復縁の冷却期間はどれくらいが正解?実はいらない?

October 31 [Mon], 2016, 12:59
元彼に振られてしまい、何とかよりを戻すことはできないものか?とチャンスをうかがっていたものの、下手に連絡するのはまずいと思い、寂しい思いをぐっとこらえてチャンスをうかがっていました。

けれども、忘れられるんじゃないか?という恐怖と不安でいてもたってもいられなくなり、自分が自分でなくなってしまうような感覚があったんですが、そんな私でも復縁を成功させることができました。



どうやったら復縁を認めてもらえるのか?冷却期間ってどのくらいおけばよいの?復縁のやり方についてとことん研究をした結果、彼とよりを戻すことができました。

ピンチを乗り越えたおかげで、結果的に溝が埋まるだけじゃなくて以前よりも二人のきずなが強くなった実感があるんですが、私がどうやって復縁をかなえたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。


■冷却期間の過ごし方

冷却期間はどのくらいおけばよいのかというと、ケースバイケースです。1ヶ月とか2週間で済む場合もあれば数か月かかることもあります。

自分の場合、どのくらいの期間を置くのがベストなのかというと、判断基準が1つあります。それは、復縁できる自信が持てるくらいに自分磨きを済ませた段階です。



冷却期間とはそもそも、単に連絡をしない期間なんかじゃないんです。相手の知らないところで、復縁に向けて準備を整える期間なんです。

相手がパートナーに望んでいることや、どんな将来を思い描いているのか?などなど、そういったことを徹底的に調べ、相手の期待を上回るような姿に成長する期間なんです。



■探偵事務所の役割

冷却期間は自分磨きにめどがついた時点で終了となるものの、ただ、だらだらと時間を使ってしまったら、相手の中であなたの印象がどんどん薄れてしまいます。

あなたへの愛情が完全に冷めてしまう前に行動をすべきなので、冷却期間は1日でも1時間でも早く終えるのがベストです。



探偵事務所は有料で復縁サービスをしているわけですが、彼らが実際にやっていることは、要するに時間の短縮です。情報収集など手間のかかる作業を代わりにやってくれて、よりスムーズに復縁が進むようにバックアップしてくれるんです。

復縁はあくまでも、相手に再評価してもらえるようになる必要があります。小手先の心理テクニックみたいなものを使って相手の気持ちをだましても、遅かれ早かれまた別れの危機が訪れるだけです。



■復縁成功のプロセス

復縁を成功させるには、相手の期待に120%以上答えるなど、いくつかの条件を順番通りにクリアーして行きます。どのタイミングで何をすれば良いのか?実は復縁のノウハウは確立されているんです。

私が復縁することができたのも、探偵事務所が作成した復縁マニュアルにそのまま従って行動したからです。自分勝手な行動を控えて、復縁するために必要なことにだけ集中して取り組んでいたら、自然と距離が縮まっていったんです。



ただ最初は、私も使いこなせるか確信が持てなかったし、マニュアルなんかで本当に復縁ができるのか?と不安があったものの、返金保証がついていたので、それを当てに使ってみることにしました。

結果的にマニュアルとセットになっていたメールサポートに随分と助けてもらうことができ、マニュアルがなかったら復縁なんて絶対にできなかったと思います。



おかげさまで、冷却期間を含めてやく3か月ほどで復縁をかなえることができました。もし、マニュアルがなかったら、今頃もまだ、失恋のショックを引きずっていたかもしれません。

私のもとに最愛の彼を呼び戻してくれた復縁マニュアルがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、中身を確かめてみるなら今のうちですよ。
↓↓↓








復縁失敗にありがちなパターン

October 31 [Mon], 2016, 12:59
小澤康二さんの復縁マニュアルには、復縁を阻む失敗例(タブー)についても紹介されています。どれも、知識がなければついやってしまいそうなことばかりです。
たとえば、冷却期間を無視して、自分の気持ちの思うがままに相手に連絡したり会いに行ってしまうのも、復縁の可能性を下げるタブーとなります。

相手が通るであろう道で待ち伏せても相手の印象を下げるだけだし、友達を使って復縁をほのめかしてもらうのも「なんて汚い手を使うんだ!」と相手の機嫌を損ねるだけです。
復縁は小手先の行動で上手くいくものではありません。二人の関係をゼロから見直すレベルからスタートさせることが、遠回りに見えて実は復縁の近道になるんです。

嫌われてしまった場合でも復縁できる小澤康二さんとは?

October 31 [Mon], 2016, 12:53
小澤康二さんとは復縁成功率約90%を誇る復縁専門の探偵です。10年以上のキャリアがあり、これまでに手掛けてきた復縁案件は9000件近くにもなります。
キャリアもサービス内容も間違いなく日本トップレベルなんですが、小澤康二さんのノウハウを使っても復縁できなかった10%の人たちも、ある共通点があるんです。

状況的に復縁が困難になったというよりは、復縁を途中であきらめてしまった人たちが大半なんです。裏を返せば、あなたが復縁をあきらめない限り可能性は決してゼロにはならないんです。
遠距離恋愛で音信不通になってしまったとしても、可能性は残されています。やるべきことをコツコツこなしていくと、復縁の可能性はいくらでも高めることができるんです。