【 更新情報 】

スポンサード リンク

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターは公的な資格



福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所が1999年5月にスタートさせた新しい検定資格です。在宅で暮らす高齢者や、障害者にとって安全で快適な住環境整備を、福祉・医療サービスや建築、保健などの幅広い専門的知識を活かして、コーディネートするのが仕事であるため、ソーシャルワーカーやケアマネジャー、建築関係者などとの連携が必須となるので、医療、保健、福祉といったソフト面と、住宅改修や福祉用具といったハード面の高い知識、情報収集能力が求められる資格です。
そして、具体的なバリアフリー住宅の新築や住宅改修プランを作成します。
そのほか、介護用品や福祉用具、家具などの選択や利用方法についてアドバイスをしたり、依頼者の経済的な状況や身体状況などを考慮して、福祉・保健サービスなどの情報提供なども行います。

福祉住環境コーディネーターには1〜3級があります。福祉住環境コーディネーター3級はいわば入門編といえるでしょう。福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識について理解していれば問題がないと思われます。福祉住環境コーディネーター2級になると、より幅広い知識、理解を持ち、各専門職と連携して具体的な解決策を提案をする必要性がでてきますので、それらを行える能力が求められます。実際に、福祉環境コーディネーターとして仕事をしていく上では、2級以上のレベルが必要となるでしょう。2003年度には、さらに上級の1級検定も実施されるようになりました。

福祉住環境コーディネーターの需要へ

福祉住環境コーディネーターの需要

福祉住環境コーディネーターの需要はどうなのか?



福祉住環境コーディネーターは今後ますます必要になる



福祉住環境コーディネーターが必要になる理由は、日本人のの平均寿命は、男女共に世界一の水準であり、日本は本格的な高齢者社会を迎えているのは周知の事実ですが、日本式の住宅は、高齢者や障害者にとって不都合な点が多く、高齢者による住宅内での事故は年々増加傾向にあるという問題があるからです。
福祉住環境コーディネーターが新しくバリアフリー住宅を建てたり、住み慣れた住宅をバリアフリー化するなどして、高齢者や障害者が安全に自立した生活をおくれるように、またその介護する側の負担を軽減できるようにする事が求められてくるのは当然の結果でしょう。それができるのが、福祉住環境コーディネーターなのです。

そこで、より良い住まい作りに向け、依頼者と建築関係者や福祉・医療関係者などの専門家との橋渡し役・まとめ役として、建築、福祉・医療、保健面で幅広い専門的知識を持った人間がどうしても必要です。それが、福祉住環境コーディネーターというわけです。

バリアフリー住宅や在宅介護の増加により、住宅関係など様々な分野で資格取得者の需要は今後も高まっていくのは間違いないでしょう。

福祉住環境コーディネーターの仕事へ

福祉住環境コーディネーターの仕事

福祉住環境コーディネーターの仕事



福祉住環境コーディネーターの仕事はますます広がっています



福祉住環境コーディネーターの主な仕事は、バリアフリー住宅の新築やリフォームをしたいという顧客の相談にお答えするため、ケアマネジャーから状況を確認したり、工務店にこうやって欲しいという指示を出したりといったコーディネートをすることと、車いす、介護ベッドなどの福祉用具や介護機器、家具選択と使い方の指導を行うことです。
更に、福祉住環境コーディネーターの仕事の幅を広げるために、2001年1月には厚生労働省より、介護保険を使って住宅改修費の助成を受ける時に必要になる理由書の作成を、ケアマネジャー、作業療法士だけではなく、2級取得の福祉住環境コーディネーターにも認めるという許可がおりました。 バリアフリー化のためにこんなリフォームが必要になります。そのために介護保険を使わせてください、という理由書を書くという権利を、福祉住環境コーディネーターも手に入れたということです。ますます、福祉住環境コーディネーターの活躍する場が広がっています。

福祉住環境コーディネーターの受験資格へ

福祉住環境コーディネーターの受験資格

福祉住環境コーディネーターは誰でも所得できるの



福祉住環境コーディネーターには受験資格に制限はありません



福祉住環境コーディネーターの受験資格制限がないため、幅広い分野の人たちが受験できるようになっています。東京商工会議所が公表している第6回検定の受験者の情報では、受験者は10代から80歳代とあらゆる年齢層にわたっていることが分かります。また、職業も、建築、医療や福祉サービス、設計、そして学生や専業主婦など、実にさまざまであり、誰でも受験ができるようになっているのです。

 ホームヘルパーや介護福祉士、建築士、ケアマネジャーを既にお持ちの方が、さらに専門性の幅を広げるために福祉住環境コーディネーターの資格取得のために受験しているケースも多くなっています。
この場合で、特に多いのがホームヘルパーをお持ちの方が受験されているのが現状で、2001年第6回試験では、3級では受験者総数約39000名中約6700名(17.2%)、2級では総数約35000名中約5500名(15.7%)が、ホームヘルパー有資格者でした。

そうは言っても、専門性の高い人たちばかりが受験しているわけではないのでご心配なく。3級では約39000名中約2300名、2級では約35000名中約1700名の専業主婦が、大学や専門学校の学生も3級、2級それぞれで約6000名、約2400名が受験しています(第6回試験)。

これまでに実施された8回の福祉住環境コーディネーター検定で、3級(過去8回実施)の合格率は44〜65%。2級(過去6回実施)は15〜36%という合格率。福祉住環境コーディネーター3級はテキストでの自習で合格できると思われますが、福祉住環境コーディネーター2級はセミナーでの講習、通信教育などを受けた方がいいと思われます。

ですが、結構講師の当たり外れがあるようなので、福祉住環境コーディネーターの資格を持っている講師の講座を選ぶという必要があります。

 また、基本的に福祉住環境コーディネーターの試験問題はすべて東京商工会議所発行のテキストから出題されるので、テキストを繰り返し読む、福祉機器などは実物にさわって確かめるといった地道な努力が必要となるでしょう。過去の福祉住環境コーディネーター合格者たちの勉強期間は、だいたい1ヶ月〜1ヶ月半と言われています。
さあ、チャレンジしてみませんか?

福祉住環境コーディネーターとは?