大室のみかこし

June 26 [Sun], 2016, 20:32
育毛するにあたって、自分に合った方法を見つけるのは大事なことですが、基本を抑えておくことも大事です。それにはまず、血行促進を意識するようにしてください。貧血だったり血液の流れが悪いと、全身の代謝が落ちてトータルでダメージがあるほか、育毛に必要な栄養が頭皮や毛根まで行き渡らず、老廃物がたまりがちになって、育毛の効果が得られにくくなります。血液がサラサラの状態を保つのは、とても大事なことなんです。できるだけスムーズに代謝が行われるよう、すみずみまで血行が良くなるような生活を心がけましょう。飲み過ぎや食べ過ぎを控えることはもちろんですが、喫煙者の方は吸わない時間を増やすようにしてください。適度な運動も効果的ですが、時間のない人でもストレッチやマッサージなら日常生活の中に取り入れやすいでしょう。「なんとなく」から血行を意識した生活にすることで、育毛効果が上がるので、できることからはじめてみてください。女性が美顔や美容目的で服用するといわれているコラーゲン製品。その保水性の高さからスキンケアや化粧品に利用されていることも多く、CM等で目にする機会も多いですね。でもコラーゲン製品には、頭皮をケアして、育毛にも効果を発揮するそうです。詳しい生理的作用はまだ解明されていないようですが、継続的な経口摂取により繊維芽細胞が刺激され活性・再生を促すことは明らかになっていて、長期的に抜け毛が減少し、成長期の髪が長く維持され、白髪や毛髪のツヤも改善されるようです。コラーゲンは肉類の骨や皮に多く含まれていますが、カロリーや脂質の問題もありますし、消化しにくい人もいるようです。充分な効果を得たいと思うならば食事より、サプリや飲料といった継続しやすい製品を選ぶとカロリーを気にせず、コラーゲン量を確保できるのでお薦めです。現在生えている毛髪を育てるのが、いわゆる育毛になります。そして、育毛剤は頭皮環境の改善や髪の毛が育つのに必要な成分を届けたり、フケ、かゆみを抑えたりといった抜け毛を防止したり、健康な髪を育てる効果があるのです。発毛とは多様な要因により少なくなってしまった髪の毛を増やすことを目的としています。毛母細胞の活動を促すことで髪の毛を生やそうというのが発毛剤なので、今は休眠期の毛根を成長期に変えるための成分を配合しています。育毛と発毛、この二つは、似ていますが、髪と頭皮への働き方が違ってきますので、それぞれ上手に使い分けてください。効果的な育毛の方法として、頭皮マッサージをしてみるのがよいでしょう。頭を指圧することで血行が良くなると、髪が求めていた養分が吸収されやすくなります。繊細な頭皮を傷つけないように、短く爪を切ってからゆっくりと、指の腹でマッサージしてみてください。やりすぎると逆に頭皮の状態が悪化してしまいますから、気をつけてください。薄くなりだした頭髪が気になっているのなら、お酒を飲むのはできるならやめたほうがいいです。お酒は人にとって有害なものであるため飲酒後には肝臓で違う物質に分解処理されるのですが、その代償として、髪に届くはずだった栄養が無くなってしまいます。元々は髪に使われる予定の栄養素がなくなると、髪の成長を妨げ、頭皮から離れてしまうのです。黒酢はからだにいいことで有名ですが育毛効果もあることをご存じでしたか。黒酢にはアミノ酸をはじめとして様々な栄養素がたくさん含んでいるため、血液の流れをよくしたり育毛に必要なたんぱく質の生成を助けます。加えて、発毛に関わる神経細胞を刺激してくれるでしょう。黒酢の味が得意でない方はサプリを利用すると良いでしょう。唐辛子に含まれている、カプサイシンという成分は知っていますか?カプサイシンは育毛効果が期待できるとされています。血行が良くなることで頭皮の状態が良くなることが考えられます。また、大豆食品にも多く含まれるイソフラボンと一緒に摂ることで、毛母細胞を元気にするための成分を増加させます。ただし、むやみな過剰摂取はかえってマイナスになりかねません。最初に思い浮かぶ薄毛対策は、分かっているとは思いますが改めて説明すると全てのタバコには健康に良くない成分が髪の毛の発育の妨げになります。直接的な原因ではないと思ってしまいがちです。しかし、人それぞれ体質が違いますから、コーヒーが育毛に良いという記事を目にする機会がありました。コーヒーというとカフェインの覚醒効果が広く認知されていますが、医学的にはカフェイン以外の物質による効能が以前から研究されています。いまのところコーヒーを飲むと育毛に良いという説は経験論に近いものかもしれません。あきらかに良いという人もいますし、育毛のために刺激物を避けるという点で忌避したほうが良いという人もいますし、カフェインが悪いという人もいます。どちらが本当だと思いますか。なるほど、コーヒーには血行を改善する効果があります。末梢血管まで血液が行き渡れば、表皮の代謝も活発になるので健康的な地肌の育成や育毛には良く作用するはずです。しかしコーヒーの有効成分であるカフェインは、毛母細胞や毛乳頭の働きを促進するアデノシンの体内合成を阻害するというのです。たしかにそれは事実です。アデノシンは体の中で分泌され、毛母細胞に直接作用して発毛を促進し、成長期間を伸ばすので育毛剤にも利用されています。実はこの物質、睡眠にも関与しており、朝からコツコツ生産され、就寝前にピークになります。ですから、就寝時間頃に充分なアデノシン量が確保できるよう、夜以外の時間帯に飲むと、マイナスの効果は考えなくて済みますね。個人差はありますが、夜、自然に眠くなる感じであれば、飲用時間は調整できると思います。肩こりの治療を思い出す方も低周波には少なくないですが、時には、育毛にも役立っているのです。頭皮の為に作られた低周波治療器を使うことで、血の巡りがよくなりますし、毛穴から体に不要になったものが出ていきやすくなるでしょう。必ずしも育毛効果が期待できるとは言えない低周波治療器も多いので、購入する時には熟考の上、選んだ方がいいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:直樹
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fsiicakmmerual/index1_0.rdf