GUILTY GEAR XX/Revue 

2004年07月14日(水) 9時58分
<製作・監督>Sammy
<発売>2002年
<ハード>PS2.etc
<ジャンル>2D対戦格闘アクション

<概要>1998年に発売されたPSオリジナルの格闘ゲームシリーズの続編。存在感のあるキャラクターと多彩なシステムで様々な人達の根強い人気を獲得した。

<レビュー>まず目を引くのがグラフィックである。最近の2D格闘ゲーの中で、郡を抜いている。他の格ゲー(K○F.etc)とは比べ物にならないといえる。

「テンションゲージシステム」という独自のシステムをつかっている。
このシステムは、ダッシュや攻撃など積極的な行動をするとゲージが増え、バックステップやバックジャンプなど消極的な行動を続けるとゲージが減るというもの。
 テンションゲージを使うとことで、覚醒必殺技(いわゆる超必殺技)、フォルトレスディフェンス(削りを防止するガード)、デッドアングルアタック(ガード状態からの反撃)、ロマンキャンセル(攻撃の強制キャンセル)といった、プレイヤーに有利な攻撃、防御の手段が使用できる。

また、その他のシステムとしては、ガトリングコンビネーション(通常技のチェーンコンボ)、一撃必殺技、サイクバースト(本作から採用のシステム。瞬時に無敵状態になり、相手を吹き飛ばすもの。)
 これらにより、一方的な攻めに対して切り返すことが出来る。

基本的には、ロマンキャンセルなどによって、「攻め」に重点が置かれたゲームであると思う。キャラによってはワンコンボで6割〜へったりすることも・・・。

その他の魅力としては、個性あるキャラクター(これはかなり重要!個人的にファウスト、スレイヤーが◎w)そして音楽(特にエレキサウンドがカッコイイ!!)も良い。

初心者には少し難易度は高いかもしれない。

格ゲー好きならやってみるべし。


<伏龍的評価>★★★★★★★☆☆☆(7/10)

METAL GEAR SOLID(INTEGRAL)/Revue 

2004年07月14日(水) 9時56分
<製作・監督>KONAMI・小島秀夫
<発売>1999年
<ハード>PS
<ジャンル>TACTICAL ESPIONAGE ACTION

<概要>今までのアクションゲームと違い、敵に見つからないように施設に潜入して任務を行うといった独特のシステムのゲーム。MSXの「メタルギア」シリーズの続編。

<レビュー>
様々な名作を生み出してきたKONAMI。
中でも小島監督作品はシステム、演出など様々な面で優れていると思う。
本作品も映画を見ているかのようなストーリー展開、ゲーム性など、どれをとってもすばらしい作品である。

 ビジュアル面では、マップは寒色を全体につかい、極寒のアラスカをイメージさせる。またそれが緊張感をアップしてくれる。
また、キャラクターに表情がないといわれるが、それを補うほどのゲノム兵などの人間くさい動き、これによって現実感が沸いてくるし、緊迫感の中にも笑える要素がはいっているのだと思う。

難易度は比較的高めだが、ダンボールに隠れて移動したり、敵兵の背中にC4をつけたりと遊びもあり、様々なヒトが楽しめるゲームだろう。

インテグラルではそれまでのシリーズと同様に、たくさんのミッションを楽しめるVRディスクがあり、さらに楽しめる。

今からでもやる価値あり(リメイク版:メタルギアソリッド ツインスネークがGCより発売予定)

<伏龍的評価>★★★★★★★★★☆(9/10)

F STYLE 新規オープン 

2004年07月14日(水) 9時51分
マイプロフィールで日記をblogに移行したので
yaplogにてブログを再びオープンしました♪

ここでは、ゲームレビューメインで(+麻雀、競馬など)情報を発信していきます。
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fukuryu_law
読者になる
Yapme!一覧
読者になる