藤城博と糖尿病 食事 ダメなもの

November 11 [Wed], 2015, 5:49


血糖値がいよいよ高止まりするようになり、医者からは合併症で命を落とす危険を指摘されるようになっていたとしても、
体が本来持っている力を引き出していき、血糖値を下げるだけじゃなくて若々しい体年齢を維持できるようにしてくれる方法がこちら



あなたも、糖尿病と診断されてからは低カロリー食・運動療法を続けているものの、思うように血糖値が下がることはなく
美味しそうに食事する人たちを恨めしく思ったり、若いころの自分の不摂生を呪うような毎日を過ごしていないでしょうか?

もしくは定期的に診察を受けて、指導を受けるものの、意志が弱くて言われたことをなかなか守り通すことができず、
自分よりも年下のお医者さんと顔を合わせるたびにネチネチとくぎを刺され、胃を締め付けられるような思いをしていないでしょうか?


糖尿病と診断されるほど血糖値が上がってしまったら、食事メニューの改善は必須です。血糖値を上げやすい食べ物はできるだけ避けるべきです。
病院でも様々な食事指導を行っているし、あなたもそれにしたがって毎日のように味気ない食事をしていると思いますが、問題は食べるものだけではありません。

血糖値上昇と調理方法にも大きな関係性があります。食材は同じであっても、どんな風に料理したか?によって体への影響に違いが産まれるわけです。
例えばフライドポテトとポテトサラダ。体に悪影響のある危険が高いのはフライドポテトです。高温で調理することによって毒素の量が増えてしまうからです。


毒素の量が劇的に増えるわけではないものの、習慣的に揚げ物を食べ続けていた場合、毒素の代謝が追い付かなくなって体内に蓄積しガチになります。
同じような食事をしてきたのに糖尿病になる人・ならない人に違いがあるのは結局、こうしたちょっとしたところに差があったわけです。

糖尿病はよく遺伝しやすいと言われていて、親の血糖値が高い場合には自分も高くなると言われることが多いものの、実際には食生活の影響を強く受けていると言ったほうが適切です。
それに現在の血糖値は割と正常であっても、条件さえ整ってしまえば誰だって血糖値が上がりやすくなってしまいます。




藤城博さんの藤城式食事療法では、血糖値上昇を招いている要因をことごとく潰していける糖尿病克服マニュアルです。
食事療法が主な内容になっているものの、病院の指導とは違って食べられるものは大きく広がるはずです。

毒素やコレステロールの蓄積量は食べるものと調理法によって大きく変わってきますから、知識さえあれば美味しく食べられるものは増えて当然です。
血糖値を下げる効果が期待できる食事の方法も教えてくれるので、藤城博さんの藤城式食事療法を実践していくと、今までとは違って積極的に血糖値低下にアプローチしていくことが出来ます。


逆に言うと、病院の治療はどちらからというと消極的な方針です。薬などの力を使って血糖値上昇を抑えている間に、体の自然治癒力が復活するのを期待しているようなものです。
このやり方も絶対にダメだとは言いませんが、時間がかかるのはもちろん、薬代はかかるし薬の副作用の心配だって募っていきます

薬を使えば使うほど体調不良を招く心配があるし、ますます血糖値が下がりにくい体質になってしまう危険があるものの、藤城博さんの藤城式食事療法ではそういった心配は一切ありません。
むしろやればやるほど毒素の量が減っていくので体の調子が良くなっていくのが実感できます。無事に血糖値が正常に戻った後は、その状態を手軽にキープできるようにもなりますよ。

→→最小限の手間で血糖値がコントロールできるようになる藤城博さんの糖尿病食事療法でガンの恐怖からも解放される食事法とは??



田中謹也 アイトレーニング視快研
サイエ式育毛 小林弘子

藤城博と糖尿病 食事 おすすめのご飯の量

November 11 [Wed], 2015, 5:42


糖尿病になれば食事制限はつきものです。糖質を抑えた食事を心がけるように指導されるのはもちろん、運動だって定期的に続けるように指示されます。
血糖値をコントロールする術を自分なりに身に着けなければいけないものの、気を付けなければいけないのは、糖質制限をやりすぎるのはかえって体に負担を与えてしまうことです。

血糖値が上がりすぎても駄目ですが下がりすぎてもだけです。低血糖となって寝ているうちに急激に体調が悪化して命を落とすことだってあります。
外出中に突然、意識が遠のいてしまいその場で気絶してしまうことだって考えられます。

なによりも怖いのはかじょうな糖質制限によって脳にもダメージが及ぶ危険がある点です。脳のエネルギー源は糖質が主になっているからです。
脳は体のあらゆる器官の中でも特にエネルギー効率が悪いことが分かってきました。つまり頭を使えば使うほど糖分が必要になるわけです。


脳が必要とする糖が体内から失われてしまうと、当たり前ですが脳の活動量が低下します。集中力が低下してぼんやりすることも多くなります
それくらいで済めばよいですが、脳の活動量が減ることによって脳が衰えが早まる危険もあります。適切な範囲での糖質コントロールは必要不可欠になります。



藤城博さんの藤城式食事療法では、必要以上に糖質(コレステロール)の摂取を制限する心配がないので、体によけいな悪影響を与える心配はありません
低血糖に陥ってしまう心配もなくなるので、外出先で低血糖の発作に襲われてしまうことに不安を覚えることは一切ありません

あなたも、下のような悩みのせいで、これまでずいぶんと窮屈な思いをしてきたと思いますが、


糖尿病になってしまった自分が情けない

自分は本当に完治できるのか不安でいっぱい

健康な人にどうしても嫉妬してしまう

月々の薬代等、病院費用が家計を圧迫している。


藤城博さんの藤城式食事療法を使えば、治療を始めた段階ですでに食べて良いものの種類がうんと増え、食生活が豊かになります
最低限のルールさえ守るだけで最短3日ほどで血糖値が下がり始めます。遅くとも2か月後には何らかの改善効果が期待できます。

あなたも、血糖値上昇のメカニズムに対して正しい知識を身に着けて正しい対策をしていけば、下のような結果を意外と早く手に入れることが出来ますよ。



合併症の不安が一切なくなる

血糖値の心配をする必要がまるでなくなる

足がつったり、ケイレンすることがなくなる

趣味や遊びに思い切り打ちこむことができる


血糖値がますます上がって薬代も跳ね上がり、収入をますます圧迫するような事態になってしまう前に、
病院では決して教えられない食事療法で、血糖値に悩まされない健康な体を取り戻しませんか?

たかが糖尿病のせいで病人されるのはさっさと終わりにして、旅行先でおいしいものを食べ歩きできるようになるにはこちら





詳しくはこちら
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング