コンテンツ内の評価について / 2013年08月25日(日)
「タイトルに中有力するキーワードをいれればそれでOKだね!」
という考えは持たないでください。
あくまでも記事のタイトルですので、記事もタイトルに沿った内容が求められます。

今のgoogleの検索エンジン(通報:アルゴリズム)はテキストの内容まで把握し、キーワードとまっちしているのかも探し当てます。

ですので、適当に記事を書くと、逆に
「タイトルと内容がマッチしていない質の低いコンテンツ」
と評価とされてしまい、検索上位にくる可能性が低くなります。

「テキスト数もこれだけ書けば十分だろ」という判断はなく、競合より質のよい状態なコンテンツが上位にくる傾向があります。

検索結果上位に表示されるサイトをアルツールで分析すると
マッチした文章公正になっており、テキスト量にして2,000文字付近。


それい以上でももしろん良いのですが、コンテンツとしてまとめる技術が必要になってきます。
 
   
Posted at 22:28 / アクセスアップ / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!