不眠の原因を知ろう

September 30 [Wed], 2009, 16:10
不眠症になる原因はなんなのでしょうか?
不眠症の原因は一過性のものや慢性的なものなどがあります。

まずは一過性の不眠症についてです。
一過性の不眠症には体調が悪い、旅行先などの環境の変化や、ストレス、
緊張、アルコールやカフェインの含まれた飲料の飲みすぎ、
あるいはいびきなどがあります。

これらが原因の不眠症ならば、基本的に数日間で安眠できるようになります。
しかし長期間不眠が続くなら慢性化し原因が解消されない限り
不眠症で苦しむことになります。

次に慢性的な不眠症についてです。
不眠症が慢性化する原因は様々ありますが、ストレスや緊張が長期的に続いたり、
ホルモン状態が変化しバランスが崩れるなど精神的なことや
ホルモンが原因の場合が多いようです。

また慢性的な肩こりや腰痛、頭痛などの不調からも不眠症につながります。

不眠症が原因で様々な体調不調が表れます。
眠れないことで慢性的な疲労感や、精神的にもイライラしたり情緒不安定になったりします。
不眠で体調に影響が出てくるようになると、様々な病気や事故になりかねませんので、
原因を改善しなければなりません。

不眠症を解消するには生活改善と病院での治療とがあります。
生活改善は規則正しい生活を送り、規則正しい食事を摂取することが基本です。
寝室の適切な室温・湿度を保ったり、緊張した体と心をリラックスさせるために
ゆっくり入浴したり、リラックス効果がある音楽を聴くなど工夫してみてください。

なかなか生活改善しても効果があらわれなければ、病院を受診し
医師に相談してみるといいでしょう。
たかが不眠症と思わずに、治療や生活改善することで
安眠を手に入れられるのであれば、原因解消のために
できることを試してみましょう。

女性に多い不眠症

September 27 [Sun], 2009, 11:24
不眠症に悩む女性が多い理由を知っていますか?
不眠と女性ホルモンが深い関係にあるからなのです。
女性にとって女性ホルモンはとても大事なもので、
生理・妊娠・出産・更年期など多くの女性が経験することと女性ホルモンは切っても切れない関係です。

なぜ不眠症に女性がなりやすいのでしょうか?
「生理前にどうも寝つきが悪い」「生理中は日中も眠くて仕方がない」
「妊娠初期は眠気が続く」など
ホルモンの状態で眠気が変化することを経験したことがある人もいるでしょう。

生理が原因で不眠などのトラブルになる場合は、生理期間中の数日間だけで、
慢性的ではなく一定期間での不眠です。
しかし、妊娠・出産を経て育児で慢性的な不眠が続くと不眠症になってしまいます。
産後の子育てでは赤ちゃんの世話に追われ、なかなか十分な睡眠時間はとれないと思いますが、赤ちゃんと一緒に横になるなど少しの時間でも休息をとるように心掛けましょう。

40代以降になると女性は更年期障害に悩む方が増えます。
この更年期障害では不眠、眠りが浅いなどの睡眠障害に悩む方も多くいます。
その理由に女性ホルモンの減少が関係しています。
女性ホルモンの分泌が減少すると、体のほてりやのぼせ、汗をかくなどの諸症状が出ます。

このような場合では減少したホルモンを補うホルモン治療が行えます。
ホルモン治療で効果があらわれない場合は、更年期障害ではなく睡眠障害になりますので一度病院を受診してみることをお勧めします。

不眠を解消しましょう

September 25 [Fri], 2009, 16:33
不眠を解消したい、不眠症気味という方が増えています。
特にここ数年 不眠の悩みを持った人が増加傾向にあるようです。
不眠を解消しないでいると、運転中に事故を起こす。
仕事中に重篤なミスをしてしまう、など非常に大きな問題へ繋がる場合があるので
たかが不眠と思わずに、是非しっかりと解消しましょう。
近年の忙しい現代社会が引き起こした深刻な問題といえるでしょう。

不眠症とはどのような症状をいうのでしょう?
「寝つきが悪い」「夜中何度も目が覚める」「朝早く目が覚め再度寝付けない」
このような症状が慢性的に続いている状態なら不眠症の可能性が高いと言えます。

不眠とは睡眠障害の一つです。
たった数日の間、不眠の症状があったとしてもそれは不眠症とは言わず睡眠不足です。

一般的な理想の睡眠時間は7〜8時間と言われています。
短い睡眠時間でも熟睡でき疲れが取れる人もいれば、
十分な睡眠時間はとっているつもりでも熟睡できず
疲れが残ったまま目覚めがすっきりしない人もいます。
不眠かどうかは睡眠時間ではなく、眠りの質でも判断されます。

熟睡できないことで疲れがとれない、日中体にだるさを感じる、
やる気が出なかったりなど多くの弊害や病気につながってしまうこともあります。

不眠症の人に限って、睡眠前に寝ることを意識してしまう人が多くいます。
意識することで体も脳も緊張状態にあり、余計に眠れなくなってしまうので
リラックスすることが大事です。

寝具をよりリラックスできるものに変える、
カーテンを遮光効果の高いものにする、
ヒーリング音楽で ゆったりとした気持ちになるなど
ちょっとした工夫で不眠が解消されることがあります。

ですが、なかなか解消されない場合は
専門医の診察を受けたほうがよいでしょう。
たかが不眠、と思わずに治療によって解消しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:不眠を解消しよう
読者になる
不眠を解消するためのアイデア、不眠の原因について研究しています。
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ