モバイルインターネットの分野

June 11 [Tue], 2013, 17:16
アップル、サムスン、GoogleとMotorolaの巨人に加えて、あなたは、中国市場における日本企業として見られているほとんどすべての日本のブランドの携帯電話ではなく、中国市場での良いパフォーマンス、ことがわかります共通の問題。1999年以来、中国市場に参入する日本の携帯電話メーカーの最初のバッチは、欧州、米国、地元メーカーによるダブルスクイーズ、日が中国市場で善戦していません。公的統計によると、東芝が中国市場から撤退する南京普天と東芝の合弁会社から撤退し、三菱も噂は、それが中国市場から撤退すると述べ、中国市場から撤退するためにいくつかのNECの携帯電話は遅く、ソニーエリクソンは、サポートを維持することができました。
テレコム評論家、翔Ligang、ダンボネットワーク社長は、日本企業が、その技術は、一般的には、動作しないと言うことではない、中国市場は非常に開始で、コストが高い、遅い応答であることを明らかにした記者のウェブサイトに語った難しい。
もちろん、パナソニックはまた、この "悪循環"がエスケープされていない、携帯電話事業は、中国市場を終了したと噂されているにもかかわらず、タブレットPCがもっとある任意の新製品を見ていない、それはパナソニックが完全に持って言うことができる上のモバイルインターネットの分野で "消える"。
考察国際アナリスト日Peilinでも記者とのインタビューで語った、モバイルインターネット業界を観察するために多くの人がパナソニックを心配すべきではない、それに注意を払う必要はありません。中国 モバイル インターネット パナソニック、いくつかの二流の携帯電話メーカーよりもさらにこの市場の下落で多くの新製品。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dftgh
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ftghse/index1_0.rdf