横ちょでコツバメ

June 29 [Wed], 2016, 18:41
買取サービスには昔から多様なものがあります。

最近人気なのは、郵送買取と呼ばれる、貴金属を送って買取査定をしてくれるサービスなのです。

この形態は、売却したい品物を専用のパックに入れ、郵送などでおみせに送付し、アトは査定結果の連絡があるまで待つだけです。
おみせからメールや電話で査定額の連絡をうけ、その額で買取してもらうかを決めればいいのです。

営業時間の制約がある店頭買取と違い、時間や地域の制約をうけることもなく、店に行く時間がなかなか取れない人が主に利用しているようです。
不況の影響もあってか、金の買取サービスを利用する人は増えており、これを新たな商機と見て、多様な会社が金やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。

沿ういう店舗がどこにでもあるのは便利なことでしょうし、価格競争になることで、買取金額が全体的に高くなったり、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。


おみせの人も、よりお客さんに優しくなるかも知れないですね。買取ショップの利用を考えている人にとっては、歓迎すべ聴ことだと思います。金買取を利用する上では店のシステムを確認することが大切です。



鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を買取金額から差し引いてくるところと、それらが無料のところがあります。高額買取を掲げている店でも、こうした費用が設定されていたら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る金額は低くなることになります。

ズルイ業者だなあ、と思う方もいるでしょう。

後から損した気分にならないためにも、費用の有償・無償はチェックしておいて下さい。

不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、鑑定の結果、白金(プラチナ)ではなく、白色金(ホワイトゴールド)だと言われたなどというケースが割と多いようです。見た目は似ていますが、両者は全くちがう金属で、価値も大きく異なります。



古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナのかわりに用いるようになったのです。



K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、ホワイトゴールドだという証です。ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、それなりの値段で買い取ってもらえるのは確かです。
金やプラチナなどの買取ショップでは、20歳未満からの買取の禁止が設けられている場合が多いです。
このため、未成年者は買取の利用を断られてしまうケースが大半だと思われます。
とはいえ、例外的に、年齢制限が20歳未満ではなく18際未満の場合もありますが、その場合でも保護者の同意書は必要です。加えて、立とえ18歳からOKの店でも、高校生ならやはり買取は不可能です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miu
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ftraaerntkibos/index1_0.rdf