腹水の症状と溜まる原因≪腹水の漢方温熱治療法≫

May 08 [Fri], 2015, 11:39
腹水とは

腹水とは、腹腔内に溜まった水分のことをいいます。腹部には「腹腔」と呼ばれている腹膜で囲まれた空間があり通常でも少量の腹水が溜まっています。この水分は、お腹の中で腸が動く時に潤滑油の働きをしています。

腹水は腹膜から少しずつ出てきて、再び腹膜から吸収され、通常は一定の量を保っています。ところが何らかの原因で、生じる腹水よりも吸収される腹水の方が少なくなるという状況になると徐々に腹水量は増えてきます。

腹水の貯留は、肺、胃、腸を強く圧迫します。 排尿と排便が止まり呼吸が困難になり体力、免疫を低下させ続けます。癌、肝硬変、腎臓病も怖いのですが、それ以上に、腹水の方が、余命に直結すると言われていますので、
最優先して早急に対処する必要があります。

腹水さえコントロールできれば、延命の可能性もあると長年の経験から私は考えています。




腹水の発症原因について

腹水は、癌、肝硬変、心不全、ネフローゼ症候群、婦人疾患、腹膜疾患、栄養失調などから発症します。その中でも、癌、肝硬変から発症する患者様が殆どです。

腹水の症状ついて

腹部の張り・腹部の痛み・食欲不振・胃の不快感(ムカムカ、嘔吐など)・下痢・便秘・排尿異常・浮腫・倦怠感・腰痛・足先の冷え・脱水症状など


西洋医学での腹水治療

利尿剤

利尿剤は腹水や浮腫の症状を軽減することを目的として処方される。
強制的に水分を排出するため、長期服用で腎臓に強く負担がかかったり、血液中の脱水などが副作用でよく挙げられる。

アルブミン製剤

アルブミン製剤は非常に高価(人由来の製剤なのでいわゆる)であり、その為保険適応内でも使用を制限される。
アルブミン製剤は血中のアルブミンが低いから点滴で流し込んで数値を上げるためのものですが、あくまでも対症療法的な処置でしかない。私たちの提案は、肝臓の機能や栄養状態を高めて、自分の力でアルブミンを増やしやすい環境に整えていくお手伝いを行う。

腹水穿刺・腹水濾過濃縮再静注法

直接腹水を抜く治療法。腹水の状態によっては出来ない場合もある。全ての病院が行っているわけではない。抜くことによってリスクもある。1度に1〜5近く抜く。悪循環な治療法でありデメリットのほうが大きい。




腹水の発症原因・東洋医学での対策方法について

腹水の原因は、大きく2つ分けられます。

「アルブミンの減少」

肝炎の進行で肝硬変になると肝臓の繊維化が進み、肝臓の働きである【蛋白の代謝】というものが一気に低下してしまう。通常、血液中にはアルブミンなどの蛋白質が一定量じゃないといけないが、肝硬変などにより肝臓の働きである「蛋白合成能」が低下してしまうと結果血中の蛋白量(主にアルブミン)が減ってしまう。

では血中のアルブミンが減ってしまうとどうなるのか・・・?
アルブミンには「水分を保持し、血液を正常に循環させるために浸透圧の維持」という働きがございます。ですからアルブミンの量が一定量より減ってしまうことで水分を支える力も低下してしまい、浸透圧のバランスも崩れ、もともと血管内にあった水分が血管の外へと漏れ出してしまいます。この漏れ出した物が「腹水」「胸水」「浮腫」となる。

「体内で起こる炎症」

癌性腹膜炎(腹膜播種)などにより腹膜に炎症が生じる場合、腫瘍表面から滲出した液が腹水となる。また、腹膜レベルでの水分調節に異常をきたし腹水を増加させてしまう。

上記の原因を改善するために下記の対策が必要となります。

アルブミンを増やす

溜まっている腹水は尿として排除する必要があります。そのためにはまず、腹水を血管内に移動させます。そして、血流とともに水は腎臓まで運ばれ腎臓で濾過された後に膀胱に降り、最後に尿となって排泄されます。 この過程の第一段階となる『腹水を血管内に移動させる』際に、十分なアルブミンが必要です。アルブミンは血管外の水分を血管内に引き込んでくれる役割があるのです。

炎症を改善する

腹水が溜まる最も根源的な原因は「炎症」です。 肝硬変においては肝臓内の炎症、癌においては「腹膜の炎症」が存在していますのでこれらの持続的な炎症を抑えることが「腹水がたまらないようにする」ための必須条件です。 尿の出がとてもよい時は、1日に1000〜1800mlの排尿量にもなります。にもかかわらず、お腹が小さくならない、足もむくんだままというのは、根っこの「炎症」が残っているからなのです。炎症が存在する限り腹水は溜まり続けますので、『炎症を改善すること』を優先しなければなりません

血液の循環障害を改善する

癌や肝硬変によって生じる腹水では、ほぼすべての方が『血流の悪化』が生じています。肝臓や腎臓などの臓器内血流の悪化が過度に進んでいることと身体全体(特に足・腹部)の血流が悪化することで、腹水だけでなく足全体がパンパンに浮腫みます。 漢方対策により血流を改善することで、腹水が腹部に留まらず移動しやすくなり、さらに肝臓内の血流改善により「水の漏出」「水の貯留」を防ぎます。 また、腹水排出の為には身体を温めることが重要です。


上記の3点の対策を行うために欠かせない漢方こそ『高麗人参』です。


高麗人参の働きには、栄養状態改善、タンパクの代謝向上、解毒向上作用、抗炎症作用、肝機能・腎機能向上作用、止血作用、血流・水分代謝向上作用、身体を温める作用などの働きもございます。結果、腹水・胸水・浮腫・癌・肝硬変などの疾患によく使われています。その他にも、高麗人参は、抗がん剤、利尿剤、腹水穿刺などの副作用・体力低下予防としても服用していただけます。


高麗人参〈体温〉だけでなく〈血圧〉〈脈拍〉〈体内水分量〉〈血糖〉〈血液の成分〉などを調節し、体内を最適に保つための働きを安定化させているのです。

高麗人参の役目は以下に述べます。(高麗紅参七効説)

1.補気救脱…元気をつけて、脱力感から身体を助ける。慢性疲労の方
2.益血復脈…血を増やし、心臓を元気にする。低血圧、貧血、心臓が弱い方
3.養心安神…心と精神を安定化してくれる。 ストレスや不安症、自律神経失調症
4.生津止渇…体内の水分代謝バランスを安定化、腹水、糖尿病対策に
5.補肺定喘…肺(免疫)を補い、咳を止める。喘息やアレルギーを持った方に
6.健脾止瀉…胃腸を元気にして下痢を止める。 胃腸虚弱な方に
7.拓毒合瘡…解毒力を高めて、皮膚病を治す。 肝機能低下や皮膚病の方に



腹水や浮腫が辛い。病院の治療を行っているが中々腹水・浮腫が改善されない。今までに色々治療・薬・サプリメントを試したが、中々よい結果が出なかったといわれる方は、是非高麗人参を服用されてみてください。


高麗人参は色々な種類がありますが、中には、品質の悪いものを摂取しても効果がなかったり、逆に体に負担を与える場合もございます。服用する際は、品質の良いものを摂取するようお気を付けくださいませ。また、高麗人参は、濃縮エキス、顆粒、カプセル、錠剤などの形状がありますが、効力が良く、吸収率が高いのは、断然、「濃縮エキス(水飴状)」になっていますので、皆様もお試しされる際は、濃縮エキスをお選びください。


高麗人参の口コミ・レビュー

《高麗人参の口コミ・体験談》

★★★★★ by ノンタン (20代 女性) 2015/04/28 18:27:07


最近、元気がない父にプレゼントしました。飲むと疲れが無くなるようです。買ってよかったです。

★★★★ by ノドクロ (40代 男性) 2015/01/20 17:17:58

飲みだして身体が疲れにくくなり、食欲もわいてきています。しばらく続けてみます。

★★★★★ by ノリヘイ (60代 男性)2014/01/08 13:10:33

高麗人参が抗癌剤の副作用予防に良いと東洋医学の先生から教えてもらい試したところ、本当に副作用が少なく、痺れや、食欲不振、脱毛、嘔吐、白血球減少なの不快な症状が殆ど起こりませんでした。これからずっと飲み続けます。

★★★★★ by ミコシ (50代 男性)2013/12/26 12:19:15

飲んでいるととにかく元気と食欲がわいてきます。一生、飲み続けると思います。(^―^)

★★★★★ by ミナッシー (30代 女性) 2013/12/14 15:36:24

祖母から、高麗人参はよいと聞いていたので、飲み続けています。お蔭様で風邪を引かず元気に過ごす事ができています。ありがとうございます。

★★★★★ by 宮田 (60代 女性)2013/12/13 10:36:54

飲むと身体が温もり、食欲がわいてきます。

★★★★ by 山根 (70代 男性)2013/12/10 15:36:30

飲みだして、1週間が経ちますが、尿と便の量が増え、お腹の張りが楽になってきました。お蔭様で、食事も少しずつ摂れる様になってきています。味が飲みにいので蜂蜜と一緒に溶かして飲んでいます。

★★★★★ by ヤマト (50代 男性)2013/12/10 11:33:41

寿参高麗人参液を飲みだし、尿量が増え、下半身のむくみが楽になりました。身体も温もり、一時的ですが元気が出ます。これからも続けたいと思います。



≪参考ページ≫


高品質 六年根高麗人参 正規品販売店
(ジンセノサイド・サポニン含有)




高麗人参の素晴らしき効能効果≪サポニンの力≫


≪関連ページ≫

末期癌、腹水の漢方治療≪温熱で相乗効果を高める≫




腹水、胸水、末期癌患者様には漢方薬と全身放射温熱術の併用が効果的です。

玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ 玉川岩盤浴スーパーマット(全身用)

腹水、胸水、末期がん患者さまが一番に避けなければいけないのが、冷え、低体温です。冷えといっても大半の方が、臓器レベルの冷えを抱えられているため、自分で気づくことはありません。腹水、胸水、末期癌患者様は、身体を冷やしすぎたり、体温が低下すれば血流障害が起こり、免疫力も急激に低下します。結果、病気と闘う力が低下したり、病気の進行が急激に早まります。
腹水・胸水対策は、身体を温めることが重要です。】

身体を温め、血流を向上し、内臓レベルに抱えた冷えを取り除くことで、新陳代謝、免疫が向上していきます。結果、
腹水・胸水の排出促進、漢方の抗腫瘍効果を高めていきます。

今までの多くの腹水・癌患者様のお話を聞かせて頂きましたが、大半の方が冷え・低体温対策で全身温熱術法(ホルミシス鉱石温熱マット)を使用います。



全身放射温熱術は、漢方薬との併用により、「相乗効果」が高まりは、冷え、低体温の改善以外にも、血流向上、免疫力向上、体力増強、解毒、消化器系強化などの働きを向上していきます。
(※全身放射温熱術は、抗癌剤と併用されている方も多く見受けられました。)

病院の治療や多くの健康食品、サプリメントなどを試したが良い結果が出ない、体力・免疫・栄養状態が極端に低下している、また、腹水・胸水・末期がんの方には特にお勧めの対策と思います。是非、漢方薬又は、抗がん剤などと【全身放射温熱術(遠赤外線鉱石温熱マット)】の併用をお試しください。


放射温熱術(遠赤外線マット)についてはこちらが参考になると思います。
温熱療法の効果の効果につきましてはこちらが参考になると思います。



腹水、癌、肝硬変でお悩みの方!高麗人参と一緒に、田七人参末を併用されてみては如何でしょうか?



高麗人参も、田七人参も単品で服用しても効力が高い商品なのですが、併用することにより「相乗効果」が生まれ、作用、(身体を温めるなど)効果が高くなります。

中国では早くから【田七人参】を漢方製剤の主成分として腎臓病・肝臓病・癌・腹水・胸水・高脂血症・脳血管障害・高血圧症・糖尿病・心疾患・前立腺肥大などの臨床治療に使用されていましたが、日本においても【田七人参】を服用なさっている方々が近年増加しています。
それは田七人参により「血液の質を改善(サラサラ)」「体内の不要な熱を排除(抗炎症)」などが期待されるからなのです。
田七人参の「腫れ・痛みや出血を鎮める働き」や「血液をサラサラにする働き」「免疫力を高める働き」は各種慢性疾患・生活習慣病には不可欠な要素となっています。



田七人参の素晴らしき効能と通販情報





鉱石温熱シート

腹水 温熱 腹水 漢方 腹水 自然排出 腹水 癌 腹水 肝硬変 腹水 身体を温める 腹水穿刺 腹水 アルブミン製剤 胸水 温熱 胸水 漢方 胸水 自然排出 胸水 癌 胸水 肝硬変 胸水 身体を温める 胸水穿刺 胸水 胸膜癒着術

末期癌と自宅でできる全身用温熱シート【温熱法】

April 02 [Thu], 2015, 12:50
末期癌と温熱療法

私自身、今まで数多くの末期癌患者様、腹水患者様のご相談を受けてきた中で、最も多くの方がされている治療が「温熱療法」だと感じました。確かに、温熱療法は、「幅広い効果(免疫向上、血流改善、解毒作用)」+「抗がん剤などのように、身体に負担を与えにくい」という点から、末期癌、腹水患者様のように体力が低下している方にはおすすめの治療の1つと思います。

【夏こそ温熱療法】

夏場でも体内に強い冷え(臓器レベルの冷え)を抱えている方は数多くいらっしゃいます。そんな方には、この夏こそ温熱療法です。

温熱療法の後も気温が高い今は冷え症などに有効な温熱療法の効果を保持しやすい季節です。実は、温熱療法は、冬よりも夏場の方が効果的とも言われています。この夏こそ温熱療法で冬に備えてみませんか?




≪温熱療法とは≫

癌組織は正常組織に比べ熱に弱いことが世界の科学者によって証明されています。癌組織は42.5℃以上の温度で死滅すると言われています。

癌は、身体の表面から深い臓器に至るまでほとんどの組織にできる病気です。温水などの普通の加温では、所定の温度(42.5℃以上)に高めることは不可能ですが、高周波エネルギーを巧みに利用することによって加温が可能です。

また、高周波をがん組織と正常組織に同時に加えても正常組織は血管が拡張して血流が増え、放熱しやすいが、がん組織はほとんど血管の拡張が無く、血流が少ないため、蓄熱しやすく、正常組織に比べ高い温度が保てます。 この特性に着目し、生まれた治療法こそが温熱療法です。


温熱療法は、主にカラダの冷えを取り去って血行を良くし、体内にたまった老廃物を外に排出する療法です。
老廃物が排出されれば血液がきれいになり、細胞に新鮮な栄養や酸素を送ることが出来ます。そのようなカラダを本来のあるべき健康な状態に戻す(自己治癒力を高める)治療こそ温熱療法なのです。



≪温熱療法は、様々な治療と併用することにより相乗効果が高まり、副作用を軽減することができると言われています。≫


全身抗がん剤との併用

・温熱で腫瘍内の抗がん剤取り込みを促します。
・がん組織内の薬剤の滞留時間の延長。
・抗がん剤の殺細胞効果を増強します。
・抗がん剤の薬剤耐性(薬が効かなくなってくる)を抑えます。
・全身投与の際に起こる抗がん剤の副作用(嘔気や食欲不振など)の軽減を図ります。


免疫療法との併用

・免疫療法と温熱療法は相性がとても良いです。温度を上げることで免疫細胞が活発に動き、免疫機能が強化され、その上免疫細胞が攻撃対象の癌細胞を見つけやすくなるので一層の治療効果を期待することがでると言われています。


高濃度ビタミンC療法との併用

・抗がん剤のような働きが期待できる高濃度ビタミンC療法は、抗がん剤の全身投与時の副作用を抑える働きもあり、温熱療法と併用する事で一層の効果が期待できると言われています。


温熱療法の新しい展開

温熱療法は、加温による作用を利用する。 「一般に熱が出るのは、免疫系がウイルスなどと闘うスイッチをオンにするサインですが、そうした状況を外部からの加熱により局所に作ってやろうという考え方です」

そのメカニズムは、42.5度以上にがん細胞が温まると、がんは弱って死にやすくなるという性質を利用する。局所的な加温でがん細胞を弱らせ、それと同時に免疫系を活性化させる。通常人間の体は、入浴などで外部から加温しても、体の深部まで42〜43度に上がることはない。「腫瘍部分は直接的な加温で、血流もよくなり、抗がん剤の取り込みもよくなります。種類によっては標準的な治療をしていても、劇的に抗がん剤の効果が高まり、半分ほどの量でも標準量を使うのと同じ効果が得られるんです」 抗がん剤の副作用に苦しまれている方などには朗報でもある。骨髄抑制などの副作用も起きにくく、周辺組織でも免疫力が高くなるという。

かつて、京都大学でこの治療装置が開発されたときには、放射線治療の増感装置としての働きが期待されたというが、現在では免疫反応を局所でオンにすることと、血流を良くすることで抗がん剤の取り込みに寄与する、という二つの概念が大きくクローズアップされているという。 「分子標的薬剤や新しい抗がん剤の出現ともあいまって、がん治療の世界では温熱療法を併用することがほかのいろいろな治療法の効果を増感することになります」

≪参考ページ≫

腹水・末期癌の漢方対策+自宅で行う≪全身温熱法≫

がん治療への新しい視点|免疫細胞療法|温熱療法




≪温熱療法の素晴らしき効果≫



白血球を活性化して免疫力アップ

血液やリンパ液のなかに流れている白血球は、異物や病原菌、ウィルス、ガン細胞などを見つけて退治する免疫細胞です。全ての病気は免疫力の低下によって引き起こされているといっても過言ではなく、病気の予防、治療、再発防止には免疫力の増強は欠かせません。血行が良いと、白血球の流れも活発になり、免疫機能を素早く発揮することができます。また、白血球自体も39℃以上あると活発化するので、つまり、血流を良くしカラダを温めることは、免疫機能の活性化に直結していると言えます。

カラダの冷えを取る

カラダが冷えた状態になると、血行が悪くなり、体内での化学反応(新陳代謝)が行われにくくなります。その結果、内臓の機能が低下し、老廃物がたまり、病気になりやすくなります。温熱療法は、体内に熱を入れて行くいことにより、冷えて動きの悪い部分でも血流が良くなります。そして細胞が活発に動くようになり、内臓も正常に機能するようになります。


こりをほぐして血流改善

血流が悪いと血液はよどみ、そこに老廃物や有害物質が滞留してきます。温熱療法では、末端の毛細血管を拡張し、血流を良くします。血流が良くなると、それに伴いリンパ液や神経の流れもよくなります。つまり全身の循環が良くなり、カラダのホメオスタシス(恒常性)が保たれるようになります。


体細胞を活性化させる

血流が良くなると、細胞の新陳代謝を促す赤血球の動きも円滑になり、60兆個の体細胞も活性化します。


ホルモンバランスを整える

視床下部、脳下垂体、甲状腺、副腎などを温めることで、内分泌機能を正常化し、ホルモンバランスを整えます。


発汗作用で老廃物を排泄する

注熱で血行がよくなると、淀んでいた老廃物や有害物質が血流に乗って体内を流れるようになります。それを外に出すために水分を十分に補給し、温熱ドームベッドで汗をかき、汗と共に老廃物を排泄していきます。


遠赤外線の有害物質除去作用

重金属、環境ホルモン、ウィルス、カビ、皮脂などの汚れは脂肪に溶けて毛穴の奥にある皮脂線にたまります。温熱療法で使用する遠赤外線は、皮脂線に作用して皮脂の分泌を促進し、そこに蓄積している有害物質、汚れを皮脂と一緒に排泄する働きがあります。


以上の7つが温熱療法がもつ主な作用と言われています。




ここからは、自宅でできる全身用温熱シート(温熱法)についてお話をさせていただきます。

玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ 玉川岩盤浴スーパーマット(全身用)

最近では加工技術が進歩し、全身用温熱シート(温熱法)などを自宅で手軽に天然遠赤外線鉱石が持つ温熱が利用できるようになってきました。

家庭用の全身用温熱シート(温熱法)(がん湯治で有名な玉川温泉と同じ鉱石などを心材に使用)は、手軽な遠赤外線温熱療法としての有用性が医療関係者のあいだでも注目されています。

自宅で手軽にできる為、取り入れやすい対策法の1つと思います。
自分の好きな時間に、温熱法を行うことが出来たり、通院をすることが困難な方などには特にお勧めの対策法と思います。


全身用温熱シートについて

全身用温熱シートには、遠赤外線による温熱効果があります。

遠赤外線は、熱線の赤外線の中で一番波長の良い電磁波の一種です。長い電磁波なので、体内の深部まで熱が到達することが利点です。この遠赤外線温熱作用によって、熱が表面ではなく深部の体の芯に到達するので、無駄な汗をかくことなく、冷えている体温をじっくりと体の芯から温めていきます。

「冷え」は体の大敵です。「冷え」は、体の芯から、元からじっくりと温めなければ解消できません。遠赤外線の温熱は、表面よりも放射を吸収した内部から加熱され、体の芯から、体全体をじっくり時間をかけながら温めてくれるので、「冷え」の解消が大きく期待できます。

人は体温が1℃上がると基礎代謝が10%以上上がり、免疫力も上昇するといわれています。遠赤外線温熱で基礎代謝が上がり、免疫力が上昇することによって、自然治癒力の高まりも期待できます。

あんかや電気毛布などの温熱器具は、外側から温めるので、汗が出たり、低温やけどをするデメリットがありますが、遠赤外線での温熱は、体の芯からゆっくりと自然に体に作用するので、長時間使用しても安心・安全で、副作用やデメリットのない寝具の一部としての使用に適しています。

人は体温が低ければ、免疫を支える細胞や酵素は上手く機能せず、冷えている部分があればその部分の代謝が落ち、重要な栄養素や老廃物を運ぶ血の流れも悪くなります。

免疫力や治癒力の促進をするためにも、遠赤外線温熱による体温の上昇や冷えの解消がおすすめです。

全身用温熱シートは、ゆっくりと時間をかけて安全に、遠赤外線温熱放射と、微量の低放射線(ホルミシス効果)の相乗放射によって、体に効果的に作用することを期待できます。


玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ 玉川岩盤浴スーパーマット(全身用)

全身用温熱シートのご購入について


全身用温熱シートは多くのな製造会社から製品化されていますが、高いもので40万円以上もするのに実際にはほとんど必要のない機能がついている場合があります。確かに性能的には良い製品もあるのですが、けして「安い」とはとても言えません。

こちらの全身用温熱シートは、良質な岩盤浴で知られている秋田県の玉川温泉を自宅で体感できる全身用温熱シートです。ホルミシス鉱石加工芯材を用いたシートで、全体から遠赤外線による鉱石温熱作用が得られます。
自宅でできる全身用温熱療法のアイテムとしてとくにお奨めのタイプです。

他の商品に比べれば、安価な製品ですが、機能は少なくても熱伝導力が比較的高く、性能的にもすぐれた商品といわれています。安価の理由は「流通経路」にあるようですが、「宣伝をかけていない」という大きな理由もあるようです。

どんなに機能がたくさんあっても全身用温熱シートに本当に必要なのは、機能よりも“熱伝導力効果”の方ではないでしょうか。


全身用温熱シート(温熱法)は、下記の正規品取扱店より入手が可能です。


いまならリンク先の販売店にて、格安価格で入手が可能のようです。現在庫限りとのことで、在庫が不足する可能性もあるので早めが良いかもです。


遠赤鉱石シート詳細
(玉川北投石配合)



遠赤外線鉱石温熱敷パット&掛布団セットの詳細
(玉川北投石配合・全身用)




玉川岩盤浴マイナスイオン遠赤シリーズ 玉川岩盤浴 敷パッド&掛け布団セット ベージュ無地
※ただし、全身用温熱シート(温熱法)は、医療用で無い為、あくまでも補助的な利用が必須です。

ですので、癌患者さまであれば、病院薬、健康食品、サプリメント、漢方薬などと併用されている方が多いようですね。


以上、ご参考になればと思います。
皆様の健康を心より、願っております。





抗癌剤の副作用を軽減する方法≪全身放射温熱術≫