言葉の威力 

January 29 [Mon], 2007, 3:38
動作は、感情を作る。
今日読み終えた、「夢ノート」の作り方、中山庸子さんの文庫にあった言葉だ。
これに付け加えて、
言葉は、感情や思考をかたちづくる。
と自分は強く感じている。
そういえば、コトバについてミクシーで一回日記で書いたな。
こんどコピーしてこっちにはりつけよう。
この文章を書く前に、一つ前の投稿をよんでみたが、また新しいことを考えた。
自分で書いた文章であるものの、またそこあからあらたな考えやあらたな発想が生まれることが、面白い。
なにかを見て、なにかを行って感じたことを言葉にすることは大切だと思う。
そのときのフレッシュな感情を保存することができるから。

さて、夢ノートについてだが、自分も実行して行こうと思う。
そして、それと同時に、言葉コレクションノートを作るのもおもしろいかなと思った。

では、のちのち夢ノートにうつすとして、
げんざいの夢や願望を書き連ねよう。

・有名になりたい
・スノーボードで(少し有名になるくらい)うまくなりたい
・おなかの肉をなくしたい
・肩と胸の筋肉をつけて、逆三角形のサマーバデーに
・日本中を旅したい
・世界中を旅したい
・DJ・CDJをしたい
・英語を話したい
・韓国語をマスターしたい
・部屋を掃除したい
・オシャレな部屋にして家でパーティーしたい
・ボランティア活動がしたい
・早起きができるようになりたい
・料理のレパートリーを増やしたい
・本を書きたい
・水泳が速くなりたい
・ダンクができるようになりたい
・人前で、わかりやすく話せるようになりたい
・速読をマスターしたい
・トライポートがほしい
・お酒に詳しくなりたい
・絵を描きたい。
・作曲がしたい。
・歴史を学びたい。
・地理を学びたい。
・様々な職業にふれたい。

本には、100個書き出してみる、ってかいてあったが、
これはなかなか難しいものである。
実際のノートを明日買おう。
そして、自分だけのノートを作っていこうと思う。


そう簡単には、ひとは変わらず。 

January 25 [Thu], 2007, 2:20
今日は、3限。
10時から目覚ましはなったわけだが、
結局いつもどおり12時すぎまでベッドの中。
遅刻だなと思いつつ、学校へ向かうと、バスへの接続が運良く、
1時5分には教室へ到着。
わけのわからん、授業を大いに語られ、テストへの不安を存分に残して終了。
卒論をうけとりにいくと、宝田先生に大学院のプレッシャーをかけられた。
自動車教習所の授業料も払い。
とうとう、教習が始まる、来週からかな。

そんな感じで、家に帰り着きだらだらと、テレビっこしてすごした一日だった。

昨日彼女以外の女とのことを書いたくせに、
やっぱり久々のフリーになると、うずうずする悪い癖。
えりちゃんと、きぬえさんにメール攻撃。しかし、撃沈。
中井にメールしようかと思ったが、熱っぽいのを考えて結局断念。

だらだらすごし、夜はスーパードライに、うすしおポテチ、麦チョコ、パン、
と食いまくり、肥満街道を闊歩。

なんだかんだで、早起きは出来ず、やり友を欲し、
成長していない自分がいる。
えりちゃんに、内面を磨けよと言われたのも忘れないように、
精進していきたいとは思っているものの、そう簡単に人は変われないものよ。

とりあえず、新しい女で、セーフティゾーンをさがすかな。。
とか、思ったりもするわけで。
ななさんのアドレス、ファロさんしらないかな、聞いてみるかな。


そう、今日思ったことで、
演じることの必要性というか、演じれるようになりたいなと。
たとえば、クラブとかにいっておもいっきり軽い男になりきるとか。
でも、それはすごく難しくて、そういう自分も、やはり自分って感じることで、
自分が壊れてしまうように感じるようにも思う。
なにか、罪悪感や、自分はそんなに軽くは無いんだって思いたい気持ちが、
それを阻止するのかなと。
でも、そこで割り切って演じることができれば、また面白いようにも思う。
それが、演じているわけではなくなって、自分自身になったら怖いようにも思うけど、
演じているというはただの言い訳で、やっぱり自分は自分なのかなとも思う。
なんかむずかしくなったけど、
ついたうそは、つきとおす強さをもつことも必要。
それが、ある意味では大人なのかもしれない。

大学生活 

January 23 [Tue], 2007, 2:59
もう少しで、大学生活を終えようとしている。
自分は、何を得ることができたのだろうか。
4年間で様々なことがあった。
考え方も変化してきた。

あと2年間の大学院生活を決めたわけだが、
これからの2年間いままでとは違う学問に対してもっともっと
真剣に取り組んで行けたらと思う。

最近、様々な変化が起こっている。
もっと沢山のことを経験したいと思うし、
様々な人と出会いたいと思う。

そのうち、という考えがいつも自分の中にはあることを実感したし、
それでは時間は過ぎていくばかりで、変化しないということも感じた。
今日出来ることは今日すます。
やらなくてもいいかな、と思ったことはとりあえずやってみる。
やらなくて後悔しないために。

就職活動にも興味が出てきた。
人前で話す難しさ、その楽しさを感じている。
まなごのプレゼン講習はよい経験となった。
面接の達人も良い刺激となった。
自分を見つめて、自分を言葉にして、生きてこう。
中谷のホムペに行った。
読書量がありえなかった。


わざわざ、彼女以外の女とやることも、家まで呼ぶ必要は無いなと思いだした。
それよりも、やることは沢山ある。

・免許
・韓国語マスター
・英語
・春休みの計画
・これから2年間の計画
・部屋の掃除、リノベーション。
・教育の本を読むこと。
・ダンス
・スノボー
・クラブ

とにかく、あげられるだけあげていこう、これからも。

やることは、たくさんある。
時間は、思ったより短い。

変わらない自分 

June 09 [Fri], 2006, 2:11
ひさびさにこのページを開いてみた。
自分の前の日記を見て、ほとんど変わっていない、成長していない自分に気付いてしまったかもしれない。
時間は無いと感じながらも、具体的に動き出していない日々。
そのなかで、時間だけは一定のスピードで過ぎていく。
成長しなくては。
そう思う一方で俺はそのときの小さな楽しさや、楽さに身を任せて、生きている。
自分に甘く、だらけている。
大学生としての生活はあと、10ヶ月くらい。
決して長くは無いと思う。
友人達は卒業後の進路を決めた。
自分は、まだ決まっていない。
決めなくては。。。
そして、残りの10ヶ月を、濃く生きなくては。
たらたらすることももちろん必要である。
これだけたらたらできる時間は人生のなかでそうそうないだろう。
でも、自由に使える時間だからこそ特別なことをしたい。

とにかく、頑張って生きるのみ。
一生懸命、生きるのみ。

don't worry Be funky!!

そういえば・・ 

June 01 [Wed], 2005, 0:55
今日サブラ読んでて、ネットで副業ってやつがあった。

そういえば、アフィリエイト登録はしている。
でも、今の自分のサイトでは、それによる報酬を得ることは不可能である。

そう、ここにまた興味があって、アフィリエイトでの収入である。

それように、もう一つホムペを作ってみたいのだが、
どのようなホムペがうまく売り上げることが出来るのだろうか?
と考えると、何かを買うために便利なホムペであるわけで。

そこで、今日思いついたのが、テレビCMの曲を紹介したりするホムペである。
高級な品が売れたほうがいいんすけどね。
さてさて、そのためにはホムペ制作ソフトとか欲しいわけで。
いくらくらいするんだろ?
調べてみよう。

大きなホムペを作ってやる。

思いつく興味 

May 31 [Tue], 2005, 1:25
ここに思いつく興味を書き綴ろうかと。

ダンス。
アート。デザインやらなんやらかんやら。
バスケットボール。
英語。外国語。
海外生活。
スケボー。
スノボー。
イベント、特にクラブなどでのイベント。
バーテンダーのバイト。

とにかくずっと遊びごころを忘れないように生きるって言うか、
遊びのようなしごとっていうかなんつーか。

今日は、20代ではじめる「夢設計図」
をかった。


てことで、ここでおしまい。

徒然と 

May 30 [Mon], 2005, 1:50
さて、大学も3年目となり後半戦なわけだが、就職についてのビジョンがまったくといってない。ノープランだ。働く気もあんましない。つまりNEET街道ってわけ。普通の大学生が普通に考えることなんだろうけど、なんか違った仕事がしたい。だたの、サラリーマンになりたくないって思っている自分がいる。てか、ただのサラリーマンってどんなんだ?っていうと、まぁ、それも説明できるわけではないんだけど。
なんつーか、朝からスーツ着て、会社行って、デスクワークして、夜は、同僚と飲んで、家に帰る。あまり変化のないルーティーン。まぁ、こんなんが俺の勝手に考えるリーマンの日常かな。まぁ、少しも変化がないわけじゃないけど、なんか、物足りないイメージがあるんだよね。まぁ、イメージなんだけど。

今の自分を考えてみると、運動を勉強してて、サークルとかはいってバスケしてて、んでときどき寝坊して学校サボって、んで、バイトは家庭教師。

学部の学問に興味がないわけではないけれども、研究者になりたいってほどの熱意を向けているわけではない、と思っている。大雑把な性格も研究者には向かない気がする。

さて、次にバスケだけど、まぁまぁのレベルであるっていう自身はある。でも、まぁまぁの段階でありそれ以上でないことも認めたくないけど、そうなんだろう。少なくとも、トップアスリートではないね。バスケを続けて生きたい気持ちは小さくないと思う。そこで考え付くのは、教師という道だ。
教師になれば、バスケを続けられるだろう。そして、教員団というレベルも低くはないチームでプレーをすることが出来るだろう。それも悪くない道である。

して、今のバイト家庭教師であるが、つきの稼ぎは最近は4万前後だ。2人の生徒を持っていて週2,3でやっている。バイトに関しては、飲食などの一般的なバイトは未経験である。バイトの友達、といった人は存在しない。

とまぁ、ここまでいろいろ考えることをあげてみたわけだ。
とにかく、大学3年で就職活動は始まる。
そして、なんらかの決断を必ずくださなければならないのは事実だ。

2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:funkylife
読者になる
Yapme!一覧
読者になる