毛利元就を中心とする安芸・毛利一族を探求します。同時に、元就研究家・福原雅俊の独自の史観から世相を斬る。そして、天衣無縫の旅遊記・映画・文芸評論・作品集。

2005年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール
青春18切符2005(その3) (2005年09月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fukubara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 高野連、黙祷を迫害す | Main | 次世紀ファーム研究所(中) »
次世紀ファーム研究所(下) / 2005年07月24日(日)
今回の事件で最も深刻なのは、

@母親が、この医学的事実を正面から受け止め理解することができていなかった事。医者は素人にも解るように噛み砕いて説明したと推測できる。母親は、娘の生死に関わる事実が、どうして頭に入らなかったのだろうか。また、その時、父親は、全く無関心に傍観していたのか。

A悪徳商法といえども、糖尿病に対する自社製品の薬効を標榜する商人が、小児糖尿病に関する知識を持っていなかった。薬事法違反うんぬん以前の勉強不足と言わざるを得ない。そこにこそ悪徳商人の悪徳商人たる本質を追求すべきではないのか。

B報道する側の姿勢もおかしい。「重い小児性の糖尿病」という表現は誤解を招く。「軽い小児性の糖尿病」ならインスリン療法は不要とでもいうのか。実は幼少期に通常の糖尿病を発症する可能性は皆無ではないが、「小児性の糖尿病」をわずらっている場合、99%は、通常の糖尿病とは異なる「小児糖尿病」である。その病状に重いも軽いもなく、その病気であれば、インスリン療法が不可欠である。またインスリン療法が行われていれば、血糖コントロール状態の良い、悪いはあるが、合併症の発病や急性の低血糖状態を除いて、普通の生活が可能であり、「重い」という表現には当たらない。

上記のどの側面を見ても、明らかなことは、「小児糖尿病」という難病(かつ奇病)が存在し、通常の糖尿病とは性質も治療法も異なるという事実が、社会全般に知られていない事に問題があるのである。もし社会的に認知されていれば、今回の事件は起こり得なかったのである。

もう少し掘り下げると、知られていないなりに折りに触れ啓蒙されるべきなのに、一見わかったような病名であるため、誤解されやすい事、これも不幸の遠因となっており、小児糖尿病に関する病名自体、見直しが必要ではないか。





Posted at 09:04 / 小児糖尿病 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
http://yaplog.jp/fukubara/archive/8
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

   
Powered by yaplog!