常に素晴らしい乳酸菌がヒット中のワケ

January 27 [Wed], 2016, 21:54
便秘症は、男の方に較べ、女の人が見舞われやすく、それに関しては生理的な不都合があるようです。

男の人と較べると女の人は腹筋の力が足りないために、便を排出する強さがやっぱり弱くなるわけです。そして、黄体化ホルモンの働きで塩分や水分を貯めるように指図をするため、直腸の腸壁から排泄物に含んでいる水分が吸収されて排便困難に陥ります。



特に月経の前と妊娠初期だと便秘症になる場合が多いようです。
女性の方だったら無茶なカロリー制限も便秘になってしまう原因となってしまいます。


摂取量を少なくすると食物繊維であるとか水分の量についても足りなくなるので、排泄物は堅くなり、排泄されにくくなると言えます。気持ちからくる要因という場合も多く、女の人の場合、人前という恥ずかしさからトイレに入るのを我慢してしまうことってあるのではないでしょうか。



乳酸菌がお腹や体の健康に良いのは誰でもわかっています。
ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではという疑いを持つひともいます。実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、従って身体全体の健康になってくれるのです。



インフルエンザにならないようにするためにいいといわれているものに乳酸菌があります。およそ1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというプログラムがありました。うちの娘が受験を控えておりましたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが特に効くそうです。
いわゆる乳製品でなくても、乳酸菌入りの食品があると知り、いったい、どういうものだろうと調べてみました。

いろいろ探してみたら、乳酸菌というのは乳酸の菌ということではなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。これは世間での常識ですか?30年余り生きて来て、知らなかった事実を発見です。



実は乳酸菌を摂ると様々な良い結果がもたらされます。内臓、腸内の善玉菌を多くして悪玉菌を少なくし、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。
その結果として、免疫の力が向上し、たくさん健康に対する効果を得られます。アトピーに良い効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いと言われています。



ここ最近、乳酸菌がアトピーに効くことが判明してきました。

ご存知の通り、アトピーの引き金となるものは様々ですが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって原因となることもあります。多くのアトピー患者は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることが完治するための方法となるわkです。
ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私が経験したのは、かなり大量にたべないと、効果があまり感じられません。
1日につき1パック位食べて、やっとお通じがあります。ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムなどを入れて、できるだけ摂取するとよいでしょう。ツボで聞くことが多いのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところにある天枢(てんすう)であります。



他にも、おへその下5cmくらいのところにある腹結(ふっけつ)というツボも効くと言われています。
手首にはしこうとがいかん、いうツボもあります。

色々なタイプの便秘によっても、効果を得ることができるツボが違うので、自身に適したツボを押すと効果がでやすいでしょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuudai
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fteb3jst5anaas/index1_0.rdf