2012年3月23日 

March 23 [Fri], 2012, 17:42
病院のマタニティスクール第3回め。
前回から引き続き、分娩時の過ごし方のポイントを教わりました。

@動く:
陣痛があっても、痛みと痛みの間隔が広い(10分前後ある)場合は、歩くなどして動いた方がお産が進むそうです。
また、膀胱が子宮収縮の妨げになるので、トイレには少なくとも3時間毎に行く方がいいそうです。
A食べる・飲む:
体力を使うので、糖分・水分補給に、可能ならばちゃんと食事を取る方がいいそうです。
一応、入院時に軽食を持ち込む予定ですが、時間によっては病院からも食事が出されるようです。
Bリラックス・温める:
自然体で好きな事をする(音楽を聴く、本を読む)、喋る、可能ならば入浴する(入浴設備は病院内にあります)…
人によってはお産が長引くこともあるので、そういう人は、体力温存のため寝る、焦らず待つということも大事になるということです。

…といった点が大切になってくるそうです。

上記については、陣痛室という部屋で助産師さんもいろいろと付き添い・指導してくださるようですが、陣痛室は家族入室可なので、ダンナ様が立ち会う場合は、ダンナ様にも助産師さんの立場が求められる(陣痛で緊張する妊婦さんに@〜Bを促したり、妊婦さんがポジティブに痛みを受け止められるよう励ましの声をかけたり…)ことがあるそうです。

立ち会い希望を出したダンナ様は、陣痛室の先の分娩室まで入れますが、分娩室では立ち位置が決められていて、分娩台に寝た妊婦さんの頭の辺りにいることとなります。カメラやビデオは持ち込めません。

夫に立ち会っていただけるタイミングで産気付けばいいのですが、そうならなかった場合には、陣痛室までは実母に付いてもらえるよう話しておきました。
いずれにしても、助産師さんがマンツーマンで付いてくださるようなので、あまり心配ないかと思います。

2012年3月21日 

March 21 [Wed], 2012, 13:28
定期健診でした。
なぜか今日は「助産師外来」という形でしたが。

今日は写真をもらえなかったのですが、
赤さんは頭をきちんと下向きにして
ずっとうつぶせになっているらしく、
しかも今日の検診中は非常におとなしかったので
(病院に行く前には今日も6連発キックが来たのですが)、
モニターでも顔は全く見えませんでした。
助産師さん曰く
『うつぶせになっている方が、産まれてくる時に
ラクに出てこられるからいいですけどね』
ということでしたが。

Bébéちゃん、約2400g。
心臓などの動きも良く、
羊水も充分とのことです。

問題は、今回私の体重増加が
やや大きかったかな…ということですかね…
あと、
『明日になれば37週になって、
いつ産まれてもいい時期になるわけですから、
入院準備は済ませておいてくださいね〜』
と3回くらい言われました。

お腹周りの数値は、信じ難いことに
意外と変わっていませんでした。
ただ、測ってくれる方によっても
値が微妙に変わってくるのかもしれません
(明らかにお臍の穴は小さくなってきています)。

2012年3月20日 

March 20 [Tue], 2012, 17:24
実家の近所まで遊びに来てくれた
元同僚2名が
お腹をなでなでしてくれました。

Bébéちゃん、よかったね♪ 嬉しかったね♪

2012年3月16日 

March 16 [Fri], 2012, 17:30
病院のマタニティスクール第2回めがありました。

今回は赤ちゃんのダミー人形も登場して
抱っこ・授乳時の抱っこ・おむつ替えの実習付き。

2012年3月11日 

March 11 [Sun], 2012, 17:28
昨日に引き続き、
出産用品・ベビー用品の買出しです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ふにゑ
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる