中国電信レンタル

May 22 [Wed], 2013, 17:05
「1980年代に電気通信産業は急成長したが、90年代以降の発展はさらに目覚しく、90年から97年までに、中国電信の売上高の年平均伸び率はGDP成長率より30%も高かった。中国電信の通信網は世界第2位の規模となり、中国 携帯 レンタルは収入、利潤ともに非常に高い大型電気通信事業者に成長した。
一方で、電気通信事業は政府の規制課に置かれ、特に基本通信サービスでは中国電信の独占が保たれていた。基本通信サービスの場合、事業者の総費用に占める固定費用の割合が大きいことから、参入できる企業は限られていた。そのような中から、専用網を持つ電力部、鉄道部が電気通信サービスに参入しようとしたのが聯通の設立された背景である。
また中国のWTO加盟問題において、通信サービス分野はさらに改革に力を入れなければ情勢に適応できなくなるという状況も競争導入の背景としてあげられる。政府は多様化、高度化する通信サービスの需要にこたえるために競争の導入が必要であると認識していたのだ。しかし、1990年代に電気通信に導入された競争は、国有企業あるいは省庁同士の競争であり、民間企業の参入を主とする先進国の自由化パターンとは異なっている。」  
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:rtuhf
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ftudfgh/index1_0.rdf