福留修蔵が紹介する、少年漫画会の偉人「尾田栄一郎」 

April 20 [Wed], 2016, 16:40
皆さま、どうも、こんにちは(^_^)本日もいかがお過ごしでいらっしゃいますか・・・・?
このブログの管理人をしている「福留修蔵」というものです。
父の影響で各界の「偉人」に興味を持ち、休みの日には関連書籍や資料を読み、インターネットを使って色々と調べるのが至福の時間になりました。
そこで知った数々の「偉人」を紹介したいと思い、このブログを書いています。
さて、前回はテレビアニメ制作に影響を与えた漫画家、手塚治虫さんをご紹介しましたが、今回は今現在子供から大人まで圧倒的な人気を誇る「ONE PEACE」の作者、尾田栄一郎さんをご紹介していきたいと思います。
私、福留修蔵も友人に勧められて単行本を読んだのが始まりですが、今では毎週アニメを見るほどすっかりこのONE PEACEの虜になってしまいました。
知らない方のために、簡単に内容を説明しますと、海賊となった少年ルフィがひとつなぎの大秘宝=ワンピースを巡って冒険するというものです。
そのために、仲間たちとの友情や旅の途中に立ちはだかる困難、戦い、感動などその旅は大人も引き込まれるほど魅了する作品となっているのです。
尾田栄一郎さんは4歳の時には漫画家になると決めていたそうで、中学2年の頃にはジャンプに海賊の漫画を描こうと決めていたそうです。
今では80巻を超えるほどの単行本が出版されており、ギネスにも認定されています。
この漫画を描くにあたり、尾田栄一郎さんは「楽しめる」と言うところを基本とされているため、大人から子供まですんなりと頭に入り、その世界観に引き込まれていくのだと思います。
芸能界でもONE PEACEファンの方はたくさんいますが、その気持ちはとても分かります。
ONE PEACEを描き上げた時、彼は日本を代表する漫画界の偉人になっていることでしょう。
まだ読んだことのない人は、一度アニメからでも是非見てほしいものです。
では、また福留修蔵目線で様々な「偉人」をご紹介していきますね!