『『夢小説』とはどう在るべきか』 

December 09 [Sun], 2007, 20:24
なんて、私的見解を述べているだけですよ。



めちゃめちゃ放置してます、ブログさえも2ヶ月ぶりです。
最早読んでくださっている方もいないでしょう。

パソコンは開いていて、素敵サイト様にお邪魔したりはしているのですが、創作意欲が湧かず・・・。

以前は、音楽を聴くと、そのときの心境でイメージが湧いたりしてたのですが、最近はKinKi Kidsの『Φ』とかを聴いても普通に「切ないなー」とか、そぅいう感想染みたものしか浮かばず。


片想いネタが割りと好き、背中合わせの恋(?)とか。
お互い好きなのに言い出せなくて友達のままっていう感じの。


小説への考え方が変わったから書けないのか、
それとも、変わっていないから書けないのか。

受け止めていかなくちゃいけない事実が沢山ある中で、夢を書き続けるのは難しい。

どうしたって、どこかで現実を見ているヒロインしか書けないと思うし。

冷めた子もいいかもしれないけど、夢は優しく儚く、決して現実じゃないものであるべきだと思うから。


久しぶりに小説について考えてみたら色々出てきてしまいました。

かなり放置していて書いてすらいないけれど、書けるようになったら書きたいとは思ってます。



まずは目前の検定試験を。
無謀だけど受けるだけ受けてきます!!

『鳴れないことをした・・・』 

October 15 [Mon], 2007, 20:07
別に疲れたりはしなかったけど。



9月末に大学がはじまって、それからしばらく色々とバタバタしていました。

最初の2週間は完全に講義の間の空き時間がなかった。
PCの前で文章やらレイアウトやらを必死で考えてました。

仕切る人の苦労というか、そぅいうのが少しわかった。
ハッキリ言って多少、「指示ばっかり出して、考えてくれたっていいじゃん」とか思ってました。(申し訳ないことに/謝)
至らないながら実際にやってみて、『仕切っていた人って、根底の案を出したりしていたんだなー』と思った。
というか、根底の意見を出したのは私ばかりだったような気が・・・。

少しはやってよかったと思ったけれど、向いてないなと。


これからの方がやらなきゃいけないことは多くなるし、内容としても重いものばかりになりますけどね・・・。


4連休だったので、まったり過ごしました。
約1年ぶりくらいに友人と会って喋ったり、文化祭行ったり。

久しぶりに高校に行って5年ぶりくらいに1年のときの担任の先生に会ってきたり。
「全然変わってないね〜」と言われてしまいました。
結構フクザツですねぇ。

色々とひっそり楽しみましたv


そーいえば、今週も空き時間が潰れたりするんですよねぇ。
今度のは、どうにか取り仕切り役は免れたので。
ちゃんとやりますけれども。


第二のGWはまったりと遊んで過ごしていたので、これから課題やらレポートやら模擬試験やらに追われます・・・。(号泣)

『ブラックボックス』 

September 02 [Sun], 2007, 20:28
そう思われがちな世界。
で、実習してます。



先週から実習してます。

1ヶ月は長いですねぇ。
しんどい課があるらしくて、ものすっごく不安・・・。

今日は休みだったのですが、逆に何をすればいいのかわからなくて困っていました。
久々のフリーな時間で嬉しかったハズだし、休みを待ち望んでいたハズなのに、何故だろう。

でも、1日ゆっくり過ごしたことによって、気分的なものは変わっているかもしれませんね。


とりあえずCDなどレンタルして録音してみました。

ZARD結構好きですよ。
『真っ直ぐな素直な想い』よりも『少しネガティブな部分もあるけど頑張る』って感じの彼女の歌が好き。


実習からの帰宅時は毎日音楽を聴いているし、必需品ですvv


実習、中から外を見ると、エントランスから入ってきて見えるのとは違った風景のように見えました。
人の流れがよくわかる。
職員さんとかには絶対に言えませんし、失礼な話ですが、以前私が『流動資産』と例えたのはあながち間違っていないのでは?と思ったりもした。

ほんっと失礼なんですけどね。(苦笑)

関連職種の場所に1日いたりもするので、その分見えるものもある。
実際に仕事をしている場面もかなりみせて頂いた。

期間は長いし、しんどいこともあるのですが、就職とかを考えると絶対にないといけない実習なのだと思う。

カリキュラムとしてこなすべきことであるし、やるからには外からは絶対に見ることの出来ない奥の業務を見て、やらせていただけることはやって吸収してこようと思うのです。

体力的にとか色々つらいけど。

来週は日曜も実習だわ・・・。(涙)
しかも、ロンリーだし。
っつーか、その前に大変な課が3日連続で・・・。(あー、もぅっ!!)

『読書カテゴリー作ろうかな』 

August 13 [Mon], 2007, 13:23
約1週間かけて『病名』『薬剤』etc・・・のワードファイルを7つ作りましたよ。
印刷してみたらA4サイズの用紙、枚数にして18枚でした。

最初から大層な量なのは認識してましたけど。
「やっぱり多いなー」というか「コレ何分で発表するんですか?」っていう疑問が。


今週は火曜と金曜、土曜と予定が入っているので、早めに終わらせるようにしなければ!



作家に拘ることなかれと豪語してきた私なのですが、最近村山由佳さんにハマっています。


読んだ本の全てに言えることは、終わり方が優しいということ。
ハッピーエンドばかりじゃないけれど、穏やかで切ない。
悲しい場面であるはずなのに、無闇な悲壮感を感じさせられない。
悲しいというより、切ない。

最初は感覚的に好きだっただけですけどね。

何冊か読んでから、「この人の文章って穏やかで綺麗な世界が表にあるけれど、そればかりじゃなくて『望むものを手に入れようとするあまりの葛藤』とか『陰で傷付く人の心』とか、そういう表現がしっかりあって好きだな」と思った。


もしも、本を読んで「主人公の辛さと比べたら私はまだマシだ」などと考えている人がいたらそれはお門違いだな、なんて考えてしまいました。

ゴメンナサイ、スミマセン。
ほんとに私の私観なので、他の人のご意見にケチをつけるつもりはないんです。
ご容赦ください。

普段読まないような時間帯に読書して、読み終えたせいもあると思う。

ちなみに、『BAD KIDS』を読んだあとに思った。

だって、彼女たちにとっては共感も同情も比較も無意味なモノだと思うから。

共感⇒所詮本人の気持ちなんて、本人にしか明確に理解できないのに軽々しく言われたくない。(本人にとってどうしようもないくらい辛いことなら尚更)

同情⇒これほど迷惑なものはないと思う。本人からしたら「偽善者ぶってないでよ」「こういうときだけ哀れむのってクダラナイ」という感じではないかと思っている。

比較⇒自分と他人と気持ちや感情を比較することがどうしてできる?自分自身に対しても相手の人に対しても失礼極まりない。相手の辛さを思って大切にするのはいいのですが、自分を軽んじて相手を上にみればいいってものでもないでしょう?(本人しかわからない感情の問題なら特に)

色々な生き方をしている人がいる、こういう生き方もあるのだと受け止めることが唯一、私たちに許されたことのような気がしている。

どんなに綺麗な言葉で言ったって「貴方を見て、私は救われました」って言っていることには変わりない。
それって、暗に相手の方が不幸だと言っていることになるから。

『本気で驚いた出来事(?)があった』 

July 29 [Sun], 2007, 11:18
人前で思わず口走るくらいに。
嘘、本当は計画犯。
少しくらいそういうことがあってもいいじゃない?って感じでワザと。
それに、大したことじゃないし。



夏休み初日に地元のぉ祭りがあるなんて、素敵ですね。
中学時代のぉ友達たちと遊びましたよ。
会っていなかった人で6年ぶりに。(笑)

18時〜23時半。

花火で盛り上がる大学生&社会人。
打ち上げ花火できゃーきゃー言ってました。(私も例外ではない)



二次会的なノリになったときは、ぉ馴染みのメンバーしか残っていませんでしたが。

実は、前日&当日にどっぷり凹むことがあったし。
『騒ぎつつも、冷静な傍観者でいよう』と決めていたり。


「相変わらず皆さんキャラが濃いですねぇ」と言ったところ「藤越もね」だそうで。
同類認定をされました。(笑)


ま、少々余計なことも口走りましたが。
親友ちゃんに根掘り葉掘り訊かれそうで怖い。
別に掘られるものもないのですが。

心に留めておきたいことをあまり訊かれるのは好きじゃないんですよねぇ。
ま、それなら端っから言うなって話ですが。(苦笑)

『どこが好き?と訊かれたら困るけど』 

July 19 [Thu], 2007, 23:03
私の場合、感覚だから答えは私にもハッキリとはわからない。


『プリズムの夏』
『青のフェルマータ』
『永遠の放課後』

それぞれの世界観があって、読んでいて楽しい。
読みまくっていますが、心に残るものってやっぱりある。
言葉というか文章の流れみたいなものが好きだなって、理由は明確ではないけれど感覚的に。
私の場合、そういうものなのだと思う。
考えて好きになるんじゃなくて、感覚的に好きになる。
特に趣味の場合はそういうのが強い。

その反面で、嫌いだと思うものは少ないけど、読んでいるのが辛くなるくらいしんどかった本もあった。
上記の中には該当作品はありませんが。


今日が前期の定期試験の初日だったのですが、土日やら昨日やら本を読んでました。

大抵は読んでいて切なくなる。


月曜がぉ休みだったのをいいことに、朝方の4時まで読書してみたり。

やっぱり真夜中から朝方にかけての読書っていいわ。
一番読書に没頭できる時間帯。
穏やかで、心地のいい静寂。


人に訊かれたところで「『恋愛小説』読むよ」なんて言い難い。
ま、恋愛小説なんて五万とあるわけですし、可笑しくはないんですけれども。

ふふっ、言ってみるのも面白いかもしれない。
意外って思うんだろうな、と思いつつ、反応見たさに色々やってみたくなることがある。

『人間像』 

July 07 [Sat], 2007, 21:27
本の中には様々な思考を持った人間がいるなぁと当たり前のことを考えたりした。

本を読んでいるときだけは、時間を忘れられる。
特に感情移入したりはしないけれど、現実とは少し切り離されたところで読書を楽しむ私がいる。



『ZOO 2』
『アッシュベイビー』
『天使の卵(エンジェルス・エッグ)』

ミステリー・ホラーでも読み終えた時点ではあまり恐怖感のないものもあるものだな、というのが率直な感想。
読んでいる途中は、結構ゾクッとしましたけどね。


『アッシュベイビー』はあまり好きじゃなかった。
ぁー、こういう世界観もあるんだとは思った。
思ったけど、好みではなかった。


『天使の卵』
こういうのが読みたかったんですよ。
現実にもありそうな日常生活が描かれていて、でもどこか非現実的感があるようなストーリー。

つくづく、「こういうのが好きなんだなぁ」と実感。
ま、まだ1作しか読んでいないから何ともいえないけれど。

あと1冊既に購入済みなので、のちほどvv


月曜提出のレポートやらその他課題、しかも、定期試験が2つあるというのに何をやっているんでしょうねぇ。

『ミステリー初体験』 

June 16 [Sat], 2007, 16:28
本ですよ。
実際にホラーっぽい体験をしたことなんてありませんから!


ってことで(?)昨日から本を読みまくっています。

今の講義日程では、基本的には金曜は大学がお休みなのでv

先々週と先週は中間試験やら提出物やら課題やら検定でそれどころではなかったので、幸せvv



『ハヤテのごとく!−ノベライズ版−』(サブタイは長いからコレで)

『インストール』

『幸福な食卓』

これらを金曜1日使って読みましたよ。

本当に本が読みたくて仕方がないときって、本屋に行くと本を買い足すんですよね、私。

音楽を聞きながら読書ってやっぱりいいわ。


夜中に読書をするのが好きだけれど、乙一さんの『ZOO』は夜中向きじゃない。
というか、ミステリーとかホラーは昼間に読むものですね。

でも、ゾッとする感覚にハマるというか、ハマらされた感じがします。

今までそういうジャンルのものは避けてきていたのですが、意外と読めました。

学校とか騒がしい場所で無理矢理音を遮断して読むのには向いていないけれど。


読書全般に言えることですが、昼間で、かつ静かな場所で音楽を聞きながら読むのが個人的にベストだと思う。

読書をし、大学で配られた膨大な資料と格闘し、何か色々片付けるものを片付けます。

『お酒とか音楽とか』 

May 25 [Fri], 2007, 20:47
癒しアイテムですねぇ。



ご無沙汰しておりました。


見た目印象の一人歩きって怖いなと最近思うことが多いです。

『お酒が入ったら人が変わりそう』とか『漫画読まなさそう』とか色々。

(見た目印象を)更に性格が裏付けているので、説得力ありまくりなのはわかるんですけどねぇ。(自分で言っちゃった/笑)


「私って、意外性ありまくりな人間なんですぅ」とか言ってみたい。
「だってほら、意外性があった方が色んな発見があるじゃない?」とかも言ってみたい。(爆)

いっそ言ってみようか。


「やっぱりお酒はある程度飲めないと!」とか言ってみたいけれど、言える相手がいない。

週末はお酒飲んでます。

リキュールのサイダーとかウーロン割りを計2杯半、みかん味の焼酎(ロック)1杯弱。

飲みすぎたって感じは一切ない。

因みに二日酔いをしたことがないので、どのくらい飲んだら二日酔いするのか不明。
限界を知らずに飲む(適度にやめておく)のが楽しいのでvv



最近は専ら音楽に癒されています。
『YUI』とか『いきものがかり』とか『大塚愛』とか。

『行きたい場所がある』 

May 09 [Wed], 2007, 21:08
連絡取るのを忘れたから、明日にでも。


ぉひさしぶりです。
ゼミの飲み会やら新歓が終わりました。

新歓でものすごく笑った。
先生方の個性が強くて、一部の特に個性が強い人のときは爆笑の嵐が巻き起こった。
それに負けないと宣言した新任教師もいて、『うちの学科って、やっぱり個性が強くないとやっていけないよなぁ(教師が)』と改めて思ったり。



GW明けということで、今日は某講義の模擬試験がありました。
終了後に答えを公開されたのですが、答えの数字と私が出した数字とがかけ離れていて泣けるくらいでした。

ゼミはしんどいけど、やるしかないという現実がありますからねぇ。(涙)
来週までの課題はまた大変そうなものですし・・・。


今回はあまり空き時間がないので、楽だなぁと思う反面ちょっと休みたいとも思う。
午後から夜までぎっしりはツライですよ。
好きでやっているものの、アレがやりたいわけじゃない。
私の方が信頼されているのか、使えないと思われているのか、イマイチ不明。

こればっかりは訊けない。
第三者(友達)に意見を求めようか。

でも、やっていてたま楽しいこともあるし。

こんなのでもいいか、と思ってしまえるのです。
P R
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『『夢小説』とはどう在るべきか』 (2007年12月11日)
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『鳴れないことをした・・・』 (2007年10月16日)
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『ブラックボックス』 (2007年09月03日)
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『読書カテゴリー作ろうかな』 (2007年08月14日)
アイコン画像摘季
» 『本気で驚いた出来事(?)があった』 (2007年07月30日)
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『人間像』 (2007年07月09日)
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『ミステリー初体験』 (2007年07月02日)
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『ミステリー初体験』 (2007年06月25日)
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『ミステリー初体験』 (2007年06月18日)
アイコン画像BlogPetの摘季
» 『お酒とか音楽とか』 (2007年06月11日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fujikosi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる