のんびり中 

April 23 [Wed], 2008, 21:53
なんだか久しぶり。


最近はゆっくり、好きなことを好きなだけしている。
・・・と書くと、なんだか退職後のシニア世代のようだけれど
あいにく私はそうじゃないので、少しだけ罪悪感。
好きなことをしていいよって言われると、とっても悩む。


今日は、草もちを作ってみた。
昨日、妹と
「前におばあちゃんがよもぎで草もち作ってたね」
という話になった。
「でも、どうやって作るんだろう?」
さっぱり覚えていない私。
早速レシピを携帯で探し出す妹。


「よもぎ 30g・・・ってどのくらい?」とか
「テレビでアナウンサーが焼いたもちに少し塩をかけて食べると上手いって言ってた」とか
わぁわぁ言いながら、作り方を読んでいく。


そのなかに、”よもぎは切って”タネに混ぜて”蒸す”とかいう箇所があって
「ばあちゃん、そんなふうに作ってたっけ?」
と二人の妹に聞くと、両方とも
「ううん、すりこぎですってたよ」という話。

(すりこぎ・・・?)

一瞬なんだったっけ?と思うけれど、一応、年長者なので
「それって何?」
なんて、まさか聞けない。

と一瞬のうちに考えてたら、あのゴマするやつだ!
と思い出す。

「すりこぎ〜!あれね、あれ!(汗)」

自分のバカさ加減にちょっとあきれつつ、道具を思い出したら
不思議とおばあちゃんがよもぎもちを作ってた光景が思い出された。
う〜ん、人って・・・記憶って不思議。
(というか、すりこぎって名前くらい覚えとけ!みたいな・・・;)



そんなわけで、午前中はよもぎ狩り。
近くの空き地に行って、青々としてる若いよもぎをたんまり摘んだ。


じぃ・・・っとよもぎを観察していると、これも不思議だなぁと思うんだけれど
緑っていってもいろいろあって、

明るい原色に近い緑とか、澄んだ瑞々しい緑とか
白い産毛が生えてるやつとか、葉っぱが水菜みたいに細くなってるのとか

よもぎにも人間みたいに個性があって、この発見って
きっとバタバタ目を吊り上げながら働いてたころの自分だったら、
「くだらない」とか言って見過ごしてただろうなぁ、と思うと
なんだか今の時間がキラキラして、自分の中に息づいている感じがした。
うん、たぶん、休んでていいんだ。


それで、肝心のもちのほうは
妹にもお母さんにも喜んでもらえたけれど
あまりよもぎの香りがしなくて、少し残念。

妹も私も某アナの言うとおり、焼いてから塩をかけてもちを食べたら
案外おいしかった。

そして、よもぎ30gはどれくらいなのかが分からず、
膨大にとってきてしまった(←バカ;)ので
まだ、作るチャンスは十分!


明日は何しようかな〜








天文台、最後の日 

November 26 [Mon], 2007, 0:47
昨夜は結局3:30に床につき、
眠い目をこすりながらも、
朝の新幹線に間に合って仙台へ。


着いたら、その足で天文台に直行した。
今日で閉館するから、どうしても行っておきたくて。
閉館するのに、行くのは初めて。
初めてだけど、すごく感動した!


プラネタリウムに満天の星が投影された瞬間、息を飲んだ。
こんなに星ってあるんだって思った。


非現実的な雰囲気。だけどそれは実際に存在しているワケで。

なんだか、いろんなことがちっぽけに思えた。



職員の方々が、様々なイベントで説明をしているのだけれど、
どの方も温かみがあって、お話が面白くて、魅力的で優しい。
人柄がにじみ出ているようだった。


最後のプラネタリウムの投影を観て、
映し出された映像と
聞こえてくる音楽とに身を浸していたら
ボロボロ泣けてきた。

ものすごい感動した。
最近のどの音楽会と比較したって
こんなに心を動かされたことってない!



午前の投影だけで帰ろうかと思っていたんだけれど、
気が付いたら21時までいた。

だけどあっという間で、とても満たされた時間。

もう無くなっちゃうんだと思うと、寂しい。


錦ヶ丘にできる、新しい天文台へ行ける日が楽しみ。



ここ数ヶ月 

November 25 [Sun], 2007, 2:29
いろいろあって。


パソコンが壊れたり
(今も故障中だけど)



この前の記事で言ってた何かできそうな予感が形になって
仲間と一緒に、成果物を作ったり
(ちょっと感動した)



親友が何の話もなく突然、関東に引っ越したり
(事後報告で知って、かなりショック。
ショックすぎて怒りそびれた)



調子が悪くて病院へ行ったら、
お医者さんから「過労でうつの傾向がある」と言われたり(苦笑)
(本当に笑うしかない!
薬をもらってドキドキした。飲むまで薬と数分にらめっこ。
薬物依存になったらどうしよう…?←心配しすぎ)



残業が70時間を超す月が2回ほどあって、朦朧としていたり
(この時間、全てを音楽に費やせたらなぁ…)



19日ぶりに休みが取れて
この連休(三日間も!)仙台を離れて上京した!
(今、友人宅。
その子は明日のデートに着ていく服を一生懸命選んでる。
何度も着替えたりして。
アドバイスを求められたけど、私でいいのか…?
とにかく、その一生懸命さがちょっとかわいい。
ただ、私は朝一で仙台行きの新幹線なんだけど…)



休みを取って、決意したのは次の二つ。

@しっかり休んで元気になること

A自然体で気を張らないで生きること


来月は職場のトップ3と面談。
私の時間と生活が守れるよう、
仕事の仕方を検討しよう…!


とりあえず、明日の新幹線に遅刻しませんように。

おやすみなさい。

ここ数日 

September 05 [Wed], 2007, 23:45
いろいろあって。
仕事以外に面白いことができそう。
将来、どう発展していくか楽しみ。
どんどん仲間が集まって
面白いことができそうな予感。



そして日を改めて。


今日は、なんと!
19時に仕事を終わらせて(終わったことにして)
職場の人たちと3人でご飯を食べに行った!


・・・落ち着かない。


だって19時に外にいるなんて、ありえない・・・
そわそわしながらご飯を食べた。
仕事が気になって仕方ない。

ご飯を食べ終えて20時で
「まだ早いね〜」
なんて話をしていたときに、思わず
「あと2時間仕事ができますね」
なんて言ってしまった;


私は悟りました。
もう、どっぷり仕事につかったんだな・・・私・・・って。
ご飯食べてて落ち着かなかった。
気を抜くと仕事のことを考えてしまう。

あれと、これと、それとって。


・・・まぁ無理に早く帰らなくてもいいかな
なんて考えてしまう。


こんな感じだったら9月の定期、どうなるんだろう?
落ち着いて聴けるのか??私!

今から、ドキドキ。(違う意味で)


あの子達の将来が気がかり 

September 01 [Sat], 2007, 0:05
仕事で、高校に行ってきた。
特殊な高校で、専門学校みたいな高校だった。

何をしたかって、講座の開催。
今日は、30分の時間をもらった。
私の前に上司が40分間のワークショップを行った。

今回の生徒たちは、ちょっと手ごわくて
押しても反応が鈍い。

挙手を求めても、手が挙がらない。
返事とあいさつができない。
同じ学校の生徒であっても
友達でない人とは話したくないらしい・・・
そんなケースは初めてだったから戸惑った。


上司と二人で顔を見合わせる。
けれど、前段のワークをした上司の
ファシリテーターとしての手腕に惚れ惚れした。


心を開くのかしら・・・?と最初は不安だったけれど
上司が話をするたびに
どんどん、生徒たちの様子が変わっていく。


最初は手さえあげなかったのに
手を上げ、指名すれば話すようになった。



私の話もきちんと聞いてくれた。
積極的に話す子もいた。
2時間弱の短時間で、なんて進歩だろうと、少し感動。



最初は、こんな子達で大丈夫なんだろうか?
と思ったけれど
私、すごく失礼な考え方だった。

こういう状態になったのは、きっと理由があるわけで
先生は先生で話を聞かないことを叱らなかったのかもしれないし
家庭での問題もあるのだと思う。

最初こそ、面倒くさがっているようだったけれど
あれは面倒くさがっているんじゃなくて
何か諦めにも似た感じなんじゃないのかな?
誰も自分のことを見てくれない、とか
将来への希望とか
どうせ自分は・・・的な思考というか。


義務教育からのキャリア教育が重要って
昨日参加したセミナーで聞いたけれど
あぁ、その通りだと思った。

この子達、ほっといたらいけないって思った。
伸ばすための手さえかければ、きっといくらでも伸びるのに。


私に何ができるかな?
きっと、この子達だけじゃないと思った。
もっと、もっといっぱいいるんじゃないかな?

私に、何ができるだろう?
少し、自問自答。
まだ、答えは出ない。

やりたいこと
やらなきゃいけないこと、たくさん。


消えない、思い出 

August 30 [Thu], 2007, 23:50
本音が出やすい酒の席だった。
昨夜のオクトーバーフェスの2次会で。


誰が言い出したのか、
なんて答えて話が発展したのか分からないけれど



先輩と、二人で泣いた。


同じ問題を抱える者同士で。


まったく事情の分からない人と
その問題の話になって

いろいろ話がこみあって、泣いた。



まさか、先輩が泣くと思わなくて。
いつも明るくて、どんなときも表情が崩れない人だったから
先輩が、思い切り泣いていることに
少しショックで
反面、同じように傷ついていたんだと思った。
どんなに強そうに見えても
心の傷は同じなんだと思った。



もう、昔のことなのに
どうして、自然に泣けてくるんだろう?

悲しいから?

理解者がいて、うれしいのかな?

事情の分からない人に
とやかく言われるのが悔しいのかも?



とにかく
忘れることなんて、できないんだと思った。


いつでも、それはそこにあって
引き出しさえあければ、
いつでも、あの当時の気持ちがよみがえってくる。


「偉かったよ」
「きっと大変だったと思うよ」


私のことを、そう言ってくれて
泣けてきた。


誰も、
あの時は誰も、そんなこと
誰も理解してくれないって思っていた。


夜道を、静かに泣きながら帰った。



きっと
うれしかったんだよね。


もう、泣きたくないって
何度も思った。

でも、共感者の涙なら
悲しんで泣くより、ずっといい。


先輩の一言が、うれしい。



やられてしまった・・・? 

August 28 [Tue], 2007, 23:45
少しの間の気の迷いか、本気になるのか良くわからないけれど
先生のファンになりすぎそうな予感。


私、大丈夫?
うん、仕事はちゃんとやってる。


先生からのメールを心待ちにしている自分がいて

・・・大丈夫か?私??
・・・うん、大丈夫だと思うのだけれど

やられてしまったかも。。。

だって、どんな怖い人かと思ったら
思いっきり優しくて、初対面、ものすごい笑顔で
ものすごく熱心に仕事をする人で
なのに気負ってる感じがなくて
程よい距離感で話ができて、物腰が柔らかくて
講師でいらしているのに、あんなに腰が低い。。。
(「先生」って呼んだら、2度も「”先生”はいいですから」って言われた。)


はぁ・・・・(ため息)

どうしよう。
自分の中で、ファン度が上がってる。
好感度、急上昇。
やばいぞ、私。

生年月日が分からないから歳が分からない!
(プロフィールに載ってないんだもん・・・)
先生に聞きたいけれど・・・聞きにくいよ・・・。ものすごく若く見えるんだもん。
同じ若く見られる人間として言うと、歳って敏感になるのよね・・・


名古屋かぁ・・・。



親戚、集う 

August 26 [Sun], 2007, 23:40
25日の主催事業は、うまくいった・・・!
司会は、ちょっと噛んでしまったところもあったけれど
肝心の中身はばっちりで
(というか、先生のお話のおかげなので
私がそんなことを言うのはちょっとおこがましいけれど)
アンケートの評価はおおむね高くて
無事、終えることができた。

講師の先生をお送りして
全てが終わった瞬間、力が抜けた。
その力が抜けた状態で、みんなに「ありがとう〜!」って言ったら
みんなは笑いながら「お疲れさま」って言ってくれた。
うれしかった。

先生は、今日のためにわざわざ名古屋からいらっしゃった。
24日の前日に仙台入りして、
25日の当日はこちらの指定時間より1時間早く見えた。

そんなわけで、準備の真っ只中だった私は
「え、早い!どうしよう??」と動揺。
でも、職場をご案内して丸く収まる。


先生は優しそうな方で
仕事熱心な様子が話の隙間隙間から感じられた。
(基本的に一生懸命な人が好きな私は、先生のファンになりそう。
・・・名古屋は遠いな・・・)


これからきちんと反省会をしないといけないけれど
とにかく、高い評価をもらえて
無事終了できて良かった。
ちょっと知らない間に成長してるんだなと、
今回のいろいろな場面で実感した。



そして25日は、仕事が終わってから終電で実家へ帰る。

今日は、家族の三回忌。


住職さんのお経を聞いていると
いろいろなことを思い出す。

葬儀のときとはまた別の気持ち。
時がたつにつれて
私が成長するにつれて
考えることも思い出すことも変わってくるのだと思った。


そして、法事は親戚一同が集合する滅多にない機会。

やっぱり滅多に会わない東京の従兄弟と会う。
ヴァイオリン好きの従兄弟にも会う。
(葉加瀬太郎のCDをこれでもかというくらいもらって
今、聴いている♪ありがとう!^^)


こういう席は、会えない人に会えてお話できる。
ただ、少し困ることも・・・。

何が困るって、親戚なのに全員を知らないこと。
特に、向こうはこっちを知っていて
「あら〜、すっかり大きくなったわね〜」
なんて言われると、内心ドキドキする。
「どうもご無沙汰してます〜(笑)」
なんて冷や汗もので返事をするけど、
相手の名前がわからないので、会話ができない。


そういう人がたくさんいて
中でも姉妹で、顔が似ていて、しかも髪型までそっくり・・・
というのは参った。
○○子さんという名前が多くて覚えられない。
(ものすごく失礼な話ですみません・・・)


2〜30人いたんだけれど
顔は知っているけれど、名前が・・・という人が本当に多い。
しかも、どういうつながりがあるのか、さっぱり・・・

全員を知っている母に「あそこで立っている人、誰??」と隠れて聞く私。
(少しずつ覚えます・・・!)
・・・みんなで名札でもつけませんか??
・・・・ダメ?


緊張。 

August 24 [Fri], 2007, 23:54
明日は、初めての担当事業の開催日。

ドキドキしている。


仕事も、いつもと違って
今日の夜から緊張してた。
若干、上の空・・・気味。

この私が、食欲もない・・・!

今日は一生懸命準備した。
明日、いい講座ができるよね。

自分を信じて
みんなを信じて、明日、やってみよう。

大丈夫。

先生、メールでやり取りしているけれど
・・・初対面。
どんな方かしら・・・?

ドキドキ。

でも、それ以上に話が楽しみ。
もっとそれ以上に、参加者の満足度が高くなるかどうかが気がかり。


ちょっと今日頑張って
明日も頑張ろう!

うまくいきますように。
うん、うまくやり遂げる!


頑張れ、自分!



みんな、倹約家だな・・・ 

August 22 [Wed], 2007, 23:55
今日、日経を読んでいたら
20代のお金の使い方みたいな記事があった。

概要は
車を所有する願望が低くなって
さらに
お酒も控えめらしくて
かわりに
貯金に精を出している
というような内容が掲載されていた。

(対象は、確か2000年度と比較して、
東京都の中心部?に在住の20代〜30代が対象
・・・だったと思う。
ただ、この数字にどれくらいの信憑性があるのかということと
地方にこれが当てはまるのかというのは疑問だ。)


みんな、偉いな・・・。

一昔前は、私も貯金をこれでもか!というくらいしていたけれど
クラシックにはまってから、貯金はおざなりになっている・・・

音楽が趣味ってお金がかかる。
チケット代にいくら消えているか・・・(遠い目)


でも今月は仙台フィルの定期がないから、チケットを買っていない。
(そういえば確か明日、特別公演みたいなのがあったと思う。
ただクラシックじゃないから、あまり興味がない)

今月の演奏会は・・・2回しか行ってないな。
今年に入ってワースト2かも。
(ワースト1は確か6月で、1回しか行かなかった。)


仙台フィルが恋しい。
オーケストラの音楽が聴きたい!ホールで・・・。
次はヴェロさんの幻想かな。
今から楽しみ。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fumi
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:宮城県
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる