たたかう着付け教室。 

March 10 [Fri], 2006, 18:55
 いまさら、着付け教室に通ってます。

なぜいまさら、なのかというと、これ迄ほとんど独学で着てたから。
そして堂々と外出どころか、友人の披露宴にも
ばっちし訪問着で出席してたから。
もともと、布を体に巻いて、紐で固定するだけの着付けは、
初心者が本を見ながらでもできるものですが、
福蘭もいいオトナなので、自分で気づかないだけの着崩れや
みっともない格好で出かけるのは、いい加減恥ずかしいよね、
と思ってしまい、
今のうちに、きちんと学んでおきたいと思ってしまったのです。。。

二重太鼓(帯の結び方)がキレイにできるようになるまで、がんばるぞー。

初釜でおなかいっぱいA 

February 01 [Wed], 2006, 23:03

一月のある晴れた日。
初めてのまともな年初のお茶会(初釜)に参加した福蘭は、
はじめは緊張したものの、
基本的に責任のナイお客の立場と、
おいしい生菓子に気をとられて、
すっかりリラックス〜

やがて今日のメイン、濃茶の時間がやってきました。



濃茶は、ひとつの器に練られたお茶を、
複数の人数で味わう、お茶会のメインともいえるもの。

お教室の先輩のK姫(福蘭より年下で、福蘭の数倍しっかり者さん)
がしずしずとピンクのお振袖で登場。
かわいいよぅと、思わず立場を忘れて喜ぶ福蘭。

(この時点で、カメラを持ち込んでいなかったことを後悔するも、
時すでに遅し。。。。)






茶室へのお道具の運び方も、
初心者から見たら、ちんぷんかんぷん
袱紗のさばき方も、流れるようにこなし、K姫のお点前は、
まさにそのもの
チェックの厳しいはずの、お客様の間からは、ため息。
(・・・あのレベルまでは何年かかるのかと、福蘭も心の中で、ため息




その後には、各人に器がいきわたる薄茶のお手前。
お客様のために選びぬかれた
本日のお道具の拝見、その他もろもろが済、
お客様は別室へ
先輩たちとはお茶室で合流。

ちょっぴり皆でハイになって、小さい声でお疲れ様〜言い合って。
少しお方付けをした後は、やっとほんとのメイン
懐石料理のお時間です。


初釜でおなかいっぱい@ 

January 30 [Mon], 2006, 6:58
「うぐいすなきて、やまがしずか」と、読むそうです



去年からはじめたお茶の先生のお宅での、
初釜に参加してきました。
初釜とは、新年最初に行われるお茶事のことです。
ひとつの器に練られた抹茶を皆でまわし飲む濃茶(と、生菓子)
一人ひとりに器がいきわたる薄茶(と、干菓子)

そしておいしいご飯(と、お酒




今回、お手前をされる先輩たちと違って、
お客様に混じって、座っているだけの福蘭は、
お気楽そのもの


なにせもう何度も経験されてる先輩たちのお話によると、
皆でくつろぐために、ご飯は茶事の後で、
毎年、お料理上手の先生の心尽くしの懐石料理
た~くさん出てくるそうでっ


「…食べることしか考えてないでしょ?」とは、パートナーの言。
(ええ、そのとおりですとも)



とはいえ、ほんとに何もしないわけにもいかないので
つくばいといって、お客様が手を洗う、水場をお掃除したり、
炭手前のための灰を振るいにかけたり、
たくさんの茶碗やお棗(お茶の粉を入れておく器)を出したり、
事前の準備だけはばっちりお手伝い。



パートナーに買ってもらったお着物にいそいそと着替えて、

先輩のU野さんに新春らしくかわいい形に帯を締めてもらって、
(U野さんありがとうございます




いざ、初釜



さー食べるぞお〜(参加する姿勢として大間違い)



12人の優しい日本人 

January 16 [Mon], 2006, 23:18
三谷幸喜さんの舞台、「12人の優しい日本人」を見てきました

大阪は梅田のシアタードラマシティの前の円形看板です。

はっ、大好きな鈴木砂羽ちゃんが写ってないし〜

着物でおでかけ☆ 

January 16 [Mon], 2006, 6:51
今日はお天気も良く、デート日和。

夕べのうちに用意していたお着物を着て、パートナーとお出かけです。



昨年10月にオープンしたばかりの大阪名所
NU茶屋町の混雑もそろそろ緩和された頃なので、
お昼ごはんはこちらの中にある、
浪速ご馳走ビュッフェ「芋と大根」さんででいただきました。


和風のお惣菜と、おでん、スープなどが
ホカホカの湯気を立てておいしそう
出汁のきいた玉子焼きは
常に焼き立てをオーダーできるシステム。


デザートも、てんこ盛り。
フルーツや、紫いもの羊羹や白玉小豆のほかに、
ソフトクリームの機械もあったので、
器さえあれば、和風のパフェとか自作できそうでした
今夜のお食事はいらないくらいにたくさん食べて、
満足満足

お着物だもの。 

January 14 [Sat], 2006, 23:55
お気に入りの小紋ちゃんです。
もちろんお財布をいためたのはこのひと



画像がまたもやぼけてますが…。



ドット柄の青地に丸々したピンクとミドリの椿っぽいお花が
に着るのにはぴったり
赤い道行コートとあわせて、短期間にヘビロテしてるので、そろそろ
これを買ったお店にお洗濯をお願いしないと。



はじめて見たときは、「色もきついし、おかしな柄だなあ」と
思ったのですが、ためしに羽織ってみたらかわいくて
新品ではなく、ユーズドでお値段も手頃だったので、
買ってもらっちゃいました



普段は白やピンク、パステルカラーが好きなので、
(っていうか華やかな色だと負けちゃうんです

ファッションもどちらかというと淡い色あいが多い福蘭ですが、
お着物はびっくりする色でも結構はまるから不思議。
上に乗っている濃〜いオレンジの名古屋帯も、
ずいぶん使いまわしています。



明日は、これを着て、パートナーと観劇デートの予定
大好きな三谷幸喜さんの舞台なので、楽しみで楽しみで
今日は早くお風呂入って休もうっと。

お誕生日プレゼント☆ 

January 09 [Mon], 2006, 20:13
パートナーからの誕生日プレのお着物&帯です

梅田の百貨店にて一目惚れ惚れ〜


画像だと色が浅いけど、パールがかったクリーム色で好みど真ん中〜

本当は、某ティファニーで指輪を買ってもらう予定だったんだけど




つい、




着物店の奥に入っていっちゃったら、

このコに出会ってしまったのです〜
あわせて買った袋帯は、盛夏以外はあわせられる季節のお花
たーくさん描いてあって、これも一目惚れ




これは運命


(お莫迦)

ごちそうがいっぱい♪ 

January 08 [Sun], 2006, 23:37
1月8日は福蘭のお誕生日でした〜一年に一回なのでおリボンつけちゃうよっパートナーご贔屓のお店さんに作っていだだきました。いっぱいで激ウマでした
(定休日だったのに無理言ってすみません





福蘭のお誕生日…
それは何でもわがままをきいててもらえる日
(勿論パートナーに)






今日は料理上手なくせに、なかなかやってくれない、
日ごろ「男子厨房に立つべからず」
を実践しているパートナーが、
バースディディナーを作るために
台所に立ってくれる日






福蘭は今日の家事は基本的にせず、
(朝ごはんに鴨そば作ったけど)
遊ぼうと昼寝しようとOKというスンバらしい日が今日
事実お昼はこたつで
雑誌読みながらうとうとしていました。




時々台所から何かぶつぶつ独り言言ってるのが聞こえる気がするけど(笑)




ま、気にしないでいいや




冬のバックちゃんたち A 

January 06 [Fri], 2006, 23:02


冬に大活躍してくれた、ちびバックちゃんをご紹介


左上から4℃のツイードバック 
コーセーのクリスマスコフレポーチ
真ん中がジル・スチュアートコスメのポーチ
左下神戸で購入した紫のバラのバック 
 アナスタシアのクリスマスコフレバック


とりあえずこの5つをとっかえひっかえ使っていました。
(ちなみに白ふわバックについているのは、4℃のベロアリボンちゃん)



下段の紫のバラバックと、
アナスタシアの横長ビーズバックは
お着物のときに活躍してくれました
サテン地のバックって、和装に結構合うんですよね。

これ持って梅田あたりをのこのこ歩いていると、
年配の女性に「かわいいわね(バックが)」と
何度かお声をかけていただけました(*^^*)




全部のバックの共通点は、上部の開口部分が広く、
見た目より多くの小物を入れやすいこと
かわいいだけでなく実用性も大事なのは、
と一緒かも。




そういや結構
パートナーにおねだりしたものが多い…。


ごめんね、こんなカノジョで反省なし)

お正月だよ山のぼらー 

January 02 [Mon], 2006, 23:17
元旦に、
奈良県の松尾山松尾寺におまいりしてきました




いつもなら近所の神社で済ませるところを、
こんな遠くまでやってきたのは
パートナーがなんと厄年だから。

こんなにカワイイのに(笑)42ちゃい
                                ちなみにおとめ座AB型



こちらの松尾寺は日本で最古の厄除寺で有名なところらしく、
関西はおろか北陸、関東からおまいりに来る方も多いのだとか。




パンフレットには、
修行のためにも徒歩で御参詣ください
とあるのですが、
福蘭着物だし、大人だし、お正月だし、
迷わず駅前に一台だけ止まっていたタクシーを利用しました。
最初のうちは快調

ところが、山のふもとに来るとものすごい大渋滞。
仕方なく下車し、がんばって歩き始めたのですが
……


P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる