上海は活気にあふれ

June 09 [Sun], 2013, 21:43
20世紀初頭の上海は活気にあふれ、様々な建築様式の洋館が建てられ、それらは今でも数多く残されています。そんな「古き良き上海」の面影を残す建築物を紹介します。浦江飯店の前身はリチャーズホテル(礼査飯店)で、1846年に現在の金陵東路外灘に落成した建築。上海の歴史上初の西洋式ホテルで、1949年浦江飯店と改名されました。 2002年浦江飯店の第一期リニューアルが完成、全エリアを使用開始。
1934年にイギリス商人によって建てられた19階建てのアールデコ様式建築物。元の名前は百老匯大厦(ブロードウェイマンション)で、1951年に上海市議会によって「上海マンション」Shanghai Mansions と改称された。改革開放以降、元の「ブロードウェイマンション」の名称に戻されている。現在上海でも屈指の五つ星ホテルである。外灘でも最高の眺望を得ている建物であり、外灘、黄浦江の景色が一望できる。 1924年建築。中国全土に現存する中で、保存状態が最も良い建物で、自国民が早期に設立した郵政ビルでもある。 1922年、天津、北京の郵政ビル設立に引き続き、中国3軒目の郵政ビルが上海で着工した。設計はイギリス系のスチュワードソン&スペンス事務所が、中国 旅行 注意施工は中国系の余洪記営造廠がそれぞれ請け負った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dxftujfm
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ftgjusqf/index1_0.rdf