フル電動自転車 改造 

April 14 [Sat], 2012, 20:01
フル電動自転車の改造と言えば、
リミッターカットなどが考えられますね。

その前に、まず自転車販売店などでは、
このフル電動自転車の扱いがまだまだグレーなので、
あえて一部を改造して公道で走行できるような形で
販売するところもありますね。

これは、警察の方でも扱いをどうするか
ジャッチが不明瞭な時があったのも1つの原因です。

しかし、大阪で取締りで検挙された例もでたので、
認識的には原動機付き自転車と考えて良さそうです。

ネットで流行して確かに街中でも走行してる人を
見ることがありますよね。

でも、フル電動であれば、法令に従いましょう。
特に見落としがちなのが、方向指示器(ウインカー)やブレーキランプの装着です。

このような法令に従った状態に改造を施さないと違反の対象になります。

改造するときは、くれぐれも気を付けて行いましょう。
あくまでも自己責任になります。

フル電動自転車 免許 

April 13 [Fri], 2012, 21:27
フル電動自転車に免許は必要かどうか?
また、どんな免許が必要か?

これは、条件によって変わります。

製品の分類が、原動機付き自転車(原チャリ)と同様ですので、
公道で走行する場合は当然、免許が必要になります。

また各種法令に従い、

ヘルメットの着用や各種届出、保険の加入などが条件になります。

このように、原チャリと同じ扱いで考えると、
公道以外での走行であれば免許も不必要になりますね。

詳しくは販売店など専門知識を有するところで、
説明をきちんと受ける方が安全ですね。

フル電動自転車 リミッターカット 

April 12 [Thu], 2012, 22:24
フル電動自転車 のリミッターカットは、
自己責任になります。

販売店は、あくまでも販売者責任がるので、
法令に適合した状態で販売する義務があります。

リミッターカットのフル電動自転車の動画などで
興味をそそり、最後に「公道での走行は不可です」
のようなものも見受けられます。

ともあれ、自己責任になることだけは意識しましょう。


フル電動自転車 販売 

April 11 [Wed], 2012, 10:39
フル電動自転車を買うなら・・・

まず、専門知識が無くて便利さを求めているなら、
通常の販売店などで購入することが良いですね。

アシスト自転車との違いや取扱いの注意点など
確認してから購入することが良いからです。

また、フル電動自転車の知識があって、
カスタマイズしたいとか、公道以外で楽しむ用などの
人なら、やっぱりアマゾンなどで安く購入して自分で
組み立てるなども良いかもしれませんね。





16インチフル電動自転車-351accel(フル電動自転車・電気自転車 ・アシスト自転車・電動自転車・Airbike・A−bike・折りたたみ自転車・折り畳み自転車・折畳み自転車・折畳自転車)


P R



livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOキーワード

  • SEOブログパーツ

seo great banner

ブログランキング
ブログランキング