音色 

February 08 [Thu], 2007, 22:23
今日はレッスンの日。
会社帰りに地下鉄のホームで、電車が来たので走ったら、「ガタガタッ!」っていう大きな音がしたので、ふと楽器ケースを肩からぶら下げてるのでそこを見たら、楽器ケースカバーが開いてしまって、楽器が見当たらない

ちょっと戻ったら、楽器ケースが落ちていました
幸い中は開いてなかったので、なんとかセーフ

壊れてないか、ドキドキしながらレッスン場へ。
先生に、「これこれこうで、楽器落としました〜。」
と話しながら、楽器を出して吹いてみたけど、大丈夫だった
楽器ケースが頑丈だからよかったみたいです
普段は重くていやだけど、こういうことを考えるとよかったかも、ですね

で、レッスン開始。

ロングトーン。
ソノリテの音階練習。
エチュードの14番、15番。
そして、ヘンデルのソナタ Amoll。
(ヘンデルのソナタは1番もいくつかあるし、何番とかでなく、調で言わなければいけないそうです。)

もう、すべて、「音色」「音色」「音色」・・・・

いつもと一緒です。
「音がつぶれてる。」「かすれてる。」「息が足りない。」
「タンギング強すぎて、音がつぶれてる。」

エチュードの15番も、ヘンデルの2楽章も、ゆっくりでいいから「いい音色」を確認しながら練習すること。
エチュードの15番のダブルタンギングの練習も、まずはスラーで音をしっかり響かせてから、リズムをいろいろ変えて練習すること。

「もっと、もっとこだわって音色を聴いてください。」

う〜ん、ちょっとこれは根本的に個人練習方法を変えんとあかんなぁ
自分でも「こりゃあかん!」って思うときもあるけど、「OK」と「NO」の境目がわからないときも多い・・・

やっぱり自分の音を録音しながら練習するしかないかな

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fue
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
音楽大好き、フルート大好きなアマチュア笛吹きです。
へたくそですが、アマオケでフルート吹いてます。
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる