しまゆりがファルシオン

August 11 [Fri], 2017, 8:38
看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均収入なら看護師の方が上なのだそうです。
医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多くいつでも人手を求めている、という事情により、景気に関係なく、収入が安定しているといった大きなメリットがあるといえます。ところが、高給を得られる職業ではありますが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。

看護師は医療ミスになるような行為を行っていない考える人がいらっしゃるかもしれません。



よく医師の手術の医療ミスが話題にあがっていますしね。

ただ、注射や点滴の投与を間違えたりすることもあり、一番悪い場合、訴えられたりすることもあるのが看護師です。

新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、気になるのはその配属先ですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるケースも多いですが、人事を担当する人の考えによって決定に至ることもあります。


望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、そこに配属になる事が多いのです。

ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって決まって体調を崩すようであれば、日勤のみが可能な職場もあります。


注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が少なくなることが多いようです。



将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。
働き甲斐のある看護の仕事ですが、その分だけ悩みも多いと思います。

よく聞くのは交代勤務などで休日が不規則になることです。
カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどのケースが多いようです。
または、昨今の看護師不足の影響から労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。こうした状態を変えたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を考えるのが良いでしょう。話題のマイナビ看護師の求人情報は離職率が低く魅力的な職場を紹介してくれますので、満足のいく転職先をみつけた人が多いようです。
担当のコンサルタントの方も医療知識があって、希望条件の細部までよくわかり、その希望条件と合致した働き口を選んでくれるわけです。将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も少なくありません。能力を磨いておくことで、高収入を得ることも可能です。

看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分で自分にピッタリな職場を検討することは必要でしょう。


内科の外来が適しているという人もいれば、特養が合うと思う人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。病院で働く看護師は、病気を抱えた患者と接する場合が多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いと思います。

また、病院によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを覚えておきましょう。そこそこ昔のことではあるものの、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は世間的に認知されていた節があります。しかし、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。

その給料についてわかりやすい例を挙げると、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯の維持が可能なほどなのです。
今更言わずと知れたことではありますが、かなりの高給を期待できる仕事なのです。

引っ越しで、看護師が転職しなければならない際は、知らない土地で、転職先を探すことは困難を極めます。職場環境をはじめとして、その土地での評判などを一人で全部調べるのは不可能でしょう。

近くの市町村で探す場合でも、自分の期待に合った転職先を探すと、想像したよりも求人情報が少なくて、驚くはずです。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必要不可欠になります。

それが試験の受験資格でもあります。

ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通う人も増えています。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、看護学校の通信課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として皆さんご存知のように、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。



授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。その一方で、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。
看護師の転職情報サイト「看護のお仕事」の魅力的な点は、やっぱり、転職が決まったらゲットできる転職支援金ですよね。



いい条件で転職できる可能性があるのに、かつ、支援金までゲットできるなんて、とてもラッキーですよね。

看護師の転職サイトの中でも人気があるのは、このサービスも理由の一つといえるでしょう。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。



そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、その際に気を付けてさえいれば、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。

最近スマホやPCで閲覧可能となっている転職や求人を看護師に特化したサイトが豊富にあるようですので、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。



医師、そして、看護師。


大きく異なっている点があります。

分かりやすい違いは、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。
他方、看護師の場合は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療の補助をして、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。



看護師が希望の病院、医療機関に転職する際に、重要なのが直接対談、いわゆる面接です。
面談時に頻繁に聞かれる事としては以前の勤務先での仕事の内容、退職した理由、この病院で働いたら、したいことは何か、自分の看護の価値観といったことです。こういった質問にスムーズに回答できるように事前にまとめておく必要があります。



一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職の年収とはいえ大企業と中小企業で変わることから分かるように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。

他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、およそ750万円程度だとみられます。他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると良くない印象となるのかというと、確実にそうであるとは限りません。

自己PRのやり方次第では、経験が豊かで意欲があるといったイメージをつけることもできますね。けれども、働いている年数が短過ぎてしまうと、どうせすぐにやめてしまうと思われる可能性が出てきます。


看護師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、育児との両立を目指す看護師にとって大変な懸念事項となっています。


ある程度の年齢までなら24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。

それでも、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。
そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も多くいるということです。看護師が転職する際に自分が望む条件がイメージできないケースもあるでしょう。そのような場合は、やはり、求人情報の数が多い看護師のための転職サイトを利用した場合が、自分にピッタリな転職先を見つけられるでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sousuke
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fulkvoanberpxa/index1_0.rdf