意見が分かれる高齢出産

February 18 [Thu], 2010, 15:22
高齢出産することを、有名芸能人が何人か挑戦していたりして、

メディアに色々取り上げられたりするので、身近に感じる事が多くなっています。

自分の子どもが欲しい、と年を重ねても考える人が、諦めないで妊娠・出産に

挑む事が非常に多くなってきました。

自然妊娠で安産する方法

February 07 [Sun], 2010, 13:56
安心の全額返金保証付

>>自然妊娠で授かる方法ならココをクリック!<<


不妊で悩むアナタに朗報!です。

TVなどメディアへ多数出演している譚 定長(たん・さだなが)先生の

過去20年間で成功者13,000人以上の実績を出した

「健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法」

をあなたにご紹介します。

不妊症周期療法の第一人者である先生の方法は、

●念願の自然妊娠がしやすくなる。

●30代後半〜40代の方でも妊娠しやすい。

閉経さえしていなければ、あなたの年齢に関係なく妊娠は可能です。



まわりから「赤ちゃんまだ?」とプレッシャーをかけられ

赤ちゃんができなかったらどうしようとお悩みの方にオススメです。

この自然妊娠で安産する方法なら、不妊治療のために病院に通う必要ありません。そのための時間や費用、労力がかかりません。

譚定長先生の体に負担のない効果的な方法です。

>>妊娠成功ガイドブック<<

不妊コミュニティに参加

February 07 [Sun], 2010, 9:35
もし、あなたが不妊症で悩んでいるのなら、同じ悩みを持つ人が
集まるコミュニティに参加するといいですよ。

不妊の悩みを経験のない友人に相談しても、
なかなか、わかってもらえないことの方が多いものです。

自分が不妊に悩んでから初めて、結婚した友人に、
「子供はまだ?」
と無神経に聞いていたことを後悔したという女性もいます。

人工授精は若いほど成功

January 16 [Sat], 2010, 7:23
人工授精」は不妊症治療の一つの方法です。

男性のマスタベーションから採取した精液を濃縮して、

妊娠しやすい排卵日に、柔らかいチューブ(カテーテル)などで

子宮内に注入するという方法です。

不妊治療するとき問題点を考える

January 09 [Sat], 2010, 13:09
不妊治療を受ける時の問題点として、何よりもまず、高額な費用がかかることです。

初期の段階での不妊検査やタイミング療法、クロミッド療法やHMG-HCG療法

(ゴナドトロピン療法)などは健康保険が適用されます。

しかし、人工授精やアシステッドハッチングなどの高度生殖医療(ART)は

自由診療ですから、健康保険の適用外となり、かなりの費用負担になります。

続きはコチラ↓↓↓↓

評判がいい不妊クリニック

December 11 [Fri], 2009, 8:07
不妊クリニック」を選択するときは、医師の人柄やクリニックの雰囲気、理念や不妊治
療の方針などを事前に調べてから行くといいでしょう。

充分なメンタルケアが配慮されている病院なら、不妊治療中の心のケアもしてくれると思
います。

高度生殖医療を売りにしている不妊クリニックが多いのですが、それを行わなくても妊娠
できることも多く、まずは通院のしやすさを第一にした方がいいはずです。

そこでできないような不妊治療を望むなら、他のクリニックや大学病院などを紹介してく
れるはずです。

不妊治療に漢方薬やサプリメントを使うところと、使用には否定的な不妊クリニックがあ
ります。自分が望む不妊治療に合う病院を選んでから受診することをオススメします。

タイミング療法

December 05 [Sat], 2009, 11:11
「不妊治療」は、検査で原因がわかったら行います。

しかし、本人の希望がなければ治療はされないので、安心してください。

「タイミング療法」は、基礎体温をチェックしておき、排卵のタイミングを知り、妊娠し
やすいタイミングで性交するという初歩的な不妊治療です。

正確に排卵の有無を調べたい時には、排卵検査薬を使うといいかもしれませんよ。

卵子の寿命は8時間程度しかないので、排卵してからセックスしてもタイミングが
遅くなってしまします。

そのため、排卵を予測して交わるのがよいとされています。

精子の寿命が二日から三日といわれ、排卵期に入ったら一日か二日おきくらいの
性行為をすすめます。毎日はげむと精液中の精子量や運動率が減少してしまう
可能性が高くなりますよ。

「タイミング療法」は手間はかかりますが、費用がかからず、効果が高い不妊治療法です。

いくら子供がほしいと夫婦間で話し合っても、決められた日に、義務的なムードのない
セックスを好まなくなりますから、注意と工夫が必要でしょう。


また、リスクがある治療方法がありますから、事前にしっかりと説明を受けておきましょう。
疑問点があれば積極的に質問するようにしたほうがいいですね。

例えば、排卵誘発剤を不妊治療では使われることがありますが、多胎妊娠や卵巣過剰刺
激症候群になる可能性が出てきます。

検査と治療を兼ねた「ラパロ(腹腔鏡手術)」は、腹部に小さな穴を開け、妊娠できないワケ
を精密に検査します。

卵管の癒着や子宮内膜症などの原因が発見できた場合は、同時に治療も行います。
この手術後、数ヶ月は妊娠しやすくなります。


「中西医結合」の成果「不妊症周期治療法」の第一人者である
譚定長先生の「健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法」をご存知ですか?

譚先生は、過去20年間で成功者13,000人以上の実績を出し、
TVなどメディアへ多数出演しています。


不妊で悩むあなたに朗報!だと思います。

詳しい説明はコチラから▼

健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法を
あなたも知りたくありませんか?

不妊治療ならまず東洋医学で

November 25 [Wed], 2009, 8:12
不妊治療をする前に、東洋医学を試してみてはいかがでしょうか。

東洋医学では、不妊の原因を四つのタイプに分けています。

◆栄養不足で血が足りないのを「血虚」

◆エネルギーである気が足りないのを「気虚」

◆ストレスなどで気が滞っているのを「気滞」

◆冷え性は「寒滞」です。

ひとによっては、複数の原因が重なって、不妊症になっていることがあるでしょう。

東洋医学の方法は、身体全体の不調を整えることにより、体質を改善していきます。

具体的な治療法として、食生活や生活習慣の改善や漢方薬の服用、鍼灸治療といったことになります。

医師に相談すれば、西洋医学での不妊治療を受けながら、
東洋医学での不妊症の治療を併用することができます。

中には、東洋医学に否定的な医師もいるようですから、
治療方針によっては、併用が難しいこともあるかもしれません。

2002年米国生殖医療学会誌4月号に掲載された研究報告によると、鍼治療を行ったところ、
通常26.3パーセント程度の妊娠率が42.5パーセントに上がったという発表がありました。

これは体外受精(IVF)を受ける女性を二つにグループ分け、
片方にのみ受精卵を子宮に戻す前後に鍼を行なったそうです。

2008年英国医師会誌2月には、体外受精(IVF)を受ける女性が鍼治療を併用すると、
妊娠の確率が65パーセント高くなるという記事が掲載されています。

東洋医学の有効性が、科学的に証明されつつあります。

西洋医学で色々な検査で、不妊の原因がはっきりしない時は、
特に東洋医学を試すといいかもしれません。




そこで「中西医結合」の偉大なる成果「不妊症周期治療法」の第一人者である

譚定長先生の「健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法」をあなたにご紹介します。

譚先生は、過去20年間で成功者13,000人以上の実績を出し、
TVなどメディアへ多数出演しています。

不妊で悩むあなたに朗報!だと思います。
詳しい説明はコチラから

★健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法を
あなたも知りたくありませんか?★

不妊症治療なら温泉で

November 18 [Wed], 2009, 14:48
昔から不妊症に効果があるといわれる温泉は、全国各地にたくさんあります。



【画像提供:フリー素材屋Hoshino

塩化物泉は、不妊症やリュウマチに効くといいます。⇒ 温泉ランキング

週末などに、夫婦揃って不妊症に効果的な温泉に出かけ、
のんびりと温泉につかり、美味しいものを食べて、

身も心もリラックスしてから子作りに励めば、子宝に恵まれるかもしれませんよ。

全国各地温泉により、効果的な入浴方法やスタイル、ポーズにそれぞれ違いますので、
事前に調べてから行くといいですね。

出向いたときには、その地ならではの方法で温泉入浴を楽しみたいものです。
ただ、近場に湯治行くにしても、そうそう長期にわたって温泉療養できない人も多いでしょう。

一度や二度、不妊症にいい温泉に入ったからといって、
すぐに体質が改善するわけではないので、過剰な期待は禁物です。

具体的な不妊症の原因がわかっているならば、病院での治療を最優先したほうがいいですよね。

ただ、冷え性だと不妊になりやすいため、頻繁に温泉やお風呂に入るようにすれば、
冷え性の改善に繋がり、妊娠しやすくなるはずです。

温泉の最大の効果は、身体のうちからよく温まり、湯冷めしにくいことです。

昔から色々な病気に効果がありましたから、泉質により、
自己治癒力や新陳代謝を高めたりする効果が期待できます。

できるのならば、自宅に不妊に効果のあるという「温泉水」を取寄せ、入浴する方法がとれます。



⇒ 飲む温泉水はこちら


もっと簡単で経済的に自宅で効果を期待するならば、「入浴剤」になります。



入浴剤を入れた浴槽に、最初は全身つかって身体を温め、
その後、半身浴でじっくりとつかり、最後に冷たいお水をかぶるか、冷水摩擦をすると効果的でしょう。

⇒ 入浴剤の詳細はこちら




温泉以外にも岩盤浴や砂風呂、クアプールなども不妊にはいいと思います。

⇒ 岩盤浴の詳細はこちら

不育症の原因

November 11 [Wed], 2009, 6:11
不妊症ではないが、「不育症」で悩むという女性は少なくありません。

年間8万人くらいの患者さんがいるともいわれています。

流産自体は、妊娠全体の10〜15パーセントくらいの頻度で起こり、
妊娠したことのある女性の約41パーセントが経験していることです。

ただ一度の流産で、次回の妊娠で流産する可能性が高くなるので注意が必要です。

二回から三回以上続けて流産したときは、不育症の検査を受けた方がいいかもしれません。

その原因によっては、有効な治療法があるのです。

主な不育症の原因は、

・先天的な子宮異常:子宮筋腫、子宮内膜症、子宮奇形など

・内分泌異常:ホルモンバランスの乱れ

・染色体異常:夫婦どちらか、もしくは胎児の染色体異常

・感染症:クラミジア、梅毒のような性病のほかにウイルスや細菌感染

・免疫的異常:抗リン脂質抗体症候群などの自己免疫疾患

・血液疾患

・遺伝病など

といった持病によるものです。


不育症の原因がわかれば、改善できる可能性がでてきます。
しかし、不育症の約30〜40パーセントが原因不明だともいわれています。

不育症の一部の検査や治療は、健康保険が適応されので、
自己負担になってしまうという問題がでてきます。

不妊症の治療は、公的助成制度のありますので、もっと認知度が高まり、
少子化対策のためにも、不育症への経済支援ができるといいですね。


健康な赤ちゃんを自然妊娠で授かる方法を
あなたも知りたくありませんか?
内臓脂肪とは