泡瀬干潟を守る会、入り口封鎖 10人が「工事阻止」 

August 04 [Mon], 2008, 22:56
 泡瀬干潟を守る連絡会(小橋川共男共同代表ら)のメンバー約10人は4日、国、県が進めている中城湾港泡瀬沖合公有水面埋め立て事業の工事を阻止しようと、同事業仮設橋梁(きょうりょう)前に横断幕などを設置し入り口を封鎖した。午後1時現在、しゅんせつ土砂搬入トラックなど大型車両が事業地内に入れない状態が続いている。

 2006年の工事開始以来、初のバリケード封鎖で守る会は飲料水などを準備し、少なくとも4日中の封鎖を視野に入れている。

 守る会は8月から埋め立て地外側の工事が始まるのを機に4日午前5時から入り口の封鎖行動に入った。

出典:琉球新報

プロポリス配合の最高級犬猫専用プレミアムサプリメント

こだわり抜いたワンランク上のペット専用サプリメント。あなたの家族を守りたいから・・・。選び抜かれた原料と安心の製法でペットのためだけにこだわり抜いて作りました。ご注文はワンランク上の最高級犬猫専用サプリメント をご覧ください。

「容器」の概念を変える? 「紙製容器」の開発進行中 

August 04 [Mon], 2008, 22:56
 世界最大規模の米デザイン会社「ブランドイメージ」が、飲料水業界に革命をもたらすかもしれない―これまでのプラスチック製容器にかわる紙製容器の開発に取り組んでいるという。

 開発中の紙容器「360 Water Bottle」について、同社デザイナーのジム・ワーナー氏は次のように語る。「この製品が製品化されることにより、“容器”の概念は変わることでしょう。戦略、ビジュアル、機能、そしてその廃棄にいたるすべての面においてです。」

 プラスチック製の試作品のサイズは18センチメートルほどで、ふた付きの容器には355mlの内容物を入れることができるようだ。その形は少し変わっており、一見するとスペインのワイン樽「ボタ」の様にも見える。

 竹、サトウキビ、バナナの葉など現地で調達可能な材料を用いて製品化することができるという360 Water Bottle。また紙の特性を生かし、輸送時には平らに折りたたんだまま運ぶことができ、現地で内容物を注入することが可能。簡単なライニング加工を施すことで、リサイクルも至ってシンプルになるという。

 従来の紙製牛乳パックなどに使われる紙製品との違いについて、「これまでの紙製品にはろうやら合成フィルムが圧着されていて、“リサイクル”に適しているとは言い難い。もはや“紙”と呼べるものではない」とターナー氏は指摘する。

 膨大な量のプラスチック容器が現在流通している。これらの容器にかわる物を求めて開発を始めたという360 Water Bottle。「何か大きなインパクトとなるデザインをしたかった」と語るワーナー氏は、「近未来的なデザインももちろんいい。だけど市場が求めているものは実現可能で、インパクトがあって、本当に“違う”ことなんだ。それが全部できたなら成功するだろうね」と続けた。

出典:Web-Tab

伊藤園、水素を多く含む清涼飲料「健康体 還元性水素水」を通信販売 

August 04 [Mon], 2008, 22:55
 伊藤園は通信販売限定の「健康体」ブランドで、水素を多く含有した清涼飲料水「健康体 還元性水素水」を8月上旬に発売する。酸化物から酸素を分離する「還元力」が高く健康によい、としている。希望小売価格は24本入りケースで4320円。

 大分県の湯布院温泉に近い鹿鳴越(かなごえ)山系の伏流水を使った。のどごしがよく、体液に近い弱アルカリ性の軟水で、体にやさしいという。賞味期限は未開封で9カ月。電話と直販サイトで購入の申し込みを行える。

 健康体ブランドは、伊藤園が自然、健康、安全といったコンセプトで開発する高付加価値の製品群。還元性水素水のほか飲料12品目、サプリメント11品目がある。

出典:日経トレンディネット

ベネトン、エコシリーズからカラフルな「マイカップ」と「マイボトル」 

August 04 [Mon], 2008, 22:55
ベネトンが、ファッショナブルでエコなマイカップとマイボトルを発表した。

 ベネトン ジャパンは、同社エコシリーズの新製品「ベネトン マイカップ」と「ベネトン マイボトル」を8月上旬から販売する。価格はオープン。実売想定価格はマイカップが1580円、マイボトルが1780円。

 現在、清涼飲料水に使用されているペットボトルの年間消費量は約53万トンで、そのほとんどが1度使うだけで廃棄されているという。今回の新製品はこうした問題意識から、繰り返し使用ができるマイカップ、マイボトルをラインアップした。

 本社イタリアからの指示で決められた鮮やかなカラーを採用。オレンジ、マゼンタピンク、ウルトラマリン、リーフグリーン、ターコイズブルー、ラズベリーレッドの6色を用意し、大きくベネトンのロゴをあしらった。

 マイカップ、マイボトルともに保温・保冷効果に優れた真空2重構造を取り入れた。マイカップは外径70ミリと車のドリンクホルダーに納まるサイズで、広口タイプのため大きな氷もそのまま入れられる。マイボトルも外径70ミリのスリムなサイズを採用した。カップを閉めると注ぎ口のボタンが下がる設計で、中栓は分解して洗うこともできる。

出典:ITmedia

ベネトン、くり返し使えるエコタイプの携帯飲料水ボトル 

August 04 [Mon], 2008, 22:55
 イタリアのアパレル大手ベネトン グループの日本法人ベネトン ジャパン(本社:東京都渋谷区)は、くり返し使える飲料水用携帯ボトルを2008年8月上旬から順次発売する。「ベネトン マイカップ」(容量330ml)と「ベネトン マイボトル」(同450ml)の2種類。価格はオープンで、予想実売価格はマイカップが1580円、マイボトルが1780円。

 2006年から販売しているエコシリーズの新製品。本体部分は保温・保冷効果に優れるステンレス鋼製の真空二重構造。カラーは「オレンジ」「マゼンタピンク」「ウルトラマリン」「リーフグリーン」「ターコイズブルー」「ラズベリーレッド」の6色。表面にベネトンのマークとブランド名をデザインした。

 マイカップは上部にキャップ状のふた付き。注ぎ口がコーヒードリッパーサイズに対応。マイボトルは、コップと中栓があり、コップを閉めると中のボタンが下がる安全設計。分解して洗える。

 サイズは外径70×高さ175mm(マイボトルは250mm)。ふた栓の素材はポリプロピレン。同社とライセンス提携するパール金属(本社:新潟県三条市)が企画・販売。百貨店、専門店、総合スーパーなどで取り扱う。

出典:日経トレンディネット

諫干調整池、農業用水には不適切 諫早で「アオコ」に関するシンポ 

August 04 [Mon], 2008, 22:54
 富栄養化した湖沼や河川で発生し水を汚染する「アオコ」に関するシンポジウムが三日、諫早市であった。国営諫早湾干拓事業で潮受け堤防により湾を閉め切り淡水化させた調整池(約二千六百ヘクタール)でもアオコが一部確認されており、研究者はその毒性を指摘した上で、「排水門開門による干潟の再生」を提言した。

 アオコは植物プランクトンの群集で、水面に緑色のペンキを流したような膜が広がる。基調講演した熊本保健科学大の高橋徹教授(海洋生態学)は、調整池の実態について、「欧州などの基準では緊急に専門委が招集されるレベル」と危険性を指摘。高橋教授による昨年九月の調査では、最大で世界保健機関(WHO)の飲料水基準の約五十倍となる濃度の毒素を検出したという。

 高橋教授は「底泥を含む調整池全体では、総量で一トン近く、青酸カリの五十倍くらいの毒素が蓄積していると推定される」とし、「農業用水に使用していいのかと言いたい。農水省が人や畑作への影響を証明すべきだ」と訴えた。

 また、諫早湾や隣接する佐賀県大浦港一帯では、毒性の強いプランクトンを多く含む赤潮も発生。シンポでは、小長井町漁協の松永秀則さん(54)が「海水の貧酸素状態も起き、定置網の魚が死んでいる。しばらく休漁状態」と現状を報告。「調整池でアオコが大発生すれば、さらに風評被害も考えられ、早く解決すべきだ」と述べ、開門をめぐる国の対応を促した。

 シンポは、市民団体・諫早干潟緊急救済本部や、堤防排水門の常時開門などを求める訴訟の原告団ら六団体が企画、約百三十人が参加した。

出典:長崎新聞

募金付き自販機が登場 山形花火大会運営に役立て 

August 04 [Mon], 2008, 22:54
 14日に山形市の須川の反田橋付近で開かれる第29回山形大花火大会に向け、主催の実行委員会(小野木健治実行委員長)がこのほど、自動販売機管理のサン・ベンディング東北(仙台市)と連携し、山形市内を中心に募金付き清涼飲料水自販機を初めて設置した。自販機を通して募金を集め、大会運営に役立てる。

 この自販機は、価格を据え置いたままで飲料水を販売するが、販売した商品1本当たり同社と設置者が1円ずつ負担し、計2円を大会の運営資金として寄付する仕組み。現在、実行委員会の構成団体の1つ、山形青年会議所(JC)の会員企業である共成レンテム山形営業所(山形市)、千代田商事(同)、三陽自動車(同)、蔵王自動車学園(同)、栄進リース工業(天童市)それぞれの店頭に1台ずつ設置した。9月までにさらに1カ所に設置する予定で、外装に「山形大花火大会募金ベンダー」と表示、花火の模様も描いている。

 同JCは毎年、大会の運営資金を集めるため、街頭募金活動などを行ってきた。集金力をさらに高めるため、会員企業の1つであるサン・ベンディング東北と連携し、募金付き自販機の設置に取り組んだ。大会終了後も引き続き自販機を設置、2009年以降の大会運営などに役立てたいとしており、同JCは「募金によって、より多く、華やかな花火を市民に楽しんでもらいたい」と話している。

出典:山形新聞

五輪 開幕迫る北京大会、懸念される「食の安全」 

August 04 [Mon], 2008, 22:54
 中国製品の安全性に対する不安が世界各地で広がったのを受け、中国では食品の流通が以前より厳しく監視されるようになった。開幕が目前に迫った北京五輪では、当局が「食の安全」にさまざまな対策を講じている。

 品質監督当局の本部では、チューイングガム工場や輸出入品を取り扱う税関事務局などを含む食品関連施設の様子が、リアルタイムでスクリーンに映し出される。このモニター施設では、1000カ所からの信号を同時に受け取ることができるという。

 国家品質監督検査検疫総局の孫波氏は、記者団に対し「北京五輪の期間中は食品の安全を確かなものとするため、各製品をリアルタイムでモニターする監視ネットワークを使う」と述べた。

 中国はまた、野菜から飲料水まであらゆる製品を網羅する膨大なコード管理システムも導入している。

 ただ、五輪期間中の「食の安全」がどう確保されるのかという基本的な問題は依然として残ったままだ。特に、家畜に与えられる飼料の残留薬物がドーピング検査で陽性反応を示す可能性も指摘されており、肉製品は特に懸念されている。

 家畜に抗生物質や成長促進剤を与える方法は、規制が不十分な中国を含む世界のさまざまな国で行われている。

 これについて、上海を拠点とする食品や衛生問題の専門家、グローバー・ニーメイヤー氏は「大きな課題になるだろう」と指摘。中国の食肉の水準は多くの場合、五輪期間中の薬物検査に影響を与えない水準には達していないとしている。


中国の養豚事情と薬物

 中国当局の「食の安全」に対する課題は、同国の家畜育成環境に行き着く。中国では通常、ブタは小規模な養豚業者で飼育されたものが集められるため、生産や流通の履歴を確認できるトレーサビリティーに乏しい。

 また、こうした生産システムが、養豚業者による禁止薬物の使用を容易にしているという側面もある。

 ニーメイヤー氏は、ステロイドの一種であるクレンブテロールが飼育者レベルでは一般的に使用されているにもかかわらず、検疫当局がそれを発見する方法は限られていると指摘している。

 一方、別の専門家は、薬物で汚染された肉を食べた選手がドーピング検査で引っかかる恐れはないとしている。カナダの五輪チームの医療責任者、ボブ・マコーマック氏は「(薬物を)家畜が消化して代謝し、その後に人間側でも同じく消化が行われるため、選手が陽性反応を示すとは極めて考えにくい」と述べた。

 前回のアテネ五輪に続き北京五輪で選手村などで食堂運営を行うのは米アラマーク社。オリンピックとパラリンピックの60日間で計350万食以上の提供を担うことになる。

 中国国内のある業界関係者によると、アラマークは北京五輪組織委員会(BOCOG)側から、食材調達では外国企業ではなく国内業者を優先的に選ぶよう強いプレッシャーをかけられているという。しかしアラマークは、サプライヤーの選択について「食料調達の保全を非常に重視している」とだけコメントした。


吊り下げられた豚

 BOCOGからは食料調達に関する情報がほとんど聞こえてこない。昨年にはQianxihe Food Groupという会社が、薬物を使わない養豚を秘密の場所で行っており、北京五輪選手村で使われる豚肉の公式サプライヤーになると明かしたが、BOCOGは後に五輪用のそうした特別な豚の存在を否定していた。

 BOCOGは食の安全に対する不安を和らげようと、北京市内の市場に豚肉と鶏肉を卸している主要な食肉加工施設に報道関係者を招いた。ただ、フックで吊り下げられた巨大な豚から内臓を取り出し、のこぎりで切る精肉工程を見せた後で、BOCOGはこうした加工施設が必ずしも五輪用の食肉サプライヤーではないことを認めている。

 中国製品の安全性に対する国際的な批判を受け、中国は規制環境の改善に乗り出している。漁業生産に関する新たな基準により、養殖に対する管理も強化される見通し。現在検討されている食の安全に関する法律案では、違反した企業にはこれまで以上の罰金が科され、食品のパッケージには原材料の表示が義務付けられるようになるという。

出典:ロイター

“飯塚ブルー” もうすぐ出番 Tシャツやメガホン 応援グッズそろう 「スタンド染める」 

August 04 [Mon], 2008, 22:53
 4日、甲子園初戦の浦添商(沖縄)に挑む飯塚高校(飯塚市立岩)にスタンド応援者用のTシャツなどが、2日までにそろった。飯高スクールカラーの「ロイヤルブルー」で統一された帽子、メガホン、タオルなど、それぞれ2000人分。同高広報部は「スタンドをこの色で染め尽くしたい」と意気込みをみせた。

 また、ジュースや食料品など支援の品も続々と届いている。飲料水は段ボールにして約200箱にもなった。筑豊産の米やせんべい、フルーツなども多く、他地区から八女茶などの産品も並ぶ。これらの品は3日出発する応援バスに載せて運び、選手や応援をする人に配られる。

 嶋田吉勝理事長は「これだけの支援をいただき、郷土の代表としての期待を感じる。ありがたい」と感謝した。


応援の輪 地域に広がる 練習場や出身地に横断幕 直方市や添田町

 28年ぶりの飯塚高校の甲子園出場にわく筑豊地区。飯塚ナインの出身地や少年野球チームでも、横断幕を掲げるなど応援の輪が同地区に広がっている。

 主軸を打つ今塩屋雄二選手(3年、直方第2中卒)の出身チームで、中学生硬式野球チーム「直方ジャガーズ」は、直方市の日の出大橋下の練習場バックネットに甲子園出場を祝う横断幕を揚げた。岩崎恭平君、田中弘優君(いずれも1年)の名前もある。梅野純昭監督は「ここぞという時に打てる選手」と甲子園での活躍に期待。渡辺壱誠主将(宮田光陵中3年)は「身近に甲子園に出る先輩がいるなんてすごい。僕も甲子園に行きます」と力を込めた。

 また、真木元翔太選手(2年、添田中卒)の出身地添田町では、町職員らが役場や町施設など計9カ所に横断幕や応援を呼びかけるチラシを掲示した。「町の代表として甲子園で大暴れしてほしい」とエールを送った。


ケータイに試合速報 飯塚市のIT企業 スコアや試合状況配信

 飯塚市幸袋のソフトウエア開発会社「キューブス」(下野雅芳社長)が中心となり、飯塚高の試合経過を提供する携帯サイトを開設する。試合中随時更新し、対戦スコアや試合の状況を表示し、回終了時には、イニングごとの攻防も文章で掲載。終了後には戦評も付記する。

 同社が福岡ソフトバンクホークスの公式携帯サイト用に開発したシステムを応用。同高出身の社員も開発に加わった。下野社長は「仕事などでテレビ観戦できない人もチェックして、応援してほしい」と話している。

出典:西日本新聞

旅行者血栓症 誰もがなると自覚して 

August 04 [Mon], 2008, 22:53
 夏休みシーズンを迎え、海外に出かける人が増える時期だ。

 注意しなくてはならないのは、エコノミークラス症候群である。旅行者血栓症、ロングフライト血栓症ともいう。長い時間、同じ姿勢で座り続けることなどで、足や腕がうっ血して静脈に血栓ができやすくなる。

 その血栓が血管の中を移動していき、肺や脳に入ると梗塞(こうそく)を起こす可能性が高まる。最悪の場合、死亡することもある。

 成田空港に到着する人のうち、エコノミークラス症候群が原因で死亡した人は、この15年間で30人に上ることが分かった。重症者は116人だった。

 日本医科大成田国際空港クリニックが、1992年の開設からことし3月までに受診した計23万人を対象に調査した結果だ。軽症者だけでも年間200人に上る。決して少ない数字ではない。十分に注意したい。

 エコノミークラス症候群は、発症の仕組みと、対応策を知っていれば、予防は可能である。

 まず、うっ血状態にならないために機内では足踏みなどの軽い運動をすることが必要だ。飛行高度が1万メートルになると、気圧や湿度の関係から10時間で約1リットルの水分が体から失われ、脱水症状に近くなることもリスクを高める。小まめな水分補給を心掛けたい。

 同クリニックの調査によると、発症者の飛行時間は平均約11時間、飛行距離は平均約9000キロだった。欧米やオーストラリアなど、飛行距離が1万キロ程度になると急増する傾向があるという。

 旅行直後に症状がなくても、1カ月間は警戒が必要だ。

 世界保健機関(WHO)も、4時間以上のフライトで血栓ができる可能性が通常の2倍になると、注意を呼び掛けている。

 症例は1970年代から報告されていたものの、注目され始めたのは近年になってからだ。日本では2002年にサッカー元日本代表の高原直泰選手が発症し、広く知られるようになった。

 航空各社も機内で飲料水を配ったり、体操の映像を流したり、対策を取り始めている。予防に効果があるとされるストッキングなども販売されている。

 エコノミークラス症候群は、予防法が確立しつつあるとはいっても、医学的には未解明な面も多い。飛行機だけでなく、車や家の中でもあまり動かないでいると発症する人もいる。性別や年齢に関係なく、誰にでも起こるという自覚をもつことが大切だ。

出典:信濃毎日新聞