ブログ移転しました!

  • 2005.02.19 [Sat] 13:27
長らくご愛顧いただいた♪sotto voce♪店じまいです、とは言いません。使いやすさを優先して、移転することに決めました。中身はこれからも変わりません。今後はこちら新sotto voceへ!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

山菜御飯

  • 2005.02.17 [Thu] 23:18
この度の寝込み後、初の出勤。今日の合唱団の練習会場はM市にある小高い丘の上にある練習室。小径を5分ほどのぼっていく。そこを歩いただけで筋肉痛。ほとんど動くことなく一週間寝込むってこういうことなのか、と実感。でも、今朝歩いて夜には筋肉痛って若くない?…ってそんなことで若いって喜んでいること自体オバサン。。。この度の寝込みで体重は3kg減。そのくらいすぐに取り返すだろうけど。今くらいで十分なんだけど。

練習後、いつものHさんから山菜御飯をいただいた。間もなくやってくる春を感じる。私の好物の茄子の芥子漬けも一緒に。美味。この心使いがうれしい。元気が出る。Hさん以外の団員のみなさんももちろん大好きです。念のため(^^)v

◇チェンバロレッスン
♪フレスコバルディ:バレット、コレンテ、パッサカリア等
♪J.S.バッハ:フランス組曲より クーラント
昨日、久しぶりで慌てて練習したけど、行き当たりバッタリの思いつきで弾いても説得力のある演奏は不可能。

地震

  • 2005.02.16 [Wed] 21:42
早朝、ドスンという揺れで目が覚めた。そのすぐあとにユラユラ…時間だけ確かめてまたすぐ寝てしまったけど、30分後にテレビを見たら茨城が震源とのこと。昨年の豊岡の水害にはじまって、新潟の地震、スマトラ沖の津波、私の発熱、インフルエンザ、そして今日の地震…と、続けざまにいろいろありすぎ。災害時の準備っていつもしておかなくては、と思うばかりで何もしていない。今度こそ考えなくては。。。

昨日はまだすぐに横になりたくなってまったくいつまで病人やってるんだろう、と思ったけれど、さすがに今日は立ち直ってきたみたい。それにしても寒い日だった。久しぶりでピアノもチェンバロもやっと練習できたし、そろそろ本格的復活やることたまりすぎてこれからが大変かも

日常復帰

  • 2005.02.14 [Mon] 21:11
今朝から朝の送り再開。と言っても先週火曜から木曜まで車は車検に出していたし、そのあとは連休だったので風邪で寝込んでいなくても今日までは送る必要はなかったわけ。こういうところでも無駄なく病気をしているなぁと自分に感心。?…

約一週間ぶりの朝6時は明るかった。この間まではまだ暗かったのに。毎年この時期になると朝日の昇る時間で季節の移り変わりを感じる。

お天気もよかったので布団を干したり、ピアノ弾いたり、体験版でダウンロードしたスコアメーカーでスキャンした楽譜を自動変換で楽譜にしてそれを移調してプリントアウトしてみたり(時代は進んでいるなぁ…まあまあうまくいきました)。本当はMホールの大オルガンでの練習+レッスンの日だったんだけど、滅多にないチャンスも涙をのんで今日は諦め、おとなしく家で過ごす。

今日はヴァレンタインデーであり、我が恩師K先生のお誕生日でもある。恩師の親友ヴァイオリニストU先生もまったく同じ年の同じ日生まれ。先生方、おめでとうございます!!

インフルエンザ

  • 2005.02.13 [Sun] 21:28
先週火曜からの熱が風邪、重ねて金曜日の夜から高熱に変わり翌日(昨日)検査でインフルエンザB型とわかり特効薬をもらった。医学も進歩したもので飲んだらすぐに熱はおさまってきた。効きすぎてしんどかったくらい。熱は下がりかなり身体は楽になったものの、寝ては起き、の生活。いくらでも寝られる。

人間の身体はうまくできていて、調子のいい時には考える前に身体が動いている。今日も洗濯や拭き掃除、やりたかったことをいつのまにかやっていた。そのあとすぐ寝たけど。疲れると気持ちも滅入る。億劫になる。でも、昨日までの熱のあった時には、滅入ったり億劫になることすら考えつかずひたすら寝ていた。痛かったり、苦しかったりする症状ではなかったのが幸いで、ひたすら寝られたことには感謝。20年分くらい寝た。

復活まであと数日か・・・残りの人生ボチボチいこか、って気分。

チェンバロ工房

  • 2005.02.10 [Thu] 16:52
昨日、埼玉県新座にある有名なKチェンバロ工房を訪問した。その近くに住むピアノ科の友人を誘って最寄り駅で彼女の車に拾って貰い連れて行って貰った。日本でも、世界でも一番大きなチェンバロ工房だと言うことで、木材加工からすべてそこでできるようになっていた。長い木材も切らずに保管できるように5mもの高さのある建物。スウェーデン製というストーブが木材の屑を燃やしてとても暖かかった。

お目当てはイタリアンヴァージナル。ほかにも出荷を待つチェンバロも少しさわらせてもらって、いずれはこういうの欲しいなぁ。。。と夢見る夢子になる。今月末に我が家方面の某K塾大学に納品するものがあるから、そのついでに運んであげましょう、と言うことで(鍵盤楽器製作者ってどうしてこんなに穏やかで親切なんでしょう、と言うくらい、前回のYさんにしろ、今回のKさんにしろ、いい人!!)自分で埼玉まで運転していく不安から解消された。

さて、風邪をひきつつ訪ねていったものの、帰ってきてからまた発熱。今年2度目!今年は一体どうしたことか!今日は朝から声が出なくなり、レッスンキャンセルの電話だけでも四苦八苦。こういうときメールってありがたい。

HP更新するにも健康な体が必要だということを痛感するこの頃。

ホール練習その2

  • 2005.02.07 [Mon] 21:44
朝から昼過ぎまで3/13『音の小箱』の合わせ。そのあとオルガンのホール練習に直行。1時間練習。鍵盤の重さと響きには少し慣れてきた。フランス語で話しているように弾きたいんだけど。。。本番までにホール練習のチャンスはあと一回だけ。今年の出番は夕方遅くになりそう。

カンフー初体験!

  • 2005.02.05 [Sat] 19:05
今日は神奈川県太極拳フェスティバル。関内の横浜文化体育館にて。

自分が大きな体育館でスポーツ系の大会に参加していること自体不思議な気持ち。午前中は体育館において講習。「簡化24式太極拳」「陳式太極拳」「カンフー」に別れて好きなグループに参加して講習を受けられるというので、迷わず「カンフー」を選んだ。基礎の基礎からはじめて、小学生が教わるという「パンダ級」「ドラゴン級」とも言われるカンフー体操1と2を教わった。まねごとだけだけど結構からだも動かすし、終わった後は爽快だった。

日本では映画の影響で「カンフー」と言われるが、もともとは「クンフー」と言う発音で「工夫する」とか「熟練された」という意味の言葉だということ。ただ力任せに暴れるのとは違うということらしい。また、一般的に広義では武術全般のことを言い、細かく分けるとゆっくりの動作の太極拳に対して動作の速いのがカンフー。

講師の先生(若いお兄さん)の言うには、太極拳をやって「あなたの太極拳は美しいですね」と褒められてもあまりうれしくないらしい。あくまで武術なので「あなたの太極拳はクンフーだ」というほめ方がうれしい、と。しかし、理に叶った動きは実に美しいと思う。きりりと引き締まった動きと流麗な動きを兼ね備えた講師のカンフー、そして剣(つるぎ)の演技では、まさしく美しい「武術」だと感動さえした。

午後は、各地区の演技。私はまだうろ覚えの「総合太極拳」で参加。太極拳も10年続ければ少しは「武術」の域に触れることができるかなぁ。とにかくうまい人のはカッコイイ!!

体感

  • 2005.02.04 [Fri] 18:47
百聞は一見に如かず。と言うけど、百見は一聞に如かず、だった。聞いたというより、弾いて響きと空気の振動を感じたと言うべきだろうけど。一年ぶりのS音大Mホールオルガンでのレッスン。レジストレーションはあんなにたくさんストップがついていたらほとんど何がなんだかわかならい。。。やってもらうがままに音を出して弾いてみたら…ああ、こういう曲だったのね、ではないけど、部屋の楽器ではつかめなかったものがほんの数分でわかる。

昨年はブラームスのコラールを弾いたから音色も音楽も内面的に響いてくるものだった。今回のクレランボーは性格の違う2曲を弾くので哀愁あるナザレ管の響きと迫力の分厚い響きの両方を楽しめる。ペダルもカデンツ2カ所と最後の長い長いオルゲルプンクトのみの曲とあって、ちょっぴり余裕。今日はまだタッチにも響きにも慣れる時間がなかった。次回はちょっとていねいにさらってみよう。楽しみ。

やっぱりあれだけの大きなオルガン、一生のうちに弾いてみられてよかった。まだ10回に満たないけれど、あちこちのいろいろな楽器を弾くチャンスがあればなお嬉しい。

節分

  • 2005.02.03 [Thu] 22:11
明日は立春。今日は季節を分ける日、節分。新しい明日を迎えるための最後の日というわけ。節分と言えば「鬼は外〜!福は内〜!」だけど、群馬県に全国から閉め出された鬼を迎えてくれる町(鬼石町)があるらしい…?どんな町なんだろう??

大阪では恵方巻きといって、太巻きをまるたのまま恵方(今年は西南西)を向いてかぶりつく、という風習がある。私の育った家ではあまりやらなかったが、今年はどこのお店でもやけに太巻きを売り出していた。去年まではそんなに盛り上がっていた記憶はないのだけど…??某コンビニが仕掛け人(店?)だとか。やたらに高いから人数分買うのもアホらしく、今日は自分で巻きずしを作ることにした。みんなでかぶりつく。ほんとは黙って食べ切らなくちゃいけないんだけど、「おいしい」って言いたい、と次女が言うので、はじめの一口だけ黙って食べた。