初めての不育症検診 その2

October 28 [Fri], 2011, 18:12
初診の前に、担当医が統計をとって研究に使う(と思われる)アンケートに回答をしてくださいと協力をもとめられました。

流産して辛かったことレベル別に○印をつけるものなどもあり、その質問自体がかなり辛いもの。


たとえば...

自分は価値のない人間だと思いますか?

3年子なきは去れと言われたことがありますか?

死を考えたか?

1回目の流産の辛さ加減(-100が最高)はいくつですか?

2回目の流産の辛さ加減はいくつですかとか?


白紙で出そうかとも考えましたが、名前を書いて、診察時に先生に直接渡すように言われたので、そんなことをしたら、心象が悪くなり、あんまりちゃんと治療をしてもらえないんじゃないかと頭をよぎりました。


ゆっくり回答を悩んでいる暇もなく

協力しないという選択もできず

適当にやや思うとか、-50とか当たり障りの無い回答に○をつけました。



まさか、こんな意味不明なアンケートに本当のことなど書けるはずがない。

死にたいと思っていても「すごくそう思う」と書ける人がいるんだろうか?

そして、流産を繰り返している人が、1度目の流産の辛さや2回目の流産の辛さを、単純明快な数値であらわすことができるだろうか?


私は、先々週に流産の処置をしたばかり。

そのせいか、とても神経質になっていたのかもしれない


問診うけながら...

何の為にこんなところにいるのかなと、よけいに悲しくなった

また、担当医から研究のために使うという血液の提供を求められたので、これも拒否できない雰囲気もあり、また、どうせ血液検査するなら多めに採るくらい...という安易な気持ちで書類にサイン

これから大丈夫だろうか、この先生のところで


今後の予定としては

まずは、1ヶ月かけていろいろな検査をします。

でも、原因がわかるのは3割で、一通りの検査をしても「異常なし」となり明確な答えが分からない可能性の方が高いです。と言われました。


昨日からずっと悩んだけど、他の病院に行っても同じかもしれないし...
まだ1度しかお会いしたことがないから、誤解もあるかもしれないし...


でも知人から、不育症を専門でみている個人クリニックを紹介され、昨夜早速、インターネットから予約を入れました。

人気のある先生で、初診は来年の1月初旬。

結論としては、いま現在かかりはじめた先生(これからはK先生と呼びます)のところで検査を受けつつ、セカンドピニオンを聞くようなつもりで、個人クリニックの診察を待つことにしました

K先生の第一印象は最悪だったけど、これも何かのご縁!

無事に赤ちゃんを抱きしめる日がくることを信じて頑張る
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ルミックス
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fuiku/index1_0.rdf