ホモ漫画 飛びます飛びます♪ 

2004年10月23日(土) 2時19分

クリックして下さいませ<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

・ホモ漫画サイト立ち上げまで 最新記事←クリック!

よろしくお願いしま〜す(*^_^*)!

※一部18禁表現あり。18歳未満の方の閲覧はご遠慮くださいね〜<(_ _)><(_ _)>

ホモ漫画 学ランのラン 

2004年10月16日(土) 20時24分

世に学ラン好きは多いだろうけど、
私も、学生服と言ったら学ラン!です。

漫画で、制服描くなら殆ど学ラン。

まず、色が黒というのがいい。
黒は、派手で粋な色であると、故・桂文治さんも申しておりました。

若い肉体を黒い布で包む…。

いや、別に、リアルの学生を見て、学ラン姿萌え〜なんて
ならないけどねっ(^_^;)!
私にとっては、どちらかと言うと架空世界のアイテムみたい。

昔、学ランが制服という女子高の漫画を描いた。
前のブログに記述した「天下御免!大江戸学園女絵巻」ね。
(タイトルからして今となっては恥ずかしい…)
その漫画で、学ランに身を包むうら若き女の子たちについて
友人の一人から「学ランはないだろう、痛々しい」
というコメントを貰ったことがある(苦笑)

私としては、ただもう
「美的感覚が違うなあ」って感じ(^^;ゞポリポリ

体育祭で、学ランを着てタスキをかけ応援する女子生徒達を、
私は通常のスカート姿より、三割り増しに美しく見えたものだったが…。
変かしら?男装の麗人好きだから?

ましてや、架空世界の凛々しい美女たちなら
(いや、カワイコちゃんでも)、
学ラン姿はそれこそ忌まわしいほど美しいのだ…
(私が忌まわしいとかツッコミはなし)。

私ワールドの学生服は、生地はあんなゴワゴワしたものじゃなくて、
もっと良い生地を使用してるという設定。
そして、個人的に金色が好きじゃないので、
学ランのボタンは銀で統一している。
これで、私ワールドの学生服は完璧な美なのだ〜。


ところで、学ランのランは阿蘭陀の蘭らしい。
蘭服→学生が着るから学蘭。

よかったよ。
学ランのランはランニングのランとかだったら、
ちとショックじゃない?

学ランのランの意味は?

ホモ漫画 またまた打ち合わせ 

2004年10月16日(土) 4時21分

漫画のネーム(絵コンテ)は、
トレイシーも私も、ほぼ出来上がり、
10月の打ち合わせにて、お互いの原稿を読み合いした。
(まだ先は長いぞい…)

「男大奥○秘物語」の濡れ場を読んでる最中、
トレイシーは、
「行け〜上様!行け〜っ!!」と声援を送っていた…。

私の方の原稿は、一応オモテ(エッチ度がやや軽い)用なので、
局部は描きませぬ。
なので、その場面、チン○を擬態化した絵を描いた。
笠が水玉模様の毒キノコ〜!だ。
もちろん、ネーム段階のお遊びで、
出来上がりは当然、ただナニのシルエットだけにするつもり。

ところが、トレイシー、そのキノコの絵を見て、

トレ「何?これ、バイブ!?」

何のことか解らない私。間もなく、キノコを指してると気付く。

私「バ、バイブのわけないじゃないっ!キノコを描いてみただけ
  よ〜っ!(^◇^;)」

思いもよらぬツッコミに焦る私…。

それにつけても、濡れ場の難しさよ。
濡れ場は、殺陣にも似てる。
流れと間が難しい。
殺陣は気迫が大事だが、濡れ場はもちろんエロチックさが命。
何もかもヒジョーに難しいっ。


トレイシーの漫画は、ウラ(エッチ度濃厚)に載せる予定もの。
洋風お貴族様もの作品32ページ。

トレイシーは、漫画道を精進してるので、構成が上手い。
32ページ、素晴らしく綺麗にまとめてあって、感服。

私は構成力がないので、32ページに一つの話を入れるなんて
至難の業だ(笑)

トレイシー、濡れ場も巧みだったけど、それならもっとエロページを
増やしてよ〜と、誰もが望むオネダリをしたわ(#^.^#)

そしたら、トレイシー、私のことを
「さすが、ち○こ神社に魅入られただけのことはあるわー」だって(`_・)!

私だけじゃないわよ〜、誰もが求めてるのよっ、エロシーン(~v~)
というわけで、エロ増ページよろしく〜、トレイシー!


※注意;以下は18禁漫画サイトへのリンクになります!

JUNEオリジナルサイト検索



やおい系検索サイト

ホモ漫画 トーンはどうする? 

2004年10月10日(日) 20時35分

デジコミのトーン、これは、前述したフリーソフトで
グレーをアミに変換させようとは思っている(あれ?自信なさげ?)。

あとは、背景に使う大柄模様のトーン。
PowerTone3 というデジコミトーンソフトを買おうかなって
少し思ったけど、別にプリント出力するわけでもないから、
要らないだろう。

ところで、
私はリアルのトーンをたくさん持っている。
10年以上前のものだが、まだ使える。
トーンの糊も発達したものだ。
その昔、一度貼ったら最後、剥がせないトーンとかもあったのに(笑)。

この持っているトーンもマンガに使う。
そ、手で貼り貼りするの。
だって、減らしたいんだもの、トーン。

いずれデジタルで活用する為、
リアルトーン達をスキャナで読み込んで保存をした。
300dpiと600dpi、二種類作成。

アミとか砂目は、ごく一部をカットすればいいんだけど、
どこで切っていいか悩むようなトーンは、
結局大きなまま保存。

さすがに歴史あるトーン達なだけあって、
古くさくて使えない柄もあった。

それと、
何でこんなトーン買ったんだ?って、過去の自分を
問いつめたいようなのも…。
画像の「お札と梵字」は最たるもので、
これを利用して描くようなマンガ、当時も今も
一つもないんですけど、私。
未来永劫使わないようなトーン買ってどーするんだヨ、もう。



おばあちゃんの呉服みたいな柄も買ってあって、
これも使途不明のまま、そっくり残っている。
こういうのは、スキャナで読んでも絶対に使用しないので、
除外した。

アミ、砂目のように単調な柄は、
PhotoShopの、パターンを定義して塗りつぶせば
いいでしょ(誰に聞いてる)。

それには、
原稿のゴミ、ちゃんと取っておかなきゃね〜。

カラー絵描いた時、塗りつぶししなかったのは、
ゴミがあって、それが邪魔で塗りつぶせなかったの…。
だから、ブラシツールで仕上げたわけさ…。
線もつながってなかったし。
何ていい加減なんだ〜(笑)

原稿のゴミ取り面倒だな〜。
一瞬でゴミを察知して、一瞬で取り除いてくれる
ソフトあったらいいのだけどな。
私の描線をゴミと認知して消去されたら困るが…(__;)

ホモ漫画 フォトショでデジコミ初心者の苦悩 2 

2004年10月09日(土) 16時10分
続きです。

さて、電脳工房さまサイトで紹介されている
「便利ツール&ソフト」。
ここで、私は二つダウンロード。

・Daichさま
Daichクリック!
日本語ページを選択し、Daichさまのサイトへ。
トップページ下、他のコンテンツの中に
「mini assistant 1.0」があります。
アクションツールです。インストール方法は簡単で、
説明通りやれば出来た、私でも(笑)。
これは、グレーを網点・砂目等に変換してくれるトーン機能
ツールなのです。
写真をイラスト風に変えてくれるアクションも付いてて
(面白そうなのっ、これが)、
これでフリーウェアとは!感涙っ!
Win、Mac両方あり。

・後藤寿庵Visual Workshopさま
Visual Workshopクリック!
「ネームプラグイン」Macのみ。
softwaresプログラムに入ってます。
漫画用のセリフをPhotoShopで作成するプラグイン。
漢字、かな、それぞれにフォント設定可能。
ふりがなもふれます!
電脳工房さまのお話だと、「漫画の活字って、
ひらがなは明朝、漢字はゴシック」なんですって?
うーむ(・_・>)

トレイシーの厚意により、
私の原稿の活字はトレイシーがやってくれることになっていたのね。
でも、いくら何でも悪いでしょう。
ルビ打つのちょっと手間らしいし。
だけど、この「ネームプラグイン」さえあれば!
楽々だわっ(だと思う…)。

「ネームプラグイン」の画像。
やりやすそうでしょ(*^_^*)



・らくがき本舗さまのPhotoShop講座
らくがき本舗クリック!

・でたらめPhotoShop
デタラメPhotoクリック!
デジコミに関してじゃないけど、
簡単で参考になるそうです(そうですって、あーた…)。


ホモ漫画 フォトショでデジコミ初心者の苦悩(T^T) 1 

2004年10月09日(土) 12時53分

前回は、PhotoShopで初めてお絵かきし、かなーり大変だったという話題だった。

自分で苦労したので、ネットで親切にフォトショ講座を設けてくれている
方達のサイトを読んでみる気になりました(^^ゞ
マニュアル苦手なので、やっぱジックリ読めないけど(苦笑)、前よりは何とか…。

私が見る限り、解りやすかったデジコミ講座を紹介。

*電脳工房さま
電脳工房
同人活動してらっしゃる方の講座。
画像付きで、順を追って丁寧に説明してくれます。
「便利ツール&ソフト」には、デジコミに役立つお宝がっ。
私は早速ダウンロード!詳しくは後ほど。

さて、電脳工房さまのおかげで、お絵かきした時、一番苦労したギザギザ、
これの原因が解明。
画像を取り込んで後、レベル補正ができたら画像を2階調化すれば良かった
らしい。
今ひとつ解らないけど、あの苦労を味わうくらいなら、今度は是非
それやります、私!!
あのギザギザ補正が最大の難関だったんで。

が、電脳工房さまのお絵かきの説明を読んで、
違う意味でクラクラ(((。o・))))((((・o。)))
こんなにも手順を踏まないと描けないんだ〜(O.O;)(o。o;)

私、原稿のゴミ取りもしなかったもんね…。
ブラシツールで描いていったから、描線が途切れていようと
構わなかったし…。

だけど、塗りつぶしで作業して行くなら、
電脳工房さんの方法なんでしょうねえ。

カラー原稿なら、ブラシツールだけで仕上げられても、
原稿にトーン貼りの作業する時は、塗りつぶしできるように
しておかないと!

電脳工房さんの説明通りやったら出来た!シロート感激ィっ(笑)
今回の画像がそれです。
途中ですが…(笑)


ホモ漫画 PhotoShop初挑戦なのだ〜(__;) 続き 

2004年10月05日(火) 8時00分
だけど、その生涯しないハズの、気が遠くなるような作業を今私はやっている…。
ほんに人生何があるかワカラン。

ホントはこんなことしないでも、他に方法あるんだろうなあ。
でも、知らないから仕方ないもん(・_・、)

煩雑で根気の要る作業で、先週半分以上を潰したさ…( ´−`)
制作中、私の廻りには鬼火が出ていただろうっていう程、入れこんでいた。

眼精疲労で目の奥が痛かったこと。
うちのモニタは最小限の明るさにしてるから負担少ないというのに。

ツライ作業も日曜日に終わり、画像はトレイシーにお渡し。
あとは頼む…バタッ!って感じ(笑)

画像は、それの一部(そりゃもっと大きいわよ〜)。
PhotoShop初心者の労作なのだ〜(*^_^*)

絵の具で塗る方が簡単だと悪態つきながらやってたけど、
ムラなく塗れたり、色を一気に変えることは
絵の具じゃできないもんねえ(すまん、まだそのレベル)。


今回は、マウスだったけど、次回はタブレット購入して
取りかかりたい。
苦労、半減するかな?

ホモ漫画 PhotoShop初挑戦なのだ〜(__;) 

2004年10月05日(火) 7時53分
サイトのトップ絵を描こうと、PhotoShopに初挑戦。
しかも、マニュアルも読んでないので、チンプンカンプンの状態から見切り発車。

私流初心者の鉄則は、最小限の機能で物を作り始めること。
だから、今回は殆どブラシツールだけで作成した(^_^;)
それと、ちょこっと消しゴム使ったくらいかなあ。

他の描く為のツールは一応試してみたけど、謎のまま(笑)
そのうち解るようになるでしょ(楽観)。

選択ツール関係も少しずつ…。
今回は、便利だと噂の自動選択ツールより、
マグネット選択ツールにお世話になった(苦労したけどね…)。

PhotoShopのマニュアルって、読んでると解らなくて
いつも睡魔に襲われてしまうんだわ(^^ゞ
こういう人間は、やっぱり自分の物を作るってとこから
始めなきゃダメだって実感した。
じゃないと、集中力が出ない!
人様の作品を例にとって説明されてもピンと来ないもんよ。

だから、
「私は、これがやりたい!さあ、どうすればいい!?」って
考えていった方が早い。

こんな私だから、制作中、痛い目さんざん遭いましたとも(笑)

一番謎だったのは、大きな画像(100〜500パーセント)だと綺麗なのに、
20パーセント以下の小さな画像にすると、
塗り塗りしたラインがギザギザになってしまうこと。
他のとこだったらいざ知らず、顔だから必死で修正を試みた。

これには泣いて、400パーセントにしてドットを埋め込んだり
削除したり…。
その作業をしてる時、ん?デジャ・ヴ?

それは、数年前に見たある特集番組で、
オタク男性が自室で黙々と自分好みのカワイコちゃんキャラを
パソコンで作成していた姿を思い出したの。
息を殺して食い入るような目で確認しながら、カワイコちゃんキャラの目を
500倍くらいの大アップにして、やはりドット処理してた…。
その姿に、「オタクも極めると素晴らしいもんだ」って思ったよ。
そして、自分は、そんな気が遠くなるような作業は生涯しないだろうなあ
って。
続く


ホモ漫画 ホモ大国だから 

2004年10月02日(土) 21時56分
女性がこの稚児と同じ振る舞いをしたら、
公衆○所と侮蔑されるだろうが、
稚児なら有り難いんだって。

日本においての男色は、
数百年前まで社会制度に組み込まれた
行為だそうで、それに類する歴史的記述は
驚くほど多いそうな。

ホモ大国・日本だったわけよ。

大体はバイセクシャルだったけど(!)、
仏教寺院に関しては女色を禁じていたので、
男色のみ。

女体は汚物が入った袋である、それを抱いて
喜んでどーする、などと提唱してた坊主もいたっけ(-.-#)。

稚児はまた、神聖なる存在であるという見解も手伝って
(記述、絵巻、日本画などにあるように)、稚児男色は隆盛を
極めていく(他にも多々要因あり)。

女性は穢れている、男性は綺麗…のような昔の考えに触れると、
「ホモカップルに受難を与えるぞっ」なんて思ってしまう私はココロが狭いのか。
あくまで二次元のホモカップルに対してなので、
リアルのホモカップルはどうぞお幸せに(笑)。

ホモ大国日本なんだから、ホモ漫画もまた発展するのが当たり前。
それを描いてる多くが女性というのが、現代の自由さを物語っているのだ。
もしかして、「男性同士は綺麗」なんて意識も多少あるのかね。
女性って寛容だわ。

トレイシー、こんな話題に絵を使ってすまん(笑)

ホモ漫画サイト 名前決定! 

2004年09月27日(月) 23時34分
サイト名が決まったのでお知らせします(^.^)

男色閨房 だんしょくけいぼう   です。 

正式名称は、

男色閨房クリスタル (オモテ) 

男色閨房マトリックス (ウラ)

クリスタルとマトリックスはオパールの種類。


男色:男性間の同性愛。衆道。2 男色の対象となる男。陰間(かげま)。

閨房:寝室の意。ねや。ねま。


男色閨房 だんしょく けいぼう
ふふ、オトナの香りがする名前でしょ。
覚えてくださると嬉しいですっ(*^_^*)

サーバもレンタルしたし、あとは漫画原稿を描き上げるだけ〜。

更新をマメにする為にも、そんなに漫画をバカ丁寧に
描くつもりはないんだけど…
最初だけは雰囲気を作りたいので、時間がかかる…。
焦る…(==;)

では、
男色閨房 だんしょくけいぼう
を宜しくお願いしますっ!!<(_ _)>