会社の仕事で、デスクワークや立ち仕事でむくむ人必見 

2016年01月20日(水) 17時40分
立ち仕事やデスクワークをしていると、夕方会社帰りには、足やふくらはぎがむくんで、パンパンになってしまって、靴やブーツが入らなくなってしまいますよね。

仕事帰りの足やふくらはぎのむくみを解消するために、美脚モデルも実践している方法をご存知ですか?

モデルもあなたと同じように、立ち仕事の後はふくらはぎがむくんでいるんですが、実は簡単にできて、効果的な方法を実践することで、むくみを解消しているんです。


足やふくらはぎがむくむ原因って

立ち仕事やデスクワークをしていると、夕方仕事帰りの時間になるとむくんでしまうのはなぜでしょうか?

そもそも、むくみは体の余分な水分が吸収されずに滞ってしまっている状態です。

体に必要な水分は常に供給と吸収を繰り返して体の中を循環しています。
体中の細胞に、酸素や栄養分を届けるために、水分は不可欠な存在なんですね。

そして、酸素や栄養分を届け終えたら、二酸化炭素や老廃物と一緒に余分な水分も静脈やリンパを通って吸収され、心臓に戻ってきます。

心臓から遠くなるほど、戻ってくるのに時間もエネルギーも必要なので、ちょっとした体の不調や、血流が滞ることで、余分な水分が吸収されにくくなってしまうんですね。

特にふくらはぎは、心臓から遠いので、一旦滞留した血液やリンパが戻るのも大変です。

しかも立ち仕事や長時間のデスクワークをしていると、水分は下へ下へと移動しやすいので、ふくらはぎがむくんでしまうんです。


足やふくらはぎのむくみの解消に効果的な方法

ふくらはぎは、第2の心臓だっていう言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

運動をしたり、歩いたりすることで、ふくらはぎを使ってあげると、ふくらはぎがポンプの働きをして、心臓を助けてくれます。

これで、血流やリンパの流れをよくして、足やふくらはぎのむくみを解消することにつながるんですね。

運動以外にも、食事で塩分を控えたり、アルコールを控えたりすることでむくみにくい身体をつくっていくこともおすすめですね。


でも、そうはいっても忙しかったり、仕事の都合で仕事が不規則になってしまうことも多いと思います。

どうしても仕事や家庭を優先してしまって、体のケアは後回しにしてしまいますよね。


そんな、頑張っているあなたにおすすめなのが、美脚モデルも実践している、むくみの改善方法なんです。

美脚モデルと言われている女性も、仕事や家庭を優先してしまって、体のケアに使える時間はやっぱり短いんですが、とっても上手に時間を使って、効果的なケアをしているんです。

ポイントはとってもシンプルです。

・今日のむくみは今日解消してしまう。

・ながら時間を使って、リラックスタイムを有効活用


この2点だけです。

これなら簡単なので、忙しい人にも実践できそうですね。


さてさてどんなむくみ解消方法を実践しているかっていうと

1.お風呂上りのリラックスタイムを上手に使って、足を気持よくマッサージして、心も体もリフレッシュ

ふくらはぎのむくみは、水分が滞ってしまっている状態です。

運動や食事で解消する方法もありますが、その日のむくみをその日に解消するのがモデル流。

即効性のあるのはやっぱりマッサージですね。

特に体が十分に温まっていて、血流も良くなっているお風呂上りにマッサージするのが効果的。

お風呂上がりのリラックスタイムを上手に活用して、テレビを見ながらとか、音楽を聴きながら足を中心にマッサージしてあげましょう。

マッサージの順番は、心臓から遠いところから順番に、そして、優しく気持ちいい感覚を大切にしてくださいね。

1.足の指と指の間をしっかり開いて、丁寧にマッサージ。
足の指をほぐしてあげるのが、むくみ解消に大切です。足の指を上下、左右に広げて、一本一本をマッサージしてあげましょう。


2.足の裏のマッサージは、足の付け根を曲げて、足でグーするイメージ
足の裏のマッサージは、仕事で使っていない足の筋肉をほぐしてあげる感じです。
足の付け根を手で持って、グイッと曲げて、足全体でじゃんけんのグーをする感じで数回曲げ伸ばしをしましょう。


3.かかとをぐいぐいっともみほぐしてあげる
かかとも意外に疲れています。固まったままだと血流やリンパの流れを滞らせてむくみの原因になります。

親指で、しっかりぐいぐいっと押してあげて、しっかりほぐしてあげてくださいね・


4.ふくらはぎは力を入れて、しかも気持ちいいぐらいの力加減で
ふくらはぎは、片足づつ、両手を使ってマッサージしましょう。
両手の親指をふくらはぎに、残りの指をすね側に持ってきて、足首から膝に向かって滑らせるようにマッサージしていきます。

力を入れ過ぎるのはかえって逆効果だし、気持ちよくないですよね。

自分で力を加減しながら、痛気持ちいいぐらいの力加減で、下から上へ、老廃物やいらない水分を流してあげるようにマッサージしましょう。


5.ひざ裏もしっかり押して
ひざ裏もマッサージでしっかりほぐしてあげたい場所です。
ふくらはぎのマッサージでひざまで来たら、ひざ裏に親指をぐいっと入れて、硬くなっていたらほぐしてあげましょうね。


6.太ももは、手でつかむようなイメージで。
太ももは、ふくらはぎよりも太いので、手でお肉を掴むようにマッサージするのが効果的です。
片足づつ、左右の手で、太ももの両側のお肉を掴むようにして、ひざ側からだんだんと上に向けてつかみマッサージをしていきましょう。

そして、最後は優しく全体をなでるように、足首から太ももの付け根に向かって、マッサージです。

これなら、テレビを見ながらでもできますよね。



マッサージするときに大切なポイントがもう一つあります。

効果的にマッサージするときに欠かせないのが、マッサージオイルです。

お風呂上がりのお肌を何もつけないままマッサージしていると、手との摩擦でお肌を傷つけてしまいます。

お肌が赤くなってしまったり、かゆみが出たりするので、マッサージオイルは必ず使いましょうね。


私のおすすめは、天然100%のエッセンシャルオイルを配合した「ナチュラルアロママッサージオイル」です。

アロマの優しい香りは、リラックス効果もあって、マッサージをさらに効果的にしてくれますよ。

実際に使ってみた人の感想で一番多かったのが、つけてもさらっとしていて、とっても気持ちいい、そして、オイルを塗った瞬間からぽかぽかしてきたっていうコメントです。

リラックスタイムのマッサージに最適だって感じています。

今ならマッサージのやり方がわかる小冊子が特典でもらえるので、全身のマッサージの仕方も確認しながらできますね。

全額返金保証で、購入後の期間に関わらず、返金の際の振込手数料も負担してくれるんです。

自分に合うかどうかをちょっと試してみたい人も気軽にお試しできますね。

詳しくは下の画像をクリックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



ナチュラルアロママッサージオイル