数々のイベントで紹介される、シスウェーブのスーパーソルガム 

2014年03月14日(金) 16時25分
シスウェーブはスーパーソルガムの特徴や有用性などについて、東京ビッグサイトで行われたバイオマスエキスポ2015にて紹介しました。バイオマスエキスポは広く地域に分布するバイオマス資源をバイオマスエネルギー(発電、熱利用、燃料)やマテリアル(堆肥化、飼料化、素材化)への変換技術・利用技術イノベーションを産業促進する産業交流展示会です。
FITで活性化したバイオマス発電や地域の特色を活かしたバイオマス産業の事例を中心に、経済性を確保し、環境にやさしく災害に強いまちづくり「バイオマス産業都市構想」や地域バイオマス利活用で創出する新産業・地域循環型エネルギーの強化をテーマに展示会とセミナーの両面からバイオマス資源からのスマートコミュニティを発信します。
ところで、一口にバイオマス資源といっても幅広い内容のものがあります。たとえばシスウェーブが栽培を続けているスーパーソルガムや、間伐材などから作成されたペレット、微細藻類など様々です。
開発技術も多岐に渡っていて、たとえばバイオマス発電だけでもプラント設計・製造技術、ガス化技術、熱分解・直接液化技術、加水分解・直接液化技術、加水分解・製造技術、メタン発酵・水素発酵技術、乾燥・炭化技術、下水汚泥処理技術、収集・運搬技術など、実に様々な技術に分けられます。
スーパーソルガムは日本だけでなく世界で注目されている植物ですが、こういった場で新たにスーパーソルガムを知る人や企業が増えることで、また新しい活躍の機会に繋がるのではと思いました。