不妊治療助成金の現状

September 06 [Sun], 2009, 11:48
不妊治療の助成金は多くの自治体で実施されていますが、自治体によって助成金額が異なったり、若干内容が異なるようです。特に助成回数などの上限が自治体で異なることが多く、年間2回までのところや3回までのところなど様々です。大抵が1回の上限が10万円までのところが多く、それ以上の費用は自己負担となります。また、不妊治療の助成金も最初に助成金を受け取ってから5年の間などと期間も設けられているので、自治体に確認が必要です。しかし、現状5年以上不妊治療に取り組んでいる人なんて数多くいるし、5年でできたら苦労しないってもの。不妊治療の現実を知った上での助成金制度とは到底思えないと正直思ってしまいます。子供が欲しい人達にとって本当に不妊治療は大変なものですが、希望の星です。それに対する助成を惜しむようでは、少子化解消は遠い未来だと言わざるを得ません。政権交代がそうした上辺だけでない不妊治療への助成をしてくれることに期待です。

不妊治療の助成金制度充実を!

September 06 [Sun], 2009, 11:20
不妊治療を助成金なしでは受けるのが大変ですが、多くの場合助成金は最初の2回までなどといった制限が設けられていて、なかなか不妊治療を続けるのは容易ではありません。不妊治療の助成金申請は、病院で必要な書類に記載してもらい、自治体に提出する形となります。この不妊治療の助成金も改正されたりといったことがあり、内容も変動的ですが、良い方向に改善されるのであればそれにこしたことはありません。今後、もっともっと助成金制度の内容も充実したものとなり、不妊治療のハードルが低くなれば子供の出生率も上がるのではないかと思いますよね。実際、芸能人でも不妊症に悩む人は多く、お金の問題だけでないといった現実もあるようです。少しでも多くの人の子供が欲しいという希望が叶うようにするには、やはりお金での支援が最も大切だと思います。何がネックで不妊治療ができないかというと、やはりお金です。今よりさらなる不妊治療に対する助成金の充実が少子化に歯止めをかける最も良い対策だと思われます。

不妊治療と助成金

September 06 [Sun], 2009, 11:02
現在の不妊治療はとにかく費用がかかります。特に人工授精や体外受精となると、一度にかかる金額が大きいことから、自治体によって助成金がでるところが多くなっています。少子化対策がいわれる昨今、これこそが一番に取り組むべき問題だと思うのですが、現在では自治体によって実施していないところもあり、内容も異なります。
今回の選挙で民主党が不妊治療の公的な医療保険適用の検討などの支援策拡充をマニフェストに掲げたこともあり、不妊治療に対する助成金等も含めた支援策が見直される期待感があります。子育て支援策も子を持つ親には有り難いですが、そもそもの子作り支援を考える必要が最もあるのではないかと思われます。そのためには、不妊治療を続けられる支援策である助成金などの充実をはかることが急がれるのではないでしょうか。
P R
カテゴリアーカイブ