10年続く心がこもっている研究

September 01 [Mon], 2014, 12:45
1875年創始してから、愛彼時計工場はずっと絶えず最も複雑な時計のメカニズムを創造して、そして絶えず改善して、この点はそれを多い同世代の中から才能がすべて現れさせます。百数年来、スイスの布拉蘇絲(Le Brassus)の愛彼時計工場であって、表を作成する師達は毎日3と時計、陀はずみ車、万年暦、を聞いて時間単位の計算は時計などの複雑な性能が仲間になることを積み重ねて、彼らの最大の願いはこれらに最高峰に達させる時計の技術は更に整っていて信頼できて、完全無欠です。しかし全世界の一流な表を作成する師は最も関心を持って、依然として腕時計の幸運なことを求めるのが精密で正確です。愛彼時計工場は一方では各大きくて複雑な性能を深く研究して、一方もいつでも忘れないでチップの各基本的な素子を改良します。

相手がこの種類の絶えず改善する原則を維持していることを愛して、10年前にから機械的なチップの主要な素子の中の一つのがたとえシステムでもを捕らえることに対して研究を行います。たとえ系統的な効果を捕らえるのは腕時計の心臓(並べて-空中に垂れる糸に順番に当たる)の規則の運営を維持するのだでも。愛彼時計工場は18世紀からロビンの発明は霊感をくみ取って、たとえ全く新しいことを研究開発したのは捕らえる系統的でも、直接伝動してたとえ系統的な高い効率の美点でもを捕らえることがあって、またたとえ系統的で安全安定な長所でもを捕らえるスイスのてこ式があります。相手が独占で系統的なことを捕らえてたとえ状況で新しい材質(ケイ素のようです)のを採択していないのでもを愛して、チップを下げた内に「最もエネルギーをつぶす」素子のエネルギーの消耗率、その上ニスを塗らなければならないなが潤滑にして、徹底的に高級な時計の技術の歴史を書き直しました!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/funions/index1_0.rdf