【 更新情報 】

スポンサード リンク

踏み台昇降のやり方を総まとめ

踏み台昇降はダイエット効果を得るためには欠かせない、体脂肪が燃焼しやすい体作りを
手助けするための方法としては、地味ながらもかなり効果的な運動だといえます。
そんな踏み台昇降のやり方と実践効果を端的にまとめてみました。

1・踏み台昇降の方法と用意する台はどんな物がいいのでしょう?
台の高さは約10cm前後のものでOKです。階段の段差や雑誌等でも代用できますが、
しっかりとステップが踏める台を用意するようにしましょう。
詳細は「踏み台昇降の台の高さはどの位か」をご参照ください。

>>専用の踏み台が通販等でも入手可能です。←詳しくはこちらから!

踏み台昇降のやり方は、用意した台に左右の脚を1歩ずつ踏み出しながら登り、
台の上からまた1歩ずつ後ろに降りる動作を繰り返すだけの簡単なものです。
時間は1日10分でもいいので、継続して実践していくようにするのがコツですよ。


2・踏み台昇降の効果はどの位ダイエットに役立つのでしょうか?
この運動の消費カロリーは有酸素運動の筆頭ともいえるジョギングに比べれば少ないですが
同じ時間だけウォーキングをするよりも遥に優れており、それだけ体脂肪も燃やせます。
自宅でも簡単にできることを考えると、優秀なダイエット方法に分類されるでしょう。

ちなみに、この運動の有用性はNHKのためしてガッテンでも取りあげられました。
同番組ではスローステップ運動と呼ばれていましたが、
やり方はほぼ一緒なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

▲「踏み台昇降の台は慎重に選ぼう」のトップへ

踏み台昇降の台の高さはどの位か

踏み台昇降の台の高さや、どんな台を使えばよいのかで迷われている方が結構いらっしゃいます。
確かにその辺りは個人の体力等で変わってきますから、なるべく慎重に選びたいところですよね。
踏み台昇降運動の台は高さが概ね10cm位がよいといわれていますが、まずはこの高さの段差を
ご自分で難なく上り下りできるかを試してみることから始めてみるとよいかもしれません。
10cmだと自分には少し辛いと感じたのならば、5cm位の高さの踏み台で体を慣らしていきましょう。

ただ、踏み台昇降の台の高さの限界は20cm以下にしておいたほうが無難です。
この運動を続けていると、いずれは現状に物足りなくなって、もっと負荷のかかる方法を
模索するようになるかと思いますが、台の高さを上げ過ぎてしまうと、必要以上に筋肉が鍛えられ
脚が太くなってしまう可能性があります。ダイエット目的の方は要注意ですよ。

ダイエットでなく体を健康にする目的で踏み台昇降運動をしたいという方もいるかと思いますが、
そういった人ほど、必ず自分に適した高さの台を用意するようにしてください。

もしも踏み台昇降の台でどうしても迷われている場合は、通販などで販売されている
高さがある程度自由に調節できるステップ台の購入を検討してみるのもよいでしょう。

▲「踏み台昇降の台は慎重に選ぼう」のトップへ

踏み台昇降でダイエットをしてみよう

踏み台昇降は基礎代謝を向上させ、同時に体脂肪の燃焼も促す、オススメ有酸素運動です。
わかりやすく言えば、ダイエットにもなる健康法といったところでしょうか。

そして、踏み台昇降は台となる物があれば、天気の悪い日でも自宅で実践できたり、
高価なトレーニング用品も不要だったりと、経済的な面でも嬉しい健康法であるといえます。

さて、踏み台昇降がダイエットに役立つのはわかったけど、肝心のやり方はどうやるの?
と、いい加減に痺れを切らせていた方もいることでしょう。
ここではその基本方法を解説していきますので、どうぞご参考にしていってください。

まずは先程も少し触れましたが、踏み台となる物を用意しましょう。これがないと始まりません。
踏み台昇降用の台は高さが10cm〜20cm位の段差があれば、ある程度何でも代用できますが、
できれば高さが自由に調節できて、足場もしっかりとある丈夫な物ほどベストです。

あとは台に左右交互に足をのせていき、また1歩ずつ降りるという動作を繰り返し行うだけです。
踏み台昇降運動でやることはこれだけなのですが、同時に注意点もいくつかお伝えしておきましょう。

まず、踏み台から降りる動作の際は、必ず後方に降りること。
前降りをすると負荷が強く掛かり、膝を痛める危険性があるからです。

もうひとつは、踏み出す足の順番を途中で変えて実践してみること。
より効果的かつバランスよく筋肉を引き締めることができます。

運動時間は一応、1日10分×2〜3セット位を当面の目標にして、
慣れてきたら昇降スピードを上げたり、時間を少し増やすなどして調節していきましょう。

▲「踏み台昇降の台は慎重に選ぼう」のトップへ

踏み台昇降の消費カロリー

踏み台昇降は有酸素運動としても優れた効果が期待できる方法です。
既にご存知の通り、有酸素運動とは体脂肪の燃焼や筋トレなどに効果的な手段であり、
巷の様々なダイエット方法にもこの理論が取り入れられているものが数多くあります。
その中でも踏み台昇降の効果は特に優秀とまでは言いませんが、基本的に場所を選ばず、
誰でも簡単にお金もかけずに実践できる方法となると、これほど良い運動もあまりありません。

では、踏み台昇降の消費カロリーは具体的にどの位なのでしょうか?
体重50kg台の女性が実験で1時間ほど行ったところ、以下のような結果が出ました。

踏み台昇降の消費カロリーは約260kcalだったそうです。

もちろん、アナタが実践した時は年齢や体型などの個人差でバラツキが出てくるかと思われます。
消費カロリーの詳しい計算方法もあるにはあるのですが、正直あまり当てになりません。
ただ、踏み台昇降は有酸素運動の代表ともいえるウォーキングよりも消費カロリーが高く、
ジョギングをするよりは少ないということは、単純にでも覚えておくとよいでしょう。

結論としては、目に見えたダイエット効果が現れるまでに結構時間がかかる方法ですが、
痩せる以外にも多くの健康効果が出てくるのが、この運動方法の最大の特徴です。
焦らずにじっくりと取り組んでいけば、きっとその恩恵を得られるハズですよ。

▲「踏み台昇降の台は慎重に選ぼう」のトップへ

踏み台昇降は効果的なダイエット方法です

踏み台昇降という運動方法のことをご存知の方は多いかもしれませんが、
この運動がダイエットにも非常に効果的な方法であることは知っていましたか?
体力テスト等で踏み台昇降はよく用いられますが、同時にこの運動方法は
優れた有酸素運動をしているのと同じ効果があるのです。

有酸素運動というのは主にジョギングやウォーキングなどがそれに該当します。
ダイエットにはこうした運動が体脂肪を燃やすから効果的だという話をよく聞きますよね。
また、有酸素運動はダイエット効果だけでなく、病気の予防にも役立つ事が証明されています。
つまり、踏み台昇降は効果的なダイエット方法であると同時に健康促進も出来てしまうわけです。

多くの人がダイエットに夢中になる本当の理由は、ただ体重を減らしたいのではなく、
自身の体をより綺麗に見せたい、または健康的に保ちたいからですよね?
踏み台昇降運動の効果は、その目的を叶えるのにとても適している方法だといえます。
やり方も非常に簡単で、自宅でも手軽にできるのが、その最大の理由といってもいいでしょう。

では、踏み台昇降の効果が概ね理解できたところで、次はこの運動での消費カロリーなど、
より具体的なメリットや気になる実践方法を見ていきましょう。

▲「踏み台昇降の台は慎重に選ぼう」のトップへ