栗田だけど清家

September 22 [Thu], 2016, 12:32
年収増加の目標のために転職されようとされている方も多数を占めていると思います。確かに、転職をすれば年収アップが見込める可能性はあります。ただ、給料がダウンしてしまう可能性も考えられることをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。年収のアップを成功させるためには、いかに落ち着いて高報酬の仕事を探せるかが大事な点となります。転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決まってから辞職するのが理想です。退職してからの方が時間的に自由ですし、すぐにでも働くことが可能ですが、すぐに転職先が決まらない場合もあります。無職の状態で、半年を超えてしまうと、就職する先が決まりづらくなりますから、転職先のことを考えずに今の仕事を辞職しないようにしましょう。転職の際に、次の仕事を慎重に選ぶためには、それだけ時間が掛かってしまうものです。仕事しながら次の就職先を探すとなると、転職のために費やせる時間は少なくなるでしょう。そこで、考えに入れてほしいのが転職サイトの利用です。転職サイトへ登録することにより、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも仕事探しを手伝ってくれるのです。職業を変えたいと思ったときにより有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。これまで築いてきた経験を使った転職を行おうと考えている人にも間違いなくお勧めしたい資格です。社会保険労務士という資格を得ていると、総務、人事関係の業種に就きやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係の仕事に就職しやすくなります。転職するときに求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が有利でしょう。また、建築や土木系では建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、該当の資格を取得していないと実際に働けないという仕事がたくさんあるため、狙い目となっているかもしれません。異業種に職を変えるのは困難であると考えている人が多いですが、実際にはどうなのでしょうか?結果から述べますと、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。しかしながら、確実に無理というわけではないですし、懸命に努力を重ねれば異なる業種に職を変えられることもあるものです。転職する理由は、書類選考や面接において大変重要です。相手が納得する理由でない場合評価が下がります。しかし、転職にいたった理由を聞かれても上手く答えられないという方も多いはずだと思います。多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、苦労するのが、この転職理由です。どのような転職理由がいいかというと、まず、実際に転職しようと思ったきっかけを振り返ってください。そのままストレートに言うわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。そして、それがネガティブに受け取られないように言葉の使い方を変更してください。なぜ転職するのかの説明ばかりだと言い訳がましい印象を持たれてしまうので、手短に説明しましょう。不動産業界に転職しようと考えているのであれば、最初に、宅建主任者資格を取得するようにしましょう。宅建主任者資格保持者でないと、合格通知がでない企業もないとはいえません。その仕事内容によってどんな資格が必要なのか異なりますので、転職前に、次の仕事内容にあった資格を取得を終えておくのも利口な方法でしょう。一般論として、転職に、有利だと思われている資格に中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士の資格を取得することで、経営知識が豊富であることを証明できるため、自らを会社にとって貴重な戦力だと認識させることが可能です。法律をよく知る行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、転職の大きな味方となるでしょう。面接する際の身だしなみには注意すべきことを忘れずにいましょう。清潔感のある装いで面接に挑むことが重要な点です。緊張であがってしまうとは思いますが、粘り強くシミュレーションしておき、面接の準備をしておいてください。面接で質問される内容はおおむね決まってますから、先に答えを用意しておくことが大切です。転職をしたいと考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談をなさる方がほとんどだと思います。家庭がおありの方なら、ご家族に相談をしないで職を変わってしまうのは避ける方がいいですよね。家族に相談せずに転職をしてしまったら、これが原因で離婚し、家庭崩壊に至る可能性なんかも出てきます。人材紹介会社を使って納得のいく転職が出来た人も多いと言われます。自分だけで転職活動を行うのは、へこむことも多いものです。転職先がなかなか決まらないと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。人材紹介のサービスを提供する会社を利用すれば、自分の求めるタイプの企業を紹介してくれたり、プロならではのアドバイスをもらえるでしょう。労働時間の長さが原因で辞めた時は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい職場で成長したい」という表現にすれば悪い印象は受けないでしょう。言いかえることでネガティブな転職理由も、プラスのイメージになります。履歴書を書くときに注意しなければならないのは、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。余裕のない気持ちで転職活動をすると、冷静な判断ができずに、つい年収の事よりもすぐに働ける仕事を選択しがちです。その結果、今までの職より収入が減ってしまう事があります。これだと、一体何のために転職したのか、わからなくなってしまうかもしれません。年収アップにこだわるのであれば、腰をすえて仕事を探さないといけません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fshgrt7i6lkawo/index1_0.rdf