毛利元就を中心とする安芸・毛利一族を探求します。同時に、元就研究家・福原雅俊の独自の史観から世相を斬る。そして、天衣無縫の旅遊記・映画・文芸評論・作品集。

2005年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール
青春18切符2005(その3) (2005年09月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fukubara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
Main | 青春18切符2005(その2) »
青春18切符2005(その3) / 2005年09月04日(日)
元和3年(1617)、小笠原忠真(ただざね)が信州松本より明石に国替えとなり、現在の明石城より南西約1qの所にあった船上(ふなげ)城に入ったことから明石藩が生まれた。

現在の明石城は、元和4年(1618)徳川二代将軍秀忠が、西国諸藩に対する備えとして、藩主忠真に新城の築城を命じたことに始まる。秀忠は姫路城主であった本多忠政の指導を受けるよう命じ、 3か所の築城候補地を挙げ、現在の地が選ばれた。幕府は普請費用として銀一千貫目(時価およそ31億円)を与え、 3名の普請奉行を派遣している。

駅から東入口をやりすごし、お堀に沿って東の丸入口へ向う。お堀は、草が生い茂り、鳥が遊ぶ。

階段を上ると右手に「明石市立文化博物館」がある。心惹かれながら、余り長居もできないと思い、やり過ごす。

東の丸の手前に薬研堀がある。


東の丸から、二の丸・本丸・天守台へと連なる。

石垣の普請は元和5年(1619)の正月に始められ、工事は町人請負で行われたとされる。本丸、二の丸等の城郭中心の石垣、三の丸の石垣、土塁、及び周辺の堀の普請が同年8月中旬に終わり、幕府より派遣の普請奉行は、その任を終え江戸に帰参している。幕府直営工事は、本丸・二の丸・三の丸までで、その他の郭の石垣・土塁工事は、幕府と小笠原氏の共同工事で行われている。

麓から二の丸へ登城路があり、二の丸の門に達したところから巽櫓を正面に望むことができる。この日、巽櫓は無料開放され、地元の郷土史研究家と思しきボランティア老人が説明してくれる。 櫓の格子窓からの景色もさることながら、吹き来る風が気持ちいい。天然の冷房室だ。阪神大震災の時、石垣がはらんだりしたので土台から積みなおし、この櫓も傷んだ柱は交換したようである。その古い柱が床に無造作に置かれている。これが元和のオリジナルかと思われる。

Posted at 18:28 / Z軸 愛地球博 / この記事のURL
コメント(1)
この記事のURL
http://yaplog.jp/fukubara/archive/14
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/opehome/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/opehome/?mode=edit&title=%90%C2%8Ft18%90%D8%95%842005%81i%82%BB%82%CC3%81j%2D%88%C0%8C%7C%81E%96%D1%97%98%88%EA%91%B0%83u%83%8D%83O&address=http%3A%2F%2Fyaplog%2Ejp%2Ffukubara%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/opehome/?mail

Posted by:みんなのプロフィール
at 2005年09月05日(月) 00:25

   
Powered by yaplog!