この日がやってきた 

January 22 [Tue], 2008, 23:03
2006年秋、

来週はマサヤが東京へやってくる。

私たちは久しぶりに会えることを心から楽しみにしていた。

そして、当日の朝、マサヤからの電話。

「メールを見られた」

私はこの言葉で一瞬に体が凍り付いてしまった・・・

そして、その直後に急に体が震えだしてしまった。

いつかは訪れるかもしれないと思っていたこの日。

それがまさか今日になるとは・・・・

久しぶりに会えるこんな日にバレてしまうとは・・・


そのあとにマサヤから出た言葉

「尾行されるかもしれないから、今回は会うのをやめておこう」

そして、

「お前の身にもなにか起こるかもしれないから気をつけておけよ」

私は「うん」としか言うことができなく電話を切った。


無性に1人でいたくなかった私。

いつ、奥さんから攻撃の電話が来るかわからない。

奥さんも私の携帯番号とアドレスを知っている。

震えが止まることはなかった・・・

そして、私はすぐにコウジに電話してしまった・・・・


コウジは黙って私の話を聞いてくれた。

仕事が忙しいみたいで、会うことはできなかったけど、

話を聞いてくれただけで私は安心していた。



唯一の相談相手 

January 22 [Tue], 2008, 22:51
マサヤが名古屋に転勤になる前から

この不倫の相談をしていた相手、それがコウジだった。

コウジは私と同じ年の同じ職場の男。

独身で2〜3年付き合っている1つ上の彼女がいた。


彼は面倒見のいい男で、人の話をきちんといつも聞いてくれて

アドバイスしてくれたり、たまには説教してくれたり、

全然イヤにはならなく、私としては最高の相談相手。

よく、二人で飲みにいくと、私はマサヤに対するグチばかり

話していた。コウジはマサヤの部下。昔からのマサヤの女癖も

すべて知ってる人だった。

ある日、私とコウジが二人で飲みに行ってることをマサヤにバレてしまった。

私の中ではちょっと、マサヤに嫉妬させたいからバレてもいいかな?

むしろバレてくれたほうがいいと思っていた。

別にコウジとセックスをしたわけでもないんだし、マサヤにだって奥さんは

いるんだから、私に他の男と飲みに行くことを咎める資格はないんだし・・・・

そんなマサヤは私に怒ることはなかった。

反対にコウジに怒った。

「コズエと二人で遊ぶな」と・・・・・


マサヤと私の不倫がコウジにバレていることは、マサヤは気づいてない。


なのに、どうしてそんな人にバレてしまうような言い方をするのかな?って

思っていた。

私はそこで、ひとつ気づいていないことがあった・・・・・



私が相談相手として大切な友達だと思っていたコウジ。

このとき、彼は私に大きな恋心を抱いていたのだ。

マサヤはそれに気づいていたのだ。

だから、コウジに説教をしたのだ。

コウジに私を奪われたくないために・・・・


このとき、すでに三角関係が始まっていたのだ・・・・・

遠距離不倫 

January 22 [Tue], 2008, 22:39
二人目の不倫の男、マサヤ。

彼は女遊びの激しい男。

それは承知で私も付き合っていた。

マサヤが独身なら私も激しい嫉妬に悩まされていただろうけど、

不倫だから、まぁいいかな?っていう気分だった。

週に1度くらい体を重ねあう暮らしの中、

マサヤは4年前、名古屋に転勤になってしまった。

そう、私たちは遠距離不倫になってしまった。

年に2回、東京である会議のたびに私たちは一緒に体を重ねた。

そのほかにも私が年に2度くらいは名古屋に足を運び、

つかの間の幸せな日々を二人で過ごしていた。


今まで毎日のように顔を合わせていた私たち。

全然会えない苦しさは私の中で相当なものだった。

しかも、あまり携帯で連絡をとるということをしない男。

連絡さえもなかなかとれなくなった・・・

ポケベルを見られた 

December 15 [Sat], 2007, 0:30
そして、初めての男と何度か密会を繰り返した。

まだ携帯でもPHSでもなく、ポケベルで連絡をとりあう時代だった。

私たちはポケベルで甘い会話を繰り返していた。

そして、ある日、ポケベルのメッセージを削除しなかった男が

お風呂に入っている間に最近の男の様子がおかしいことを

疑問に思っていた奥さんがポケベルを見てしまった。

そこには私からのメッセージ

「アイシテルヨ」

そこで私たちの関係はバレてしまった。

私はそのとき、高校を卒業して東京へ上京していた。

私の家の電話が鳴った。

「バレた。」

私は体が固まり、どんどん血の気が引いていくのがわかった。

その日は眠れず、次の日も眠れず、またその次の日も・・・・


眠れない日々が続いたある日、私の家に一通の郵便が届いた。

差出人は奥さんからだった。

私の手は震え、しばらくその封筒を見つめていた。

やっと封を切り、手紙を読み始めた。

2枚の便箋にわたり、書かれていたことは・・・・

「今回のことはちゃんと旦那を管理していなかった私が一番悪いです。

今回限りは許してあげるけど、もし、また何かあったときは

許さないから。」


ちょっとほっとした。

でも、なぜか私は震えていた。

もうこの男は忘れよう。

そこで私の一度目の不倫は終わった。

不倫1度目・・・ 

December 15 [Sat], 2007, 0:10
さて、私は不倫は3度している(今現在・・・)

初めての不倫、それは私にとって初体験の男でもあった。

高校3年のとき、同じバイト先の先輩。

バイト先は仲間意識が強くてよくみんなで遊びにいっていた。

そして、とある日、私はその仲間の1人に呼び出された。

「一緒にドライブに行こう」

と・・・仲がよかったし、学校もバイトも休みだったから暇つぶしに

いいかな?って思って私はついていった。

その帰り、彼は私に突然キスをした。

まだ恋愛の経験がない私は、動揺しどんどん好きになってしまった。

その男は妊娠中の奥さんがいた。私の2歳上の男だった。

奥さんも同じバイト仲間。

私は好きになってはいけないとはわかっていたけど、

どうにもならなかった・・・・

その日は眠れなかった・・・

マサヤと私 

December 14 [Fri], 2007, 17:56
マサヤとの出会い・・・・

私が新入社員として入った会社の先輩だった。

私を教育してくれる立場だった先輩、それがマサヤ。

私が入社して1ヵ月後、マサヤは8年付き合ってきた彼女と

結婚をした。私はそのときは素直に祝福をした。

なぜなら、そのときは違う男と付き合っていたからだった。

さすがに8年も付き合ってきてからの結婚だったから

「結婚は人生の墓場だ」と

よく口にしていた。

でも、どこか幸せそうな顔をしていたのは気のせいだったろうか・・・

私は1年半付き合ってきた男がいた。

フリーターの5歳年上の男。

わがままな頼りがいのない男ではあったけど、どこか馬が合った。

お互い、あの出来事さえなければ、それぞれのパートナーと

とってもとは言わないだろうけど、それなりに幸せに暮らせて

いたのかもしれない・・・・・

私はどうしようもない女 

December 14 [Fri], 2007, 13:41
私はコズエ、独身の28歳。

とある会社の正社員。

私にはいろんな過去と今がある。

しかも人に言えないようなことばかり。


私にはマサヤという彼氏がいる。

でも、彼氏と思っているのは私だけかもしれない。

マサヤは36歳。結婚している。

そう、「不倫」。

私たちは7年前からこの「不倫」を続けている。

今は連絡をとっていないけど・・・・

だから私だけまだ「彼氏」だと思っているのかもしれない。





そんな3日前、私はタカシと結ばれた。

タカシは私と同じ28歳。去年結婚したばかりの新婚さん。

そう、また「不倫」だ。

一度きりの体の関係なら「不倫」にはならないかもしれない。

でもそういうわけにはいかないと思う。

タカシはマサヤの元部下。


タカシは私とマサヤの不倫のことを知っている。

マサヤとのことをいつもタカシに相談していたから・・・・


複雑な不倫三角関係みたいなものになってしまった。


私は不倫しかできない女なのかもしれない。


実はこれで私は不倫は三度目・・・・


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fu-ri-n
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像KAMI
» この日がやってきた (2008年10月22日)
アイコン画像ヨシオ
» この日がやってきた (2008年10月18日)
アイコン画像真那斗
» この日がやってきた (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» この日がやってきた (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» この日がやってきた (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» この日がやってきた (2008年10月08日)
アイコン画像きりひと
» この日がやってきた (2008年10月03日)
アイコン画像ikumi
» この日がやってきた (2008年09月28日)
アイコン画像ハム太郎
» この日がやってきた (2008年09月26日)
アイコン画像南雲
» この日がやってきた (2008年09月22日)
Yapme!一覧
読者になる