21:58 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
イタリア旅行2日目(出発その2) / 2006年01月14日(土)
とうとう日本を出発する日になった

朝5時半起床、6時の送迎バスに乗っていざ成田空港へ・・


いつも思うのだが、なんで国際線はこんなにも早く出発前にいかなくてはならないのだろう?!

めんどくさいからこのシステムをなんとかしてもらいたいものだ



閑話休題

今回航空券を予約するときに、東京→ソウルのエコノミークラスが満席だったので、この区間だけビジネスクラスを利用することになっていたのである

つまり、堂々とラウンジが使えるというわけである



ラウンジに早速入ってみると、なにやらバイキング形式で好きなものをとって食べたり飲んだりしていい様子である

おにぎりがあったのでとろうとしたら、前のおばちゃんがなぜか皿ごとおにぎりを全部持っていってしまって食べれなかった・・・

マジカンベンしてください



結局ジュースとコーヒーだけもらって飛行機に乗ることになった


この東京→ソウルという短い区間でも食事がでるのでびっくりした


しかもビビンバをチョイスすることも可能みたいであった

まぁ僕は麻婆豆腐にしたけどね



ソウルに着いた僕らは、早速5000円だけウォンに両替して空港内をちょろちょろした

乗り継ぎ時間はあまりなかったが、コーヒーとかを飲んで今からの長いフライトに備えた



結局そのあと11時間くらい飛行機に乗って、僕らは目的地であるローマに着いたのである

ちなみに僕らは大韓航空を利用したのだが、いつも韓国語で話しかけられて大変だった(前の日本人には英語か日本語で話しかけてたのに・・・)




ローマに着いたらまだ5時だというのにもう真っ暗で、ホテルを探すのがかなり大変そうだった


というより、ホテルの入り口が意味わからない形式で、ホテルの前にはいるのに中になかなか入れないと言う謎の事態に陥ってしまい、30分近くもスリの多いと言う噂のローマで旅行の大きなかばんを持ってちょろちょろすることになってしまった


周りの人からしたらさぞかし変な観光客に見えただろうなぁ


ホテルもなかなか古風で、エレベーターもスケルトンという時代を感じさせるつくりになっていた





その後、夕食にパスタを食べに行って、次の日に備えて早めに就寝したのであった
 
   
Posted at 14:35 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
イタリア旅行3日目(ローマ市内観光) / 2006年01月15日(日)
というわけで、今日からイタリア観光がスタートです!!

まず始めにローマ時代に格闘場であったコロッセオに行きました




なんか天候があまりよろしくないのがちょっと残念だけど近くで見ると想像以上に迫力あって、気付いたら写真をアホみたいにとってました・・・

ちなみに内部の写真はコレ↓


あんまり人がいないように見えるので、コロッセオに入るのに30分近く並んだという事実はなかったことにしときましょう☆(なんか悲しい・・)






コロッセオを見た後は、近くにあるフォロロマーノなどを見学し、次の目的地である真実の口に行くことにした


と、思ったら真実の口の前に長蛇の列が・・・

結局またまた30分近く待たされてやっと僕らが手を入れる時間になった




長い間待たされた割には自分たちの時間が短くて、写真も2枚しかとれなかったのが残念きまわりない

僕が口の中に手を入れたら、後ろに並んでいたお調子者の外人のおっちゃんたち(面識ゼロ!)に、なぜか写真をとられてしまった

しかも、変な顔しろだとか、いろいろいちゃもんつけてきたから逃げだしたくなったのは言うまでもない・・・






真実の口でそんな羞恥プレイをやらされてすっかり凹んでしまった僕らは次に、サンピエトロ大聖堂に向かった




世界で一番小さな国とされているバチカン市国の中にある、キリスト教の総本山ともいえるべき場所である


ちょうど季節がクリスマスシーズンだったので、オベリスク(塔)の横に、モミの木のツリーみたいなものが飾られていたのはすごくよかったと思う


ちなみに、こういったドーム型の教会は、そのドームの最上階(クーポラ)まで階段で登ることが出来るという


当然のように挑戦魂に満ち溢れた僕らはそのドームに挑むことにした

ひぃひぃ言いながら最上階にたどり着くと、頑張った分だけあってかなりきれいな景色が広がっていた




ちなみに僕は高いところが苦手なので、きれいきれいと言いつつも内心はかなりビビッていたのは言うまでもない



 
   
Posted at 17:28 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
イタリア旅行4日目(ポンペイ編) / 2006年01月19日(木)
前日ローマ市内を歩き回って足に少しダメージの残る目覚めとなってしまった


この日は朝6時半くらいのイタリアの新幹線に乗って、一路ナポリに向かいます


一応ナポリに一泊する予定だけど、ホテルとか全く予約してないから現地で探すことに・・




あいにくナポリは雨で、安めのホテルを探すのも大変だった

いやぁ、中央駅にホテルインホメーションとやらがあったのだけど、なぜか閉まってるというオチがついていて一時はどうなることかと思ったよ




というわけで、今夜のベッドも確保した僕らは、ローカル電車に乗ってポンペイに向かうことにした

電車がボロいのはもう慣れっこだけど、ポンペイに近づくにつれて雨が激しくなってきたのですごい気分が鬱になってしまった・・



まぁでも実際ポンペイについて遺跡に入ると、僕が今まで行ったことのあるどんな遺跡よりもすばらしい遺跡だった

火山の噴火で一瞬にして町が沈んでしまった・・・というだけあって、遺跡をあるいているというよりは町の中をあるいている感覚だった





中には細い路地みたいなところも残っていた






と、その時雨がいきなりありえないくらい激しくなってきたのである

もうまさにバケツをひっくり返したよう

でもそのおかげで、舗装された昔の道は(この時代に歩道と車道に分かれているのはすごいと思う)端がすこしくぼんでいて、今でいうところの下水道みたいになっているというのがよくわかった




しばらく建物のかげ(遺跡です!)に隠れて雨宿りをして、雨がおさまったところで遺跡めぐりを再開した



今から2000年前とは思えないくらいきれいに遺跡が残っていて、正直驚いた





中には火山のガスで苦しみながら死んでいった人の石膏型もあった



すごいリアルだった・・っていうか本物だけどね(笑)




最後に近くの丘の上からのポンペイ遺跡の写真を






ちなみにポンペイでは約4時間もの間、歩き回ったので足にかなりのダメージを受けてしまった

おかげでナポリについてから足が棒みたいになってホント動けなかった・・・
 
   
Posted at 10:05 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
イタリア旅行4日目(ナポリ編) / 2006年02月06日(月)
ポンペイで思わぬ大雨にたたられ、さらに道に迷ってかなりの距離を歩いたせいもあって、ナポリに戻った僕らはすでにへとへとでした


そんな僕らは何も考えず、次の目的地である国立考古学博物館に向かいました


すると『本日は休館日です』

みたいなことが書いてありました


で、一応他の観光地の休館日を急いで調べてみると、明日行く予定だった王宮が明日休館日ということが判明!




というわけで急遽目的地変更!


地下鉄やケーブルカーを駆使してやっとこさ王宮に到着!ってときにまたもや雨が降り始めたのです


しかも今回の雨は昼とは違って大粒でかなり激しいのです

僕らはあわてて近くのアーケードの中に非難しました





実はこのアーケード、ウンベルト1世のガッレリアというちゃんとした観光地でした

今でもまだ現役で使われています・・・と言いたいところだけど雨漏りがすごかった・・



しばらくカフェで時間を潰して雨がやむのを待った僕らは、重い足取りで王宮に向かった



これは王宮から撮った市庁舎の写真です

きれいなので思わず撮ってしまいました




王宮もかなりの広さで、僕らはさらにダメージをうけてしまった

しかし、王宮の中はすごくきれいで、フランスのベルサイユ宮殿を思わせるつくりだった






王宮を出た僕らは隣のヌォーヴォ城に向かった




ライトアップされたヌォーヴォ城はかなり美しかった・・




一応7時まであいている、という話なので入り口に向かったところ、入り口のおじさんに

『もう今日は締めるから帰れ!』(現在6時過ぎ)

って言われました




まぁイタリア人はこんなもんでしょう・・・




その後、近くの丘の上から夜景を見たりして時間を潰して夜ご飯へと向かいました



ちなみにこれはナポリの港

あの有名な『青の洞窟』のあるカプリ島へのフェリーもでています






夜ご飯はナポリが発祥とも言われる『ピザ』を食べることに

僕はカプリチョーザというピザを注文したけど、コレはほんとにおすすめのピザ!

安いしうまい!



でも、帰りに楽しようとタクシーに乗ったらぼったくられました
 
   
Posted at 16:05 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
イタリア旅行5日目(前編) / 2006年04月16日(日)
前日の大雨ですっかりテンションが下がってしまった僕らは、またもや雲行きの怪しい空の下、ナポリの観光をすることにしました



そう、今日はあの有名な『青の洞窟』とやらに行く予定なのです!!



でもね、少し気になることがあるんです・・・






ガイドブックとかテレビとかでよく見る青の洞窟の写真ってすごくきれいじゃないですか

太陽がきれいに反射しているから




でも今日はくもり〜〜〜〜





嫌な予感を胸に抱きつつ、ナポリの港に着いた僕らはさらなる事実を知ることになるのである





『現在海が荒れているため、船は欠航しています』





・・・






ぎゃぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!






というわけで、せっかく楽しみにしていた世界遺産の『青の洞窟』は断念することになりました






仕方がないので昨日の夜に入れなかったヌォーヴォ城に行くことにしました




と、その時です☆


『Hey!!』

と言う声が歩道のすぐ横の道路から聞こえてくるではありませんか!?


あわてて振り向いてみると、ちょっとオンボロの白い車から、警察っぽい服をきたおっさんが声をかけているです




僕らは何も悪いことをしてないので

『What??』

と聞き返すと

『パスポートを見せろ!!』


と謎の警察手帳をちらつかせながらまくし立ててくるのです


明らかに怪しい!!


そう判断した僕らは一目散に逃げ出しました

もう心臓バクバクです






後からガイドブックを見てみると、ニセ警官に注意!!って書いてありました

イタリアでは警察は観光客にいきなりパスポートを見せろ!!とは言わないらしいです・・・

よかった〜逃げて
 
   
Posted at 16:04 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
イタリア旅行5日目(後編) / 2006年04月16日(日)
突然謎のニセ警官に声をかけられる!!


そんなハプニングに見舞われつつも、僕らはヌォーヴォ城に到着しました








昨日の夜とは違って今日はたくさんの人が出入りしていました




このお城は屋上からナポリの町が一望できるようになっていて、すごくきれいでした


ちなみにここから海も見えたのですが、欠航しなくてはならないほど海が荒れているようには見えませんでした








さて、ヌォーヴォ城の観光を終えた僕らはとある事実に気付いたのです

『することないね笑』



結局もうこれ以上ナポリにいても仕方がないということになり、僕らはローマに戻ることにしました




中途半端な時間にローマについたので、僕らはスペイン広場の近くで買い物をすることにしました

ちなみにスペイン広場の周りには、いわゆる高級ブランドのお店が商店街みたいに連なっている場所なのです




そこで連れのK氏は勢い余ってクレジットカードの限度額を振り切るような買い物をするという異常事態になってしまいましたが・・・




ついでに帰り際にトレビの泉にも寄ってコインを投げてきました!





ということで、再びここを訪れることができるはずです
(ローマの休日によると・・・)
 
   
Posted at 16:40 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
イタリア旅行6日目(前編) / 2006年04月16日(日)
さて、とうとう帰国の前日となってしまいました


そんな今日は、朝6時半の電車に乗ってフィレンツェへ日帰りで行くことになりました



さすがに毎日のように電車に乗っているので切符を買うのに苦労することはなくなりました!!





フィレンツェはローマからずいぶんと北のほうにあるみたいなので、僕はちょっと厚着をしていったのですが、連れのK氏はナポリが意外と暖かかったためかいつもより薄着で出発しているではありませんか


当然のように景色はだんだんと雪景色に変わっていきます


それを窓から見ながらK氏はすでに後悔しているようでした笑





どうやら前日に寒波が来たらしく、フィレンツェの町は一面が雪景色でした!!





気温もかなり低いみたいで、K氏はかなり寒そうでした・・・




フィレンツェに到着した僕らは早速有名なウフッティ美術館に向かいました


道路に雪が積もっていてとても歩きづらかったのは言うまでもありません





やっとのことで美術館に着いた僕らは目の前の光景を見て思わず顔をしかめてしまいました



ありえないくらいの列


でも仕方ありません




結局寒い中、50分近く並ばされてやっとのことで美術館に入ることができました☆


ここには『ヴィーナス誕生』や『春』、『受胎告知』などの有名な絵が飾られています


たくさんの人の中、ゆっくり見ることはできませんでしたが、一応満足です



ちなみに美術館からの景色がきれいだったので、載せておきます





その後、僕らはドゥオモ広場に移動し、周辺を観光することにしました



昼だと言うのにまだ雪が残っています



日帰りということで、今回はクーポラに登ることは断念し、僕らは次の目的地であるアカデミア美術館に向かいました


そこでは『ダヴィデ像』が一般公開されています


当然のようにまた長い列を待たされて、並んでいる間は抵抗できないことをいいことにたくさんの物売りに囲まれたりするハプニングも乗り越えてやっとダヴィデ像を見ることに成功しました★



そして僕らはローマに戻ろうと駅に向かったのでした・・・
 
   
Posted at 16:56 / イタリア旅行記 / この記事のURL
コメント(0)
P R
最新コメント
アイコン画像堀江です
ふぁんたろうです! (2006年05月06日)
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.