3D Touchで利用できるPeek(ピーク)。コンテキストメニューのように、よく行う

December 09 [Wed], 2015, 0:03
新iPhoneの「3D Touch」に抱く懸念
3D Touchで利用できるPeek(ピーク)。コンテキストメニューのように、よく行う操作を呼び出したりできます(撮影:松村太郎)
 Appleが発表した次期iPhone、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」に採用された新しいユーザーインタフェース「3D Touch」が話題です。
オークリー アウトレット新型のiPhoneにおける最大の見どころと評価する人も多いこの機能は、Appleいわく「次世代のマルチタッチ」。タッチパネルの操作では今や一般的になった、複数の指を使ったスワイプやピンチ操作に次ぐ、iPhoneならではの新しい操作です。
シャネルiphone6sケース

 指でガラス面を強く押し込むと、押し込んだ強さに応じて「Taptic Engine」が振動を起こし、それと同時にPeek(ピーク/のぞく)やPop(ポップ/飛び出す)と呼ばれる動作を起こせるこの機能は、ソフトウェア(iOS)とハードウェア(iPhone)を一体で開発できるAppleだからこそ実現できたスムーズな操作感だと評判です。発表会場で実機に触れた人の多くは、その出来の良さや実装の素晴らしさ、利便性の高さを異口同音に伝えています。
iphone6s plusケース

 しかしこの3D Touch、知っていると便利な機能である半面、知らないと使えない機能になってしまうのではないかと、懸念を覚えます。

 以前、Apple Watchに「Force Touch」が採用されたときにも「Apple Watchの“全貌”にユーザーは気付けるか 『長押し』に感じる不安」という記事を書きましたが、こうした“普通のタッチ”とは異なる操作を組み合わせるユーザーインタフェースには、機能が複雑になり、存在するはずの機能が見付けられなくなるリスクがあります。
ヴィトン iphone6ケース

 iPhoneの発表会場で3D Touch機能に触れた人は、「今回の目玉機能は『3D Touch』です。こんな風に操作するととても便利です。
オークリー アウトレットさあ、試してみてください」といった感じでレクチャーを受け、実際に触ってみて、その素晴らしい操作感に感動するのだと思います。

 iPhoneを使いこなしている人なら、今まで何度もタップしたりホームボタンを押してアプリを切り替えたりしていた操作が、指を軽く押し込むだけでできたりするとなれば、便利で生産性も上がると感じるでしょう。
シャネルiphone6s plusケースそれはそれで素晴らしいことです。

 ですが、普通にキャリアショップなどでiPhoneを購入する人の場合、3D Touchについては一切知らないままiPhoneを使う可能性もあるわけです。
時計 レディース 人気こうした人は、3D Touchの恩恵を受けられないかもしれません。テレビCMで見るとか、何かの拍子に気付くこともあるとは思いますが、長押しをしてホーム画面のアイコンを並べ替えられることや、コピー&ペーストの機能が使えることを知らない人がいることを考えると、かつての
「Apple Watch」を林信行が読み解く――watchOS 2とHERMESでリードを広げる
サンフランシスコで行われた米Appleのスペシャルイベント
 毎年2回ほど開催される米Appleのスペシャルイベントだが、ここ数年でもこれほど気合が入った回はなかったかもしれない。
ルイヴィトンiphone6sケース何しろMac以外のすべての製品が新しくなったのだ。

【エルメスコラボモデルを写真で見る】

 スマートウォッチ、タブレット、スマートフォンの3つのカテゴリをすでに征していたアップルが、今回の発表でさらに競争力を高めている。
新品gucci iphone6 ケース

 Apple Watchは、その妥協しないクラフトマンシップと圧倒的な品質で高級ブランドの中でも特別な地位を築いているエルメスと、世界トップ企業であるアップルとの夢のコラボということで、スマートウォッチ市場はもちろんだが、高級時計市場にも大きな衝撃を与えることになるだろう。

 また巨大なのに初代iPadと同じほどの重さなので、むしろ軽くさえ感じるiPad Proは、デジタルであることを忘れさせるほど滑らかに描けるApple Pencilと、気軽に持ち運べるiPad Pro Smart Keyboardが加わり、マイクロソフトやアドビも本格的なアプリを出してきたことから、これから法人やクリエイターでの需要が飛躍的に高まりそうだ。
iPhone6 エルメス

 iPhone 6sと6s Plusは見た目こそ、これまでのiPhone 6/6 Plusと変わらないが、中身はまったく違ったものになっている。新たに加わった3D Touchの操作は、外観からは分からないものの、何かをするまでの操作のステップ数を大幅に減らしてくれる画期的な機能で、今後、なんらかの形で他者にも真似をされて、スマートフォンの操作方法を未来永劫(えいごう)変えてしまう可能性を秘めた画期的な機能だ。
最新シャネルiphone6 ケース

 これに加えて、App Storeを搭載し、アプリの実行にも対応したApple TVで、ついにテレビまわりのデジタル環境にすら深く切り込んできた。これまでソニーや任天堂、マイクロソフトが支配してきた家庭用ゲーム機市場にとっても大きな脅威となることだろう。
iPhone 5 ケースコピー

 いずれ劣らず圧倒的な存在感を持つ4つの新製品は、これからクリスマス商戦まで少しずつ展開されていく。

 今日から発売になったApple Watchの新色、月末に発売のiPhone 6sと6s Plusが、10月にはApple TVとApple Watch Hermes、そして11月にはiPad Proといった具合に、アップルはこれから毎月順に新製品を発売して今日の発表会を思い出させようという戦略をとっている。
iphone6sケース

 どれ1つをとっても主役を張って発表会イベントを開けるほどに内容が詰まった4製品だけに、紹介するには情報の整理が必要だ。

 以下では、各製品の発表の概略を短めにまとめて、その後に目を引くディテール部分という構成で書こうと思う。
iPhone6ケースグッチ手っ取り早く概略だけを知りたい人は、そこだけ飛ばし読みしてもらえればと思う。逆にすでにほかの記事を読んで概略を知っている人は、ディテール話だけつまみ食いしてほしい。
ルイヴィトンiphone6 ケース

 まず、この記事では「Apple Watch」を紹介する。その後、「iPad Pro」、「Apple TV」、そして「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の記事も続けて掲載する予定だ。
シャネルiphoneケース コピー

●「Apple Watch」概要――エルメスコラボと新色が登場

 スペシャルイベントは、2015年に登場したばかりの新製品、Apple Watchの話題から始まった。

 春ごろに登場したApple Watchは顧客満足度調査でも97%と大好評だが、今回はスペックをそのまま引き継ぎつつ、新たなバンドやボディーカラーが選べるようになった。
人気ブランド携帯カバー

 そしてなんといっても最大の話題は、フランスのブランド、エルメスとのコラボレーションモデルだ(発売は10月から)。アップルとエルメスといえば、どちらもクラフトマンシップ、職人の技と製品の質になによりもこだわる企業。
シャネル iPhone6sケースある意味、非常に相性がいいコラボといえよう。

 ラインアップは、一般の革時計と同様の「Single Tour」モデルが38ミリと42ミリで3色、腕の回りをぐるっと2周して留める「Double Tour」モデルが全38ミリで4色、太い革のブレスレットから時計の盤面がまるでカフスリンクのようにのぞく「Cuff」モデルが42ミリのみの1色で展開される。
iphone6ケース ブランド

 これに加えて、好評ながら高価な18カラットの金素材でしか提供されていなかったゴールドとローズゴールドの2色が手ごろなApple Watch Sportコレクションとしてアルミニウムケースでも展開されることになった。さらにApple Watch標準コレクションやEDITIONコレクションにも新色が加わっている。
ルイヴィトンiphone6sケース
国産高機能ケータイがそうであったように、搭載されているのに誰も気付かない機能が増えていく恐れもあります。

 純正アプリで実現されている3D Touchを活用する機能は、知らなくても困らないといえばそうですが、3D Touchはサードパーティー製のアプリでも利用可能になることから、Appleの純正アプリとは違う3D Touchの使い方を組み込むアプリも出てくることが考えられます。
CHANELマフラーこの場合、肝心の機能が使えないといったことも起こるかもしれません。

商品名:LV/ルイヴィトンiphone6sケース ブランドiphone6s plusカバー保護ケース手帳型



対応機種:iPhone6s、iPhone6s plus、iPhone6、iPhone6 plus



カラー:3色


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 マルチタッチでストレスなく操作できるiPhoneが初めて登場した当初は、子供でも直感的に使えるタッチパネル操作に誰もが魅力を感じました。
iphone6sケースですが、3D Touchがその再来になるのかどうか、と考えると、いまひとつ確信が持てません。
エルメスiphone6ケース
 3D Touchが、PCのキーボードショートカットや、右クリックで呼び出せるコンテキストメニューのように、玄人だけが知っている“裏技”のようにならないことを願ってやみません。
2014ニューデザインマフラー
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ftuif/index1_0.rdf