不妊症周期療法と二人目不妊 原因

May 28 [Tue], 2013, 3:09

不妊症周期療法を日本に広めた第一人者といわれる譚定長先生は、これまでにこの治療法を使って9000人近くをサポートしてきた実績があり、

不妊対策でこの道20年以上を誇る大ベテランでもあります。


横浜で漢方薬局を営んでいるものの、譚定長先生の不妊症周期療法では、基本的に漢方薬を使うことはないし、

病院の不妊治療を並行して続ける必要もありません。


もともとは、中国で発達した人工周期療法と呼ばれる治療法がもとになっていて、

卵巣を片方摘出し、さらに4年も不妊治療を続けたのに子供を授かることが出来なかった譚定長ご夫妻が、

わざわざ、中国にまで赴いて、現地で人工周期療法を学び、改良を加えたという経緯があります。


不妊症周期療法では、中医学理論と西洋医学理論の二つの理論をベースに作られているため、

病院のお医者さんですら知らないノウハウが数多く詰め込まれており、あなたの↓のようになるまで、

拍子抜けするほど簡単な治療をするだけです。



赤ちゃんの健やかな成長を心から祈るようになる

周囲の思いやりをさらに強く感じるようになる

子供の名前で迷うようになる

自然妊娠ができる






9000人近くをサポートしてきた譚定長先生の不妊症周期療法で、妊娠できないストレスをこれ以上ため込んでしまう前に、妊娠力を取り戻して元気な赤ちゃんを授かるにはこちら



P R
  • SEOブログパーツ
マニキュアの語源