を開始した加速器「トリスタン」で日本は、

August 05 [Tue], 2014, 11:11
ありがとう、そして……さようなら名店「もつ鍋わたり」を忘れない
Number Web 8月5日(火)9時1分配信
「もつ鍋わたり」閉店の真相を追う
 開店当時から同店でアルバイトをしていた、中野渡氏とは中学からの同級生でもある池尻亜紀子さんは振り返る

 「開店当初は野球を無理に遠ざけようとしていたところもあって、お店に野球ファンのお客さんが来ても、中野渡は厨房から出てこないで黙々と仕事をしていましたけど、ここ数年は変わりましたね野球ファンのお客さんにも接客に出たり、『現役の頃は知る由もなかったけど、ああいうファンの人たちに俺たちは支えられてきたんだ現役が終わってもこうして店にまで来てくれるなんて有難いことだよ少しでも恩返ししないとな』なんて殊勝なセリフまで言うようになっていましたからね」

 店主の意識も徐々に変わり、すべてがうまく回っているように思えていた中、突然誰に告げることなく閉店してしまったのだ閉店直前まで、店は連日連夜予約で埋まる大盛況だったのである何事もなければ今年の10月20日には店主が楽しみにしていた“10周年”を盛大に迎えるはずだった

 なのに、中野渡進はまたしても表舞台から忽然と姿を消してしまった11年前の秋、スポーツ新聞に「嫌いなコーチに『家に火がついたら僕のせいですから現行犯で捕まえてください』と伝えました」という捨て台詞を残して野球界から消えたあの時と同じように

 ほとんどの人に知らせないまま行なわれたこの不可解な閉店劇を巡り、当然様々な憶測が流れることになる谷繁監督の後を追ってナゴヤドームに店を出すのでは……、駅前再開発で立ち退きを強制されたのでは……、4月に横浜でコンビニ強盗をして捕まった中野渡はやはりこっちか……、弟が6月に独立して気が抜けたのでは……、さらに界隈の飲食店では鍋のレシピを巡っての血で血を洗う抗争が繰り広げられている等々、噂が絶えない「もつ鍋わたり」関係者の証言を元に、その真相に迫りたい

国家プロジェクトは500億円を境に国際化
東洋経済オンライン 8月5日(火)8時0分配信
写真を拡大 写真を拡大
国家プロジェクトは500億円を境に国際化
欧州原子核研究機構CERNの巨大加速器は周長27kmにおよぶ(赤線の地下に設置されている、提供:CERN)
 巨大化した科学、なかでも科学者の興味から発展するボトムアップ型の基礎科学は、ほぼ例外なく国家プロジェクトから国際プロジェクトへと移行します今回は、どのあたりで国際プロジェクトへ移行するのか、また、国際プロジェクトの成果は、誰のものになるのかを見ていきます

【詳細画像または表】

■ 半世紀の間の巨大化と、最近のスマート化

 大型化を続けている代表的な装置に、ロケットや粒子加速器がありますどちらもこの半世紀の間、大型化、強度化が進んでいますが、最近ではロケットについては小型化をしてコストパフォーマンスよく使用する、加速器については医療など他の分野で利用する流れも見えてきました

日本におけるロケット開発は、1955年にわずか23cmの小さなペンシルロケットを打ち上げることから始まりました大重量を打ち上げることができる液体燃料ロケットでは2009年に初フライトをしたH-IIBロケットが運用されていますこちらは全長56.6m、重量531トンと非常に大きいロケットです日本はいま、H-IIBロケットの次にくる、次期基幹ロケットの議論を進めています一方で日本の固体ロケットは、コストパフォーマンスを重視したイプシロンロケットの開発に成功しましたイプシロンロケットは、1.2トンの衛星を打ち上げる能力を持ち、全長24.4m、重量91トンで、それ以前の個体ロケットM-Vと比較すると少し小ぶりですが打ち上げコストの半減に成功したスマートなロケットです 粒子を加速する加速器も大型化を続けていますヒッグス粒子を発見するに至ったLHC加速器の周長は27kmにも達します

日本では理化学研究所で1937年に近代的な加速器である、陽子サイクロトロンが作られました戦後の混乱を抜けて努力を続け、1976年に陽子シンクロトロンが現在の高エネルギー加速器研究機構に設置されますこれはいわば準備段階で、1983年に運転を開始した加速器「トリスタン」で日本は、「世界一の衝突エネルギーを達成」することになりました
金城龍彦「いやぁぁ、ショックでしたよ」
 「突然すぎるよね店を閉めるなんてまったく思っていなかったから……いやぁぁ、ショックでしたよ」

 7月、横浜スタジアム

 毎年、オープン戦と交流戦には必ずもつ鍋わたりを訪れていた、横浜ベイスターズの同級生、金城龍彦はそう言って唇を噛んだ
 開店当時から同店でアルバイトをしていた、中野渡氏とは中学からの同級生でもある池尻亜紀子さんは振り返るiPhone5 シャネル
 開店当時から同店でアルバイトをしていた、中野渡氏とは中学からの同級生でもある池尻亜紀子さんは振り返るipad2 ケース
 開店当時から同店でアルバイトをしていた、中野渡氏とは中学からの同級生でもある池尻亜紀子さんは振り返るシリコンケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fsrewf/index1_0.rdf