女性に多い不眠症

September 27 [Sun], 2009, 11:24
不眠症に悩む女性が多い理由を知っていますか?
不眠と女性ホルモンが深い関係にあるからなのです。
女性にとって女性ホルモンはとても大事なもので、
生理・妊娠・出産・更年期など多くの女性が経験することと女性ホルモンは切っても切れない関係です。

なぜ不眠症に女性がなりやすいのでしょうか?
「生理前にどうも寝つきが悪い」「生理中は日中も眠くて仕方がない」
「妊娠初期は眠気が続く」など
ホルモンの状態で眠気が変化することを経験したことがある人もいるでしょう。

生理が原因で不眠などのトラブルになる場合は、生理期間中の数日間だけで、
慢性的ではなく一定期間での不眠です。
しかし、妊娠・出産を経て育児で慢性的な不眠が続くと不眠症になってしまいます。
産後の子育てでは赤ちゃんの世話に追われ、なかなか十分な睡眠時間はとれないと思いますが、赤ちゃんと一緒に横になるなど少しの時間でも休息をとるように心掛けましょう。

40代以降になると女性は更年期障害に悩む方が増えます。
この更年期障害では不眠、眠りが浅いなどの睡眠障害に悩む方も多くいます。
その理由に女性ホルモンの減少が関係しています。
女性ホルモンの分泌が減少すると、体のほてりやのぼせ、汗をかくなどの諸症状が出ます。

このような場合では減少したホルモンを補うホルモン治療が行えます。
ホルモン治療で効果があらわれない場合は、更年期障害ではなく睡眠障害になりますので一度病院を受診してみることをお勧めします。
  • URL:http://yaplog.jp/fumin-kaisyou/archive/2
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:不眠を解消しよう
読者になる
不眠を解消するためのアイデア、不眠の原因について研究しています。
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ