食生活を手軽に整えて体力を取り戻したい!

November 22 [Sun], 2015, 20:02
食生活を手軽に整えるのは難しい



食生活は手軽に整えるのは難しく

こまめに自炊の時間を確保して

野菜の料理をしっかりしていくしかないでしょう。


でも、忙しくて自炊の時間が難しいのであれば

下処理した食材やサプリメント、青汁などを

上手に活用しないとどんどん栄養バランスが崩れます。


ただ、食事や運動はとても大切ですが

しっかり熟睡することも

一定時間、寝ているというよりは活力につながります。


6時間以上の就寝でも喘息なら不眠


6時間以上の就寝時間がとれたとしても

蕁麻疹や喘息などの症状やだるさがあるのなら

栄養不足のほかにも不眠の可能性は高いです。


一般的にいわれている理想の時間よりは

ちょっと短いかもしれませんが

忙しい中では確保できてる方だと思います。


なのに、外食やお菓子を食べているにしても

蕁麻疹や喘息、だるさが残っているなら

隠れ休息不足は考えた方がいいでしょう。


隠れ休息不足はしっかり眠っているつもりでも

疲れがとれずに実は毎晩休息の不足を

溜め続けている状態をさしています。


蕁麻疹や喘息、だるさなどがあるのなら

食事の工夫が難しいときは

ラフマなどのサプリメントをとった方が良いでしょう。


喘息を予防する効果もあるラフマを使おう


そこで、忙しくて外食だけど蕁麻疹が出る方におすすめなのは

喘息を予防する効果もあるラフマ葉エキスで特許のある

ネムリス という快眠サプリメントです。


ネムリスなら効果のあるラフマのほかにも

リラックスをサポートするギャバや

テアニン、クワンソウなども入っています。


さらに、グリシンやトリプトファンのほかに

メリッサエキス、月見草エキス、

ナイアシンやビタミンも豊富です。


しかも、送料無料やお得な割引もあるので

気になる方は下記の公式サイトをご覧ください ↓


ラフマ葉には喘息を予防する効果がある

November 22 [Sun], 2015, 20:01
ラフマは喘息を予防する効果があり

ラフマ茶の薬理活性として、喘息の軽快、咳止め、痰、

風邪の予防に効果的との報告もあるんです。


ラフマの繊維が混ざった布で作られた寝具を使用すると

慢性気管支炎や喘息の改善に効果があった

という報告もあるといわれています。


また、ラフマには心を落ち着かせる効果があり

ラフマ抽出物を用いた動物実験で、

ラフマの抗うつ作用も示されているんです。


そして、脳内のホルモンへの影響も調べられており、

ラフマはノルアドレナリンに作用して

セロトニンには影響を与えないとされています。


さらに、ラフマにはケルセチンに変わるフラボノイドや

カリウムが含まれているため、血圧が正常に保たれ、

高血圧予防に効果があるといわれています。


しかも、ラフマの葉にはカテキンが豊富に含まれていて

お茶の渋み成分の一種で抗菌作用があるので

お茶でうがいをすると虫歯になりにくいとされていますよね。

睡眠の質を上げればだるさも少なく

November 22 [Sun], 2015, 20:00
睡眠の質が下がっていると

十分な時間、ベッドに横になっていても

疲れはとれにくくなってしまいます。


どんなに高級なベッドやマットレスを使っても

脳をしっかり休めて眠っている間に

デトックスできないとだるさになるんです。


なので、一定以上の時間はほしいんですが

短くてもしっかり熟睡できる方が

睡眠にはとても大切だといえます。


睡眠薬などは一時的に

強制的に眠りに引き込んでしまうことから

副作用や依存性の心配があります。


でも、眠った感じがしない日々が続いてしまうよりは

少しでも眠れたという実感があれば

日中の精神安定の足しにはなるでしょう。


それよりも、ネムリス なら植物ハーブをはじめ、

アミノ酸であるグリシンやGABA酵素を主成分なので、

毎日、食品としてとれるので安心できます。