UV-Bは

September 21 [Sun], 2014, 10:35

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特色があるので、大気中のオゾン層を通る際に一部分が吸収されるものの、地上まで来たUV-B波は皮ふの表皮内で細胞の遺伝情報を壊したりして、皮膚に良くない作用を生じさせることがわかっています。

結核の原因となる結核菌は、感染した人が「せき」をすることによって一緒に空気中に散布され、空気中で浮かんでいるのを別の誰かが呼吸しながら飲み込むことで拡がります。

脂肪過多に陥っている肥満は、当たり前のことながら栄養バランスや食生活の質、運動不足が要因ですが、量が等しい食事においても、あっというまに終了する「早食い」をしていれば、肥満に陥る可能性が高くなることがわかっています。

いんきんたむしという病気は20代〜30代のどちらかというと若い男の人に症例が多く、大抵の場合は肛門の周辺や陰嚢に広がり、寝ているときやシャワーを浴びた後等、体温が上がるとひどい痒みが生じます。

ふと気が付くとゴロンと横に寝たままでTVを見つめていたり、片手で頬杖をついたり、ハイヒール等を頻繁に履いたりというようなことが当たり前になっていると、身体の上下左右の均衡を乱れさせる元凶になります。



抱っこしたりすることで、入居者さんがセラピーキャットのことを可愛いと思うと「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが盛んに分泌されて、ストレスを減らしたり心のヒーリング等に良い効果をもたらすのです。

ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の長きにわたる現地調査の報告からは、体の大きな大人よりも乳幼児のほうが飛散した放射能の良くない影響をより受けやすくなっていることが読み取れます。

30才代で更年期になるとしたら、医学的には「早発閉経」という病症を指します(日本の場合は、40才前の女性が閉経してしまう状態のことを「早発閉経」と呼ぶのです)。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは、皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭皮や顔にもたらされる発疹で、皮脂の過剰分泌の要素として、生殖ホルモンの兼ね合いやナイアシンなどビタミンBコンプレックスの欠如や不適当な洗顔や洗髪等が関係していると言われているのです。

欧米諸国おいては、先発医薬品の特許が切れた約4週間後には、製薬市場の約8割がジェネリック医薬品(後発医薬品)にチェンジされるという薬品も見られる位、ジェネリック医薬品は先進国で採用されています。



基礎代謝(BM)とは、内臓を動かしたり体温を維持するために使うエネルギー量のことを言い、主に体中の筋肉・解毒作用のある肝臓・とてつもなく複雑な器官である脳の3種類が消費しているのだそうです。

脳内の5-HT神経は、自律神経のバランスを整えたり痛みの感覚を抑制、色々な覚醒等を支配していて、大うつ病の方は、その働きが低下していることが分かっています。

冠動脈の異常による狭心症の外科治療としては、ほとんどの病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」、またはグラフトを用いる「冠動脈バイパス移植術(CABG)」という2種類の施術が標準的に採用されています。

いま話題になっているポリフェノールの究極の働きは、ビタミンEやビタミンC等とは違っていて、細胞間の脂溶性部分、水溶性部分、並びに細胞膜についても酸化を予防する機能があるそうです。

成人の一日所要量が12mgとされる亜鉛は、DNAやタンパク質の生成に欠かせない多様な酵素とか、細胞や組織の代謝機能になくてはならない酵素等、200種類以上も存在する酵素を構築する成分として外せないミネラル分なのです。



健康の森関連サイト
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:funbareruka
読者になる
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/funbareruka/index1_0.rdf