毛利元就を中心とする安芸・毛利一族を探求します。同時に、元就研究家・福原雅俊の独自の史観から世相を斬る。そして、天衣無縫の旅遊記・映画・文芸評論・作品集。

2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール
青春18切符2005(その3) (2005年09月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fukubara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«Z軸 愛地球博 | Main | 小児糖尿病»
高野連、黙祷を迫害す / 2005年08月06日(土)
8/6、高校野球の開会式が、原爆投下時刻に重なった。広島県代表・高揚東が全国の参加校に黙祷を提案しようとしたが、高野連がこれを迫害したそうである。理由は、原爆投下は広島ローカルな事件だからだそうだ。
ただただ呆れてモノが言えない。一発の爆弾が、二十数万の人間を死に至らしめた。これは人類史上、類まれな異様な事件であった。
ニューヨークで3500人ほどの犠牲者を出したテロが、アフガンやイラクの無政府状態につながる戦争を引き起こした。
その後も、尼崎で百人余りの人がデタラメな運転の犠牲になったり、ロンドンで五十名ほどがテロの犠牲になったりといった事で、人類は衝撃を受けている。
しかし、人類史上、一瞬の閃光が二十数万の人命を消滅させた、という事件とは比べ物にならないスケールだ。
これが広島ローカルな事件とは、日本人として聞き捨てならぬ妄言である。

 
Posted at 21:39 / Y軸 広島県 / この記事のURL
コメント(0)

 
Powered by yaplog!