きくなったことにより、トリミングの自由度が高くなってい

November 14 [Sat], 2015, 10:54
●真に注目すべきはメモリー倍増

 さらに、通常のアプリケーションで今回の速度差を体感できるかというと微妙なところだ。例えばiMovieを例に挙げると、エンコード時間ではたしかに差が開いたが、動画を貼り付ける、トリミングするなど操作する際のレスポンスでその差を体感することはできなかった。
シャネルiphone6 ケース

 ゲームも動画編集アプリに次いで高いパフォーマンスを要求するソフトウエアだが、大多数のゲームは、比較的パフォーマンスの低い端末でも動作するように設計される。6s/6s Plusのパフォーマンスを最大限に引き出すようなアプリケーションは、当分リリースされることはないだろう。
iphoneケースシャネル激安

 むしろ基本スペックで注目すべきは、メモリー(RAM)の増量だ。6/6 Plusまでメモリーが1GBしか搭載されていなかったところ、6s/6s Plusでは2GBのメモリーを搭載した。
オークリーゴルフメモリーの容量は、アプリケーションの切り替え速度や、システムの安定性に大きく寄与する。多くのアプリケーションをつぎつぎに立ち上げては、切り替えて利用することが多いユーザーほど、メモリ
iPhone 6s/6s Plusの新機能を支える日本企業 分解で見えたその存在感
「iPhone 6s Plus」を分解したところ。
オークリー サングラス筐体は先代の6000番台のアルミ合金から、より強度を増した7000番台のアルミ合金になった。これは零戦の機体と同じ素材
 9月25日、AppleがiPhoneの新モデル「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」をリリースした。
iphone6ケース手帳型 人気従来モデルから外観上の違いは新色が加わった程度だが、中身の変化は大きい。

【3D Touchを実現する「Taptic Engine」(iPhone 6s Plus)】

 とりわけ新機能の「3D Touch」はタッチパネルにかかる圧力を検知する感圧センサーが欠かせず、これには日本企業が貢献している。
グッチ iphone6sカバー今回は新型iPhone2機種の分解を通じて、その開発で存在感を示した日本企業、従来モデルとの変化、今後の展望を考察する。

●「3D Touch」を実現するため新しいセンサーとモーターを搭載

 iPhone 6s/6s Plusが内蔵する新型の振動モーターは「Taptic Engine」という名称で、ディスプレイへのタッチ圧力を検知して指先にコンコンと反応を返す役割を担う。
オークリーゴルフタッチ操作に対するフィードバックを振動で行う「haptics」(触覚)技術と名称が似ており混同してしまう。

 その“haptics”を実現するためiPhone 6s/6s Plusに新しく搭載されたのが、Appleが「容量性センサー」と呼ぶタッチ圧力を検出するセンサーだ。
iPhone6ケース

 通常のタッチパネルセンサーは縦方向と横方向のタッチ位置を検出するもので、iPhone 6s/6s Plusは液晶を一体化した「インセル方式」を採用している。インセル方式はノイズに弱くなり、コストも上がるが、独立したタッチパネルが不要で薄型化に有利な方式だ。
オークリー サングラスこのインセル方式の液晶パネルの真下に、深さ方向(圧力)を検知する独立した容量性センサーがある。

 ディスプレイの下は金属板で覆われており、分解の過程で筐体からディスプレイを分離しただけでは容量性センサーは見えなかった。
シャネルiphone6s plusケース底面の板を取り外すと、ようやく金属板に貼りついた容量性センサーが現れた。

 その外観を観察すると、タッチパネル制御ICの裏側から無数の配線が伸び、縦方向に太い空隙、横方向に細い溝が形成されており、縦12段、横8列の四角いブロックを形成している。
人気iphone6ケース

 それぞれが静電容量を検知する素子で、指でやや強くディスプレイを押した際に生じる指とディスプレイの密着面積の広がりを検出して圧力として認識していると思われる。ディスプレイ自体は非常に薄く、たわむほど力を加えると壊れてしまう。
iPhone6ケース香水風

 そのためこのセンサーは指がタッチパネルを押す圧力そのものではなく、指とセンサーの間を流れる電流量が押す強弱や速度で変わることを計測しているのであろう。

 iPhone 6sはiPhone 6と比較すると14グラム、iPhone 6s PlusはiPhone 6 Plusから20グラム重量が増えた。
ルイヴィトンiPhone6sケースこの重量増加は新しく搭載された部品が占めている。Taptic Engineは振動モーターとしては大型で重く、容量性センサーは素子が載るフレキシブルプリント基板は1〜2グラムと軽いが、それを保持する金属板が重いためだ。
iPhone6ケース香水風

●感圧センサー、モーター、放熱機構に国産技術

 新機能の開発には困難が伴う。そんな時に頼りにされるのは日本メーカーだ。
グッチ iPhone 6ケース今回の容量性センサーに部材供給や組立で関係した企業は、JX日鉱日石金属、日本メクトロン、新日鉄住金化学、日米合弁の東レ・デュポンなど、ほとんどが日本企業である。またTaptic Engineの主要メーカーの1つは日本電産だ。
シャネル iphone6ケース

 これ以外にも日本企業の製品が随所で採用された。最多と思われるのは、村田製作所の積層セラミックコンデンサー(MLCC)で、極小サイズの「0402」は216個使われている。
iPhone6ケース シャネル風また同社の製品は通信部の小型部品を高密度実装するディプレクサ(アンテナ共用器)やアンテナに近い通信機構(フロント・エンド・モジュール)にも採用されている。

 ドイツのEpcosを買収したTDKの製品も、特定の信号を通過させるフィルタとして搭載されている。
グッチiPhone 6sケースこれらの超小型部品は通信に必須の部品であり、対応周波数が増えると部品数も一緒に増えていく。

 センサー分野では、これまでApple向けの牙城を死守してきた旭化成に代わり、アルプス電気の地磁気センサーが採用された。
iPhone6ケースグッチ特徴は使用開始にあたって端末を「8」の字に振る補正動作が不要になったことだろう。

 メイン基板に収まらない部品を載せるのがフレキシブルプリント基板(FPC)だ。
シャネルiphone6s plusケースその名の通りフレキシブルで折り曲げが自由で、狭い筐体内で折り紙のように複雑に畳まれて所定の場所に部品を配置する。その多くが日本メーカー製だ。
グッチiPhone 6sケース

 充電・外部接続用のLightningコネクタを備える最も大型のFPCは端末下部にあり、これは日本メクトロンの製品。500万画素のインカメラと通話用マイクなどを搭載した端末上部のFPCには、リンゴマークの下に住友グループのロゴがある。
シャネルiphone6s plusケースもう1つのマイクとフラッシュ用LEDを備えた端末脇の細いFPCは台湾のFlexium Interconnectのものだ。

 端末の高性能化が進むと電子部品が発する熱も増える。
グッチ iphoneカバー特に熱くなるのが2階建て構造になっている「A9」プロセッサーとDRAM(メインメモリ)だ。フル稼働した場合の温度は70度に達することもある。
iphone6s plus

 このスポット熱を素早く逃がさないと、周囲にある熱に敏感な電子部品はすぐに故障してしまう。そこで登場するのがカネカの炭素黒鉛を加工した熱拡散シートだ。
シャネルiphone6 ケース炭素は天然に存在する元素の中で最も放熱効率が高く、銅箔やマグネシウムよりもスポット熱を早く拡散できる。iPhoneはディスプレイ部と基板、バッテリーを金属版で仕切っているが、金属板の基板側はほぼ全面にこのシートが貼付されている。
iphone6ケース手帳型 人気

●カメラのスペックアップを支えるメモリの進化

 性能面で大きく変わったのがカメラとメインメモリだ。カメラは従来の800万画素から1200万画素になった。
iPhone6ケース香水風メーカーはソニー製と推定される。iPhone6s Plusにはアルプス電気が供給する光学手ブレ補正機構も引き続き搭載されている。
シャネル iPhone6sケース

 また両モデルとも4K動画の撮影に対応した。フルHDと比較し4倍の解像度となるが、使われるデータ量も多くなり、プロセッサとカメラの橋渡しをするメモリは一度に大容量データを転送しなくてはならない。
オークリーゴルフそのメモリ容量は1Gバイトから2Gバイトに増量された。

 またメモリの規格も、DRAMのLow Power DDR3 SDRAM(LP DDR3)からLow Power DDR4 SDRAM(LP DDR4)になり、大幅な省エネとデータ転送量増大を実現した。
iPhone6ケース香水風各モデルのバッテリー容量は従来モデルより100mAh〜200mAh減っているが、プロセッサやメモリの省エネ化で減少分を補っているようだ。

●気になる原価は?

 iPhone6s Plusの原価はおよそ248ドル(約2万9780円)。
グッチiPhone 6sケース先代と比べ約20ドルの上昇である。実際には統合され使わなくなった部品もあるので、個々の部品のコストアップ分を足すと20ドルを超えるだろう。
iPhone6ケースグッチなお原価は本体の部品コストのみであり、組立・付属品・流通コストなどは含まれていない。

 コストアップの要因になったものを幾つかご紹介する。
iPhone6ケース香水風まず新搭載の容量性センサーは検知部のFPC単体は2ドル程度と推定されるが、貼付されている金属板、ディスプレイと接着するためのべゼル、メイン基板と接続するためのケーブルとコネクタ、タッチ目に見ていた方には、待ち望んでいた進化かもしれない。

 しかし、筆者はこのカメラスペックの大幅向上については、期待半分、不安半分で受け止めていた。
iPhone6ケースグッチというのもイメージセンサーのサイズがほとんど変わらないまま800万画素から1200万画素へ高解像度化されており、それに伴いセンサー1ピクセルあたりのサイズが1.5ミクロンから1.22ミクロンへと小さくなっているため、センサーひとつひとつが受ける光の量は面積のぶんだけ減っている。つまりダイナミックレンジの広さや、暗所撮影性能への悪影響を心配したのだ。
ルイヴィトンiPhone6ケースしかし、これは杞憂だった。

 まず従来のiPhoneシリーズで定評のあった自然なカラーバランスについては、6s Plusのカメラにも継承されていることが確認できた。
ヴィトン iphone6ケースさまざまなシチュエーションで撮影してみたが、記憶している色合いどおりに素直な色彩で描画されている。環境光が変わっても色が転ぶこともなく、ほとんど失敗写真は発生しなかった。
iphone6 ケース 激安

 また解像感についても、明るい光源の下では高い描写力を得られているという印象だ。拡大するまでもなく、15インチのパソコン画面(Retinaディスプレー、2880×1800ドット)で全画面表示しただけで、遠くの窓枠や、木々、看板の文字などがクッキリと描かれているのが分かる。
エルメスiPhone6s plusケース画像サイズが3264×2448ドットから4032×3024ドットへと大きくなったことにより、トリミングの自由度が高くなっているのもうれしいところだ。

 今回同じ被写体を撮影した写真では、ファイルサイズが6s Plusのほうが最大0.8MB大きくなっていたが、これだけの解像感を得られるのであれば十分許容範囲と言えよう。
ルイヴィトンiPhone6プラスカバー

 ノイズは夜景の撮影でもほとんど目立たなかっパネル制御ICなどを含めるとトータルコストは9ドル前後と推定される。

 DRAMは1Gバイトから2Gバイトへ容量アップしたことで約7ドルのコストアップ。
オークリー サングラスアウトカメラも800万画素から1200万画素になり、部品価格ー倍増の恩恵を実感するはずだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ftdrer
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ftdrer/index1_0.rdf