初めての書き込み

April 02 [Wed], 2014, 20:23
初めての書き込みです。私は、今年70歳になるシニアです。現在の仕事

のメインは、孫の子育て支援です。


現在、私は69歳、家内は66歳の熟年カップルです。でも、これまで全

てがうまくいったという訳ではありません。二人とも、病気もちで、力を

合わせて、孫の育児支援に取り組んでいます。簡単に言うと、二人で

協力して、やっと一人前なのです。


私は心臓に病があり、病院で、カテーテル手術を受け、真ん中の冠状

動脈には、ステントが五本も入っています。 薬物療法、食事療法、

運動療法の三本の柱にすがって、やっと生きているのが現状です。


家内も50歳頃に癌の手術を受け、今も血糖値が高く、糖質制限ダイ

エットに取り組んでいます。二人してプールに通うようになったのも、

ごく最近のこと。もちろん、どちらかが倒れたら、孫の支援どころでは

なくなるという、切羽詰まった状況です。


長くなりましたが、このブログを俳諧日誌としたわけは、あと20年生き

て、孫の生育を見守りたいと思ったからです。それには、どうしても、

心身が健康でなければならい。


私の定年は65歳で、おまけが2年ついて、68歳の時にリタイア。

そして2年がたって、間もなく70歳です。仕事を辞めて、すぐにやり

たかったPCの勉強に、新宿の学校に通ったのですが、そこで、初めて

自分の限界を思い知りました。加齢による、心身のリミットです。体も

ダメ、頭もダメというダブルパンチを食らいました。


限界を知って、初めてその克服の道を考えました。若いころ詩勉強を

やったことがある。だから、シニアの友人の一人に誘われて、ウエブで

の句会に参加しました。今から7年前のことです。もちろん、俳句はそう

簡単にはいきません。いくつか雑誌もとってみました。入門書も読んで

みましたが、簡単ではありませんでした。まだ、初学の段階で、作品を

雑誌や新聞に投稿する段階ではないのは、よくわかっています。


それでも、今はネットの時代ですので、歳時記も、俳句結社の記事も、

インターネットを通して簡単に読むことができる。だから、学びながら、

作品作りに挑戦しようと軽く考えました。


70の手習いというわけです。同じ趣味を持つシニアのみなさんとコミュ

ニケーションを取れれば、望外の幸せです。


平成26年3月吉日

福治郎
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fjk
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fukujirou/index1_0.rdf