マコちゃんで江本

March 16 [Wed], 2016, 0:13
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行ない、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
入れ歯にくらべれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。



これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働聴かける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと希望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。虫歯が結構悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。



費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところまだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって結構長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。



大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、他の歯科治療とくらべても費用がかかることです。ケースによっては数十万円の負担になるケースもあるのです。加えて、治療が失敗して結構深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。まれな症例として、手術後の死亡例もあります。



インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

あなたがたがインプラント治療に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。


ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。
なぜなら、インプラントは保険適用外が大半で、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。


ただし、おおよそ相場は決まっています。



インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大切だと心得てちょうだい。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてサイト上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日向
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ftshietixhrhgp/index1_0.rdf