不妊症の原因は最近では男性と女性が半々の割合です。症状は特にありません。不妊症は原因によって治療の方法が違います。病院で検査をして不妊症の原因を特定してから、漢方・整体・鍼などの改善を行った方がいいでしょう。基礎体温だけでは不妊の理由は断定できません。定義も治療も病院によって異なります。 不妊症の悩みは一人で抱える必要はありません。対策・チェックは信頼できる病院で。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぱんぷきんぱい
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
不妊症だと病院で診断されてから漢方や鍼などいいと耳にすることは全部試しました。

つらくてつらくて、主人とも何度も喧嘩して、夜中に病院に行ったこともあります。何回泣いたかわかりませんし、何度もあきらめかけました。

でも不妊治療を続けてよかった。
今では2人の子供に恵まれて生活しています。
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。

また、第三者配信による広告サービスを利用しており、 広告配信事業者が訪問者の方の興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、 当サイトや他サイトへのアクセスに関する個人を特定しない情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
このような情報が広告配信事業者に使用されないようにするには、こちらをご覧下さい。
------------
管理人
  


不妊症とは、健康な生殖年齢にある男女が
子供を望んで性行為を行っているのに、
2年以上妊娠できない状態です。

通常、避妊をしないで性行為を続けていると、
1年以内に8割・2年になると9割の男女が赤ちゃんを授かります。
夫婦10組中1組は不妊症のカップルになるという計算になりますね。

ただし、このデータは戦後のもの、というデータが出ています。
日本もアメリカと変わらない状況になってきているかもしれません。

☆★☆しっかり学ぼう、不妊症★☆★
不妊症の原因は男性・女性のどちらにも可能性があります。
ですから、不妊症の検査は男女共に受けなくてはいけません。

治療はしんどいです。
不妊治療のために夜中に病院に行かなければならないこともありますし、痛みも伴います。 何より大変なのは、精神的なダメージが非常に大きいという点にあります。

不妊治療は時間がかかる場合がほとんど。
闇雲に自分を責めるのではなく、
正しい知識を持って不妊症を克服する姿勢でいましょう。

不妊治療で評判の病院 長野
不妊症の定義は、子供を望んでいるにも関わらず2年間、妊娠しない状況を指します。しかし、時間が経てば経つほど妊娠の確率が低くなりますので、1年間妊娠しない場合には病院での検査をした方がいいようです。
不妊症の疑いがある場合、まず大事なことは、不妊の原因をはっきりさせるということです。

不妊症の検査をすれば、原因が完璧に分かるものではありません。しかし、不妊の原因もわからないままに、不妊にいいと言われている方法、たとえば鍼灸や漢方を使うことは、逆に妊娠へ遠回りになるかもしれません。

原因をはっきりさせて、治療をする方が体にも経済的にも負担が少なくすみます。


不妊治療で評判の病院 長野
●中川産婦人科医院
長野県長野市浅川東条289-2
浅川小学校バス停から徒歩1分


ヴァイオリンが趣味でいらっしゃる、控えめな感じのある院長先生です。
しかし、不妊治療においては定評があります。

不妊治療から始まって赤ちゃんを2人出産した、といったような口コミもありますね。
看護師さんなど、対応もよく親切。
施設もきれいだと評判です。
 
 続きを読む…  
不妊治療で評判の病院 川崎(神奈川)
不妊症の治療はまず、検査を行いしっかりと原因を調べます。そして、原因に沿った方法でなるべく患者さんに負担がかからない治療を行っていきます。病院によっては漢方やヨガ、アロマテラピーを取り入れているところもありますよ。

妊娠するには、体外受精しか方法がないと言われた方でも病院を変えてみれば自然妊娠できるというケースがあります。

実際に体験された方が、ブログや掲示板に綴っていることも多いのでWEB上で検索してみるといいでしょう。病院の名前や状況を書いている方もおられますね。

男性に原因がある不妊症の場合は、泌尿器科と連携して治療を行える病院があります。


不妊治療で評判の病院 川崎(神奈川)
●川崎市立川崎病院
神奈川県川崎市川崎区新川通12-1

非常に
 
 続きを読む…  
不妊治療で評判の病院 東京
2年間、不妊期間が続いた場合、不妊症の検査を受けるのが現在の日本の不妊症の定義です。
しかし、それは国内の不妊症の治療の現況であり、世界では「1年」が一般的です。

やはり、時間と共に自然妊娠する確率は低くなっていきますので、もし不妊治療を行うのであれば早い方がいいのです。
10組に1組は不妊症。
原因は男女共に半々の確率です。

ご夫婦のどちらに原因があるのか?
そして、何が原因なのかわからないまま、やみくもに不妊症の改善を試みるのは無謀かもしれません。
もしかしたら、肥満などの理由で妊娠しづらい状態だけなのかもしれません。

避妊をしない普通の夫婦生活を送っているにもかかわらず、妊娠しない状況であれば、まずは、不妊症の検査を行いましょう。
患者さんになるべく負担のかからない不妊治療を行ってくれる病院はたくさんありますよ^^


☆不妊治療で評判の病院 東京
 
 続きを読む…  
不妊治療の検査
不妊症の原因は、男性・女性で半々だと言われています。
「きちんと排卵できているか?」「卵管に問題はないか?」「精子に対する抗体などの有無」などを不妊外来などで検査して、その結果を見て不妊症の治療を進めていきます。

例えば、男性が大人になってからおたふくかぜなどで高熱を出していた場合、精子をつくることができなくなることがあります。精子の運動率が悪くても不妊症の原因が男性にある可能性が高いのです。
女性側の問題も含めて、病気が隠れている場合などは病院での治療がないと妊娠はできません。


不妊症を疑う場合は、まず病院で不妊症の検査を受けましょう。

●不妊症の基本的な検査は大きく3つです。
 
 続きを読む…  
漢方で自然妊娠する
漢方は自然妊娠にアプローチする不妊症の改善のための一つの手段です。

いくら正常に排卵していても妊娠できない。
それは、「母体づくりができていないから」
これが漢方の考えです。

●妊娠しづらい人
・肥満
・冷え性
・腎臓・副腎・泌尿器が弱い
・冷たいものを多く摂るなど

体に病気などの異常が見られなくても、上記で挙げたような状態である場合、病院に行ってもうまく妊娠できないことが多いんです。

●漢方で自然妊娠する
漢方では、大きく次の2つを改善させて自然妊娠に導きます。

■「冷え」
冷え性は病気ではありません。
しかし、他のいろいろな体の不調を引き起こす原因です。
冷えによる、腎機能の低下も不妊の原因になります。

腎機能が低下していると、
 
 続きを読む…  
 
 Powered by yaplog!