嫌いなコンビニ店員 

March 12 [Mon], 2012, 18:57
8月頃からいつも利用しているコンビニに、おばさん店員が入った。朝、いつもそこで煙草とコーヒーを買う。
マールボロを下さい、というと、いつも、3歳児に問い返すように「うん?」と聞き返す。
「うん?」
客に向かっていう態度かよ、それが。
あんまり社会にも出ないまま結婚して家庭に入って、子供も少し大きくなったからアルバイトして家計を助けてる、みたいな感じの人なんだろうな。
うんざりしながらも、
「タバコのマールボロをください」
ともう一度言う。
それが毎朝続く。
タバコを入れたケースの前にたってうろうろ。
「何番?」
と聞く。「78番」と答える。それもまたいつものこと。
自分としてはずいぶん我慢していたつもりだが、あちらは「なじみのお客さんと触れ合っているあたし」くらいに思っていたのかもな。
ある朝、ついに俺は言った。
「うん?って問い返すの不愉快だからやめてください。今まで指摘されたことがないんですか?」
きょとんとしているおばさん。
きょとんとしながらも、やだー、この人、なんかフキゲーンと思ったのか、
「あ、はーい」
と言いつつ、「何番?」
と聞いてきた。
「あの、敬語を使えない理由があるのでしょうか?客だからって威張るつもりはありませんが、べつに友達でもないのに、その言い方は失礼だと思いませんか?せめて、お手数ですが何番が教えていただけますか?くらいは言えないものでしょうか。そもそも、あなたは物を売ってお金をもらっているわけです。これはあなたの仕事ですよね?あなた、この仕事についてもう一月以上たちますよね?どの商品がどこにあるかくらいは踏まえておくべきではありませんか?客に聞いて、客を煩わせるのは接客の仕事をしているなら恥ずかしいことですよ。その程度の意識は持ってもらえませんか?」
そこまで言うと、おばさん、泣きそうな顔になっていた。と言うか、涙目になっていた。
15歳の少女?
もちろんコンビニのアルバイト店員なんて低賃金、超一流のサービスを期待しているわけじゃない。
でも、この程度のことって過剰な要求なの?
「ご、ごめん、なさい」
そこで泣くこと自体、俺に負荷を押し付けてるから。でもそんなことを言ってもこのおばさんには理解できないだろうな。
店の教育が悪い、って切り捨てれば簡単だけど、そんな人でも使わないとやっていけないんだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kana
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる